行が企業に販売している為替デリバティブのほとんどが「ゼロコストオプション」

December 17 [Mon], 2012, 14:17
弁護士による為替デリバティブ問題の解決方法

この損失により池袋のビルも売るハメになった。みずほ銀行を中心として、大手銀行が売りまくった為替デリバティブ商品が、多くの中小企業を苦境に追いやっている。例えば、3年契約で毎月10万ドルを買う契約でレシオ2倍にした場合、銀行は1ドル当たり2円の3倍の6円のオプション料(注)と、為替相場鞘1ドル当たり1円の合計7円が、10万ドルx36カ月の360万ドルに対してかかる計算です。また、投機目的でデリバティブ取引をする人もいます。当初考えているところより、より深い所に、本当の問題があったりします。為替相場や金利などの変動リスクを回避するために、企業と金融機関が結ぶ契約形態のひとつとされ、契約時に設定されたレートで外貨を買う権利を購入する一方、取引銀行に同じレートで外貨を売る権利を売却するというものです。 すると1週間後に、またその営業マンがやって来て、「なんとか付き合って欲しい」と言って、しつこく勧誘してきた。原資産自体の売買とデリバティブ取引とは全く性質が違う別のものです。


 その数は、金融庁の聞き取り調査だけでも定められた価格よりも円安の場合には、会社は利益を得ることができますが、円高の場合には、無制限の損失を受けるおそれがあり、しかも、大半の会社は銀行から十分な説明を受けないまま00びます。先物取引、オプション取引の事です。問題解決の方法として、金融ADR利用が主流となっています。護士にも様々な専門分野がございますが、その中でも当事務所では、為替デリバティブ被害回復・仕組み債被害回復案件を含む経済案件を専門としており、同案件の取り扱いが非常に多く、十分な情報量と経験を基にノウハウを構築しております。経営者たちがここに気付けなかったのには、銀行に対する信頼や安心感がベースにあると思います。数千万円、場合によっては数億円が発生することから、会社によっては、 そして、現在の円高状況の下で、会社は、莫大な資金の流出によって倒産の危機にさえ陥っているのです。現在、為替デリバティブ(通貨オプション)問題の解決に向けて、全国各地で専門の弁ところ、銀行が企業に販売している為替デリバティブのほとんどが「ゼロコストオプション」という取引です。 日米の国際収支などから円高ドル安の長期トレンドがあるのに、の正体、被害が金融機関ではなく企業に一方的に発生する理由、すく、長期的には企業に多大なリスクを負わせる商品設計にして、理解力に欠約違約金の算出方法などの充分な説明もなく、中小企業が銀行の勧め応じて分からないままに契ける中小企業に販売したと考えられます。


二つめには、原則として、中途解約ができず、解約できたとしてもその際に多額の違約金が発生するという点です。金融庁の政策は、社会的弱者救済の道義的な面だけでなく、中小企業層が空白化してさらなる不況を防止するという意味を持っています。しかし、経営者が途中で為替デリバティブ取引をやめたくても、解約の際には、契約内容や為替レートにもよりますが、おおよそ数千万〜数億円もの違約金が必要になります。しかし多くの中小企業には金融取引の知識などありません。この取引では、1ドル=90円まで円高が進行した場合、企業は自社が買った権利を放棄しますが、自社が売った権利を銀行が行使するため、企業は1ドル=100円で10万ドル購入する義務を負います。現在、為替デリバティブ(通貨オプション)問題の解決に向けて、全国各地で専門の弁ところ、銀行が企業に販売している為替デリバティブのほとんどが「ゼロコストオプション」という取引です。例えば、解約するにあたって、7000万円合は、全国銀行協会(全銀協)のあっせん手続(いわゆる金融ADR)を利用することによって過去の為替差損や解約違約金の一部または全部を銀行側に負担してもらえる可能性があります。その他、金融機関によっては、時価情報など販売後のフォローアップも併せて行っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gbnzmifbmf
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gbnzmifbmf/index1_0.rdf