薩摩なた豆元気茶が面白いですね

December 21 [Sat], 2013, 15:39
薩摩なた豆元気茶とかもあり、口臭にはいいですよね。普段から口のにおいが気になっている人は、口の臭いを防ぐ時に摂るといい栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)を、できる限り食卓に取り入れるようにするといいかもしれません。近年、生活習慣病(脂質畭常症、肥満、高血圧、糖尿病、心臓病、脳血管疾患、動脈硬化、歯周病、骨粗鬆症など、たくさんの病気があります)と口臭との関係も指摘されていますので、生活習慣(主に、食生活や運動量、睡眠時間、喫煙や飲酒などの習慣を指します)と食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)を見直す事が大切です。クロロフィルは、植物や藻類に含まれる緑色色素で、消臭・殺菌効果があります。口臭の元となる細菌の増殖を抑える他、血液の循環を促進して皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)や肺から排出されるニオイ成分を消臭する効果も期待出来ます。クロロフィルを豊富に含んだ食品としては、緑茶、青汁、明日葉、ニラ、ほうれん草、ピーマンなどが代表的です。次に、昆布に含まれているアルギン酸には、唾液の分泌量を増やす効果があるでしょう。おしゃぶり昆布(名前の由来はアイヌ語だといわれており、北海道産のものが特に知られています)などを口の中に入れておくと、余計に唾液が分泌されて口の中の細菌を洗い流してくれますので、口臭の防止に有効でしょう。ハーブ(香りや風味付け以外にも、不調を改善するなどの効果があるものも少なくありません)も細菌を殺菌する作用や、皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)や肺から排出される臭い成分を消臭してくれる効果がありますので、お料理に使用したり、ハーブ(時には、深刻な副作用が起きることもありますから、注意書きをよく読んだり、医師に相談するといいでしょう)ティーを飲むのもいいですね。緑茶に含まれるポリフェノールのカテキン(フラボノイドの一種で緑茶に含まれていることで有名です)にも、殺菌作用や腸の中の善玉菌を育てる働きを持っていて、口の臭い予防に効果が期待できます。梅やレモンに含まれているクエン酸も、殺菌・除菌効果に優れていますから、口のにおいの原因の菌を殺菌し、口臭を予防する働きがあります。その他、腸内の環境を整えてくれる乳製品や、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖、虫歯や生活習慣病、腸疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)の予防や改善に役立つ食物繊維(ダイエットはもちろん、生活習慣病や疾患の予防のためにも摂取したいものです)も積極的に取るようにするといいでしょう。