黄熊が舟橋

July 09 [Sat], 2016, 18:48
ナースの国家試験に合格することよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年が決まってしまうようです。厳しい学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、できることなら、ナースの仕事をしてもらいたいですね。全国でのナース年収は平均して437万円くらいです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いているナースは、公務員勤務のため、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員ナースは給料の上昇する率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しているのです。準ナースの場合であると、ナースに比べて、平均年収が70万円程度低くなります。ナースの夜勤は、16時間などの長い時間の勤務で、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。国の指針により月に8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。病院におけるナースの勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、ナースが長続きしない理由の一部かもしれません。高校進学時点で衛生看護科に進むと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、一番早く、ナースの資格を得ることができるでしょう。ただし、途中でナース以外の職業に就きたくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いので試験勉強や実習が不足して合格が困難という側面もあります。ナースの勤めているところといえば、病院と想像するのが普通でしょう。しかし、ナースの資格を使える職場は、病院以外にもいっぱいあります。保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのもナースの職務です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大概の医療行為をナースが行います。ナースだと、求人はたくさんありますが、希望通りの条件の求人があるとは限らないものです。ナースの資格を持つ人で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと大抵の方が思っているでしょう。理想的な転職先で働くためには、情報収集が重要です。ナースになるための国家試験は、年に1度開催されます。ナースの人数の不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年におけるナース資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を持ち続けています。ナースの国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格できる国家試験です。産業ナースとは、企業に勤務するナースです。ナースといわれると病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室が置かれている企業もあり、そこで仕事をしている人もいます。仕事の内容や役目は勤務先ごとに違いますが、社員達の健康を維持し、管理することは必ずすることだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Koudai
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gc0ahts3cd0swt/index1_0.rdf