役立つか分からない微妙な知識

March 29 [Thu], 2012, 22:49
入院手術が初めてだから楽しみ健康人にとって憧れのイベントとか言っちゃう生涯独身を謳うウチの変態的同僚ゲーム仲間、その病院がどんな病棟か見てみたいから見舞いに行こうとか言ってくれる注射器で血管に刺すのが大好きなウチの変態看護士の奥さん。
どうして俺の周りは真性の変態さんばかり集まるんでしょうね今日は役立つかどうか微妙な知識を3つ紹介しようと思う。
1つ目は気に入った靴や鞄、ベルトなど、いわゆる小物アイテムが破損してしまった時の対処法。
意外と知られていないんだけど、購入した店で補修に出すことができる。
過去に2回、靴とベルトで出したことあって、靴はジッパー部分がパキッて割れて、正直これはモが粗悪品だったんだけど、レシートなしでも、普通に無償対応してくれた。
ベルトの方はピン部分が折れちゃって、半年以上は使ってた物だったので、料金かかるかなと思ったら、こちらもレシートなしで、無償対応だった。
ちなみにどちらも異なる店での話。
対応は店によって違うだろうが、お直しの店のマジックミシンとかに出すよりは、一度購入した店に出してみることを俺はおすすめする。
金がかからない可能性も含め、まったく元通りにしてくれるので。
2つ目は携帯で最近SIMカードの大きさが異なるものが登場したことで、そのままSIMカードを入れ替えて使うというのが出来ない時の対処法。
ここ半年で機種変更した人ならば、SIMカードの大きさが変わるので、前の携帯が使えなくなる旨の説明を受けた人も居るはず。
その時はおそらく無料で交換してくれるはずなので問題ないんだが、例えば友達から安く携帯、もしくはスマートホンを譲ってもらった時など、物理的にSIMカードの大きさが違うために自分で入れ替えることができないので、それならSIMカードを自分で加工切断してmicroSIMカードにしてしまおうというもの。
これはdocomo、au、ソフトバンク、いずれの場合も使える。
が、docomoに関しては年1回は無料で交換できるはずなので無理にトライする必要はない。
もし、やるのなら事前にmicroSIMカードを1つ用意するとやり易いと思う。
↑赤い方がmicroSIMカード、緑の方が通常のSIMカードをハサミで切ってmicroSIMカードと同じ大きさにしたものちなみにこの写真は、俺が親に携帯を売り払った時に、実際に親の携帯のSIMカードを自分で切った時のもので、動作もちゃんと確認済。
ここからもう少し切ったりして微調整してる、大事なのは読み込み部分を一緒にする事なので例えば、auはSIMカードを発行すると手数料で2100円かかるので、microSIMのiPhone4Sを譲ってもらった時とかに、自分で加工すれば、一応2100円カットできる。
ただSIMカードの加工切断は一発勝負なので慎重にで、最後の3つ目は一般の人にはまったく役に立たないことなんだが、液晶テレビをパソコンのディスプレイ代わりに使うのがデスクトップPC好きの中で密かなブームになりつつあること世の中には37インチ、42インチとかの大画面でパソコンゲーム、主にFPSで大迫力のドンパチをやらかしてるゲーマー連中が居るわけで、俺もこの春、ネットゲーマーになるべく、メインPCを新調する計画をだな⊃奥さんには大きすぎると大反対喰らってんだけど、それもそのはずで、PCディスプレイとして使うということは、1mに満たない近距離でやるわけだから、あまり画面が大きいと首が疲れるというね、場所を取る以外にもいろいろ不安要素を抱えているので、俺もなかなか踏ん切りがつかないでいるんだ今の一番候補がコレ、日立ラブ 木下直太のL32V0932インチディスプレイとして解像度1920x1080のフルハイビジョンで使えてIPS液晶、値段もここにきて一気に下がって38000円以下。
3Dの機能に関しては期待はしてないけど、まぁネタにはなるかな程度で。
最近の液晶テレビの値下がりっぷりはホントすげーわ。
4年前に42インチを保証込み18万くらいで買ったのがアホらしく思えてくるぜ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gbtevzg7f2
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gbtevzg7f2/index1_0.rdf