プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gbyhehiopvlmra
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
SAPジャパン、デモを重視したBPM部隊養成プログラム開始 / 2010年07月21日(水)
 SAPジャパンは7月20日、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)の深い知識を持つ人材を育成し、BPM導入体制を強化するための施策として、パートナー企業の技術者を対象とした「SAP BPM スペシャリスト育成プログラム」を開始したと発表した。


 SAPでは、昨今BPMへの対応を強化。同社のSAP ERPとの連携を深め、ERPとBPMを組み合わせたビジネスプラットフォームの構築に力を入れている。SAPジャパン ビジネスユーザー&プラットフォーム事業本部 プラットフォーム営業部 部長 神沢正氏は、「現在のITは業務全体の2割程度しかカバーしていないと言われている。当社では、従来より4万3000社の実績から導き出したテンプレートや、2800種類におよぶエンタープライズサービスなどを用意することで、業務の効率化をサポートしてきた。さらに、最近ではBPMに関する問い合わせも増えてきている。一方で、業務全体を視野に入れたBPMは幅広い業務知識が必要になるため、教育が非常に重要になる。その観点から、今回のスペシャリスト育成プログラムの提供に至った」とサービス提供背景を説明した。
 このように、BPM案件が急増していることに加え、昨今では「動くものを見せてほしい」という要望が増加。さらに、BPMの場合にはERPだけでなく、スクラッチアプリケーションやサードパーティ製品、iPhone/iPadなどのデバイス知識など、多岐にわたる製品知識が必要となった。「このように非常に多岐にわたる知識が必要となり、システムインテグレーション提案に近い要素が求められるようになった」(神沢氏)。
 SAP BPM スペシャリスト育成プログラムでは、「無償プログラム」「定期的なワークショップ」「SAPオフィス常駐による初期段階からの案件参加」「デモやプロトタイプの設計・開発」などが提供される。参加企業は、アクセンチュアやアビームコンサルティング、オージス総研、クラスメソッドなど8社。期間は2010年年末まで。
 神沢氏は、「特にSAPオフィスに常駐し、初期段階から案件に参加してもらう点が大きい。SAPの実案件のプリセールス活動にSAP社員と共同参加することが、大きな経験になるはず。トレーニングはもちろんのこと、ワークショップでフィードバックや事例案内も実施し、積極的にサポートする。今回、当プログラムに参加するクラスメソッドのようなRIAに強い企業によるAIRを使ったデモなどは、大いに武器になるはずだ」と今回のプログラムの趣旨を説明した。 7月20日20時51分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000001-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 04:46/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!