の記事も用意してお待ちしております。 と、虹彩認証はケースによっ

December 06 [Sun], 2015, 11:06
 富士通はケータイの頃から生体認証(当時は指紋認証)を搭載していた。ようやく2015年になってXperiaシリーズやNexusシリーズも指紋認証に対応するようになった。
シリコンiPhoneケースAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)からはOS標準で指紋認証をサポートするため、今後さらに多くの機種が対応してくるはずだ。富士通は先見の明があったといえるだろう。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー

 しかしながら指紋認証は、搭載する場所やセンサーの仕組みなどで使用感が変わってくる。例えばiPhoneやサムソンGalaxyはホームボタンに、ソニーXperiaは電源ボタンにセンサーを内蔵している。
オークリー アウトレットまたグーグルNexusやLG電子の製品などではボタンにセンサーを内蔵するのではなく、本体背面にセンサーを配置している。また、これらの機種では指紋センサーに触るだけで画面ロックが解除される仕組みが搭載され、自然な動作の中でスムーズに画面ロック解除できるようになっている。
シリコンiPhoneケース

 シャープのAQUOS ZETA SH-01Hは、Nexusと同様に背面に指紋センサーを搭載している。ただし画面のロックを解除するためには、一度電源ボタンを押し、画面を点灯させた後、センサー上をなぞらなくてはならず、使い勝手はいまいちだった。
iphone6ケース

 一方、富士通のarrows NX F-02Hには、指紋認証ではなく、目で認証する「虹彩認証」に対応している。虹彩認証は、手が塞がっていたり、手袋をしていても、画面を見ることさえできれば認証できるという点がメリット。
iPhone6ケースグッチ指紋認証の場合、「寝ている間に、ほかの人が自分の指を動かしてロックを解除してしまう」というようなことがあるようだが、そういった心配もない。

 その半面、使ってみる得するところで落ち着き、ソフトバンクの契約月内で無事にMNPできた。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー幸いなことに、ホワイトBBにはいわゆる「縛り」がなく、解約しても違約金はかからなかった。

 現在は、IIJmioでの利用が3カ月目となり、基本のデータ量が3GB/月の「ミニマムスタートプラン」の使い勝手にも慣れてきた。
iPhone6ケースWi-Fiの積極的な利用、データ残量をこまめに確認し、クーポンスイッチで高速通信モードと低速通信モードを切り替えることで、3GB内に収まるように利用できている。最初の月は約500MB、2カ月目は約800MBの残量を持ち越せた。
グッチ iPhone ケース

 通話は、ソフトバンク同士では夜間の決まった時間以外は無料、家族間での通話はいつでも無料といったサービスは無くなった。通話料金は20円(税別)/30秒なのはソフトバンクと同じだが、専用アプリ「みおふぉんダイアル」で発信すると、10円(税別)/30秒と、使い方によってはかえってお得になる。
オークリーゴルフみおふぉんダイアルは電話回線を使っているためIP電話と違って安心感もある。また相手先には、自分の番号が通常の発信と変わりなく表示されるので、着信時の表示確認や履歴からの発信で、相手には負担をかけずに済む点も利用しやすい。
iPhone6ケースグッチ

 通話にはあまり利用しないのは以前と変わりないが、みおふぉんダイアルがお得という気持ちのせいか、これまでよりも発信する機会が増えたような気もする。

 今は新しく購入したSIMフリー版のiPhone 6sにIIJmioのSIMを差し替えて利用しており、SIMフリー端末の自由さを実感している。
オークリー アウトレット

 加えて格安SIMを利用することで、通信契約で身動きが取れない状態から自由になれた気がする。自由と引き換えに、責任が伴う点 最後にカメラ機能について比べてみた。
iPhone6ケースグッチ

 まずは画素数だが、AQUOS ZETA SH-01Hが約1310万画素裏面照射型CMOS(リア)および約800万画素裏面照射型CMOS(フロント)。arrows NX F-02Hが約2150万画素裏面照射型CMOS(リア)および約210万画素裏面照射型CMOS(フロント)となっている。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー

