般の人から皇太子までランニング好き

March 27 [Fri], 2015, 12:06
このように多くの大会が開催されることも、まさに日本人のランニングへの傾倒ぶりを表している。日本国内で開催されるマラソン大会以外に、海外のマラソン大会に参加する人も少なくない。たとえば、上海マラソンやハワイのホノルルマラソンでは、外国籍参加者の中では日本人の数が最も多い。

毎日、皇居の外周を走るランニング愛好者は4、5千人を超えているほか、東京マラソン大会を見たり、応援したりする人々は116万人以上にも達している。

一般の人だけでなく、皇太子もランニング愛好者だ。55歳の皇太子は毎月100キロ以上を走り、フルマラソンを4時間30分以内で走る実力があると報道されたことがある。

日本人が走ることが好きな要因について、シンガポール華字紙「聯合早報」の日本人評論家?橋本隆則氏は、「あきらめずに目標に向けて走り続ける精神は、我々の精神だ」として、「耐えて、耐えて、耐えて、がんばって、がんばってさらにがんばる。これが長距離走競技の特徴であり、まさに日本人の特徴でもある」と語った

兪正声全国政協主席(中共中央政治局常務委員)は23日、谷垣禎一?自民党幹事長、井上義久?公明党幹事長率いる日本の与党訪中団と会談した。兪氏は「双方の共同の努力を経て、中日関係は回復、改善しつつある。この時期の訪中には重要な意義がある。日本側が中国側と共に努力し、両国政府間の4つの原則的共通認識にしっかりと従い、中日関係の政治的基礎を固めることを希望する。与党交流は中日関係の改善?発展に重要な役割を発揮してきた。中国共産党は日本の両与党との友好関係を重視しており、ハイレベル交流と制度化された交流を継続し、戦略的互恵関係の基礎を固めることを望んでいる」と表明した。

 谷垣、井上両氏は「昨年の両国最高指導者の会談は両国関係改善の基礎を固めた。日本側は今回の訪問を通じて両国与党間の制度化された交流を回復し、発展させ、日中関係の前向きな発展を促すことを希望する」と表明した

紅蜘蛛壮陽丹
RU486

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/gbvfcdmmnn/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧
読者になる