 リアカメラで撮影した画像を比べてみると、AQUOS ZETA SH-01Hのほうがより見たままの色合いに近い。arrows NX F-02Hは圧縮率が高いのか、文字などがシャギーになっていた。
オークリー アウトレット

 より撮影状況が厳しい暗所においてもAQUOS ZETA SH-01Hに軍配が上がる。また、フロントカメラについても、arrows NX F-02Hよりも綺麗に撮影できるという結果だ。
iPhone6ケースヴィトン風

おすすめはどちら?
 今回比較したAQUOS ZETA SH-01Hとarrows NX F-02Hは同じドコモのハイスペックスマホだが、かなり製品の特徴が違うと感じた。そういったなかでも使用感などを踏まえて筆者が選ぶとすれば、富士通のarrows NX F-02Hだろう。
グッチiPhone 6 ケース

 ナノテクファイバーとハードアルマイト加工のアルミ素材による外装の高い質感やMIL準拠のタフネス仕様は、長く使うつもりであれば重要な要素。なおかつ、夏モデルのARROWS NX F-04Gで問題のあった発熱による動作の不安定性も改善されている。
iphone6ケース

 虹彩認証という新しい技術と富士通の多彩なプライバシー保護機能は、画面ロックの解除には向いていないとは思うものの、パスワード入力代わりになるという点は非常に有用だった。また、大画面かつ高精細な5.4インチWQHDディスプレイなどまさにハイスペックモデルならではといえる。
シャネルiphone6 ケース

 カメラ機能を重視するならAQUOS ZETA SH-01Hも選択肢としてあるが、これはあくまで2機種での比較。arrows NX F-02Hも悪いわけではなく、さらにカメラ機能で選ぶならソニーXperiaシリーズなど他の製品も考慮にいれる必要があるだろう。
アイフォン6エルメスただ、それらの機種と比べてもタフネス仕様で安心して使えることから、arrows NX F-02Hをやはりおすすめしたい。

(文/memn0ck)もかえって気持ちがよい。
iPhone 5 ケースコピープランの変更も、無理がありそうなら、手数料不要でできて自由。 締め日が月末最終日に統一されているところも分かりやすい。
iPhone6ケース香水風さまざまな選択肢から、ユーザーの好みで選べる現状が、今後も続くことが望ましいのだ。 格安スマホ・格安SIM選びに役立つサイト、あります  専門サイト「格安スマホとSIMのすべて」では、いま話題の格安スマホ・格安SIMについて、最新情報や得する選び方、おすすめプランをお届けしていきます。
iPhone6カバー 予約料金・プランを簡単に探せる検索ツールや、初心者向けの記事も用意してお待ちしております。 と、虹彩認証はケースによって認証に時間がかかるというデメリットもあった。
iPhone6ケース シャネル風例えば、指紋認証は画面を見なくてもロックが解除できるから、ポケットやかばんから端末を取り出している間にロックを解除することが可能だ。しかしarrows NX F-02Hの虹彩認証では、端末を取り出した後、いったん画面に向き合わなければならない。
iPhone6ケース シャネル風これが想像以上に手間がかかる上、タイミングも遅くなってしまうため、ストレスに感じることもあった。

 ただし虹彩認証は、すでに画面を見ている状態での認証には向いている。
iPhone6ケースグッチ富士通は、これまでに積極的に生体認証を採用し、そのノウハウを培ってきた。パスワードを入力するときに使える「パスワードマネージャー」や、特定の写真や電話帳などにロックをかけられる「プライバシーモード」などは、その最たる例だ。
iPhone6ケースarrows NX F-02Hの虹彩認証にはこれらの機能が備わっているため、画面のロック解除以外の用途では有効活用できる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gbhfgj
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gbhfgj/index1_0.rdf