計画の一環で、熊本大

July 30 [Wed], 2014, 12:59
脳卒中の救急対応に遠隔システム活用−熊本県の6医療機関で、今月から
医療介護CBニュース 7月29日(火)17時43分配信
 脳卒中患者の救急医療体制を強化するため、熊本県内の6医療機関が、脳卒中患者の画像情報を共有できる遠隔医療診断支援システム「XMIX(エクスミクス)」を導入し、今月18日から運用を開始したこのシステムの活用により、専門医が不在でも、遠隔地にいる専門医から助言を得ながら治療ができるという早期の治療開始で後遺症の軽減や救命率の向上が期待される【坂本朝子】

 この取り組みは、県の地域医療再生計画の一環で、熊本大医学部附属病院と阿蘇中央病院(来月6日から阿蘇医療センター)が2012年に試用を開始していた遠隔医療診断支援システムのモデル事業を発展させたもの今回、さらに熊本医療センター、熊本再春荘病院、水俣市立総合医療センター、山鹿中央病院を合わせ、6医療機関で運用することになった

 同システムは、iPhoneやiPadなどのiOS端末とネットワーク上にある専用のサーバーシステムで構成され、Apple社のFaceTime(ビデオ通話)と専用に開発した放射線画像情報ビューアで情報共有を行う仕組み各医療機関で利用している既存の医療情報システムを改修せずに導入できるのが特徴だ

 また、これまでの遠隔医療システムではシステム全体で約1000万-5000万円の導入費用がかかっていたのに対し、同システムは約100万-300万円と、専門医が不在の中小医療機関でも導入しやすい価格に抑えられている

 県の担当者は、「まずは今のシステムを6医療機関で運用し、検証を進め、結果を見ながら、ほかの医療機関への展開も考えていきたい」と話している
脳卒中の救急対応に遠隔システム活用−熊本県の6医療機関で、今月から
医療介護CBニュース 7月29日(火)17時43分配信
 脳卒中患者の救急医療体制を強化するため、熊本県内の6医療機関が、脳卒中患者の画像情報を共有できる遠隔医療診断支援システム「XMIX(エクスミクス)」を導入し、今月18日から運用を開始したこのシステムの活用により、専門医が不在でも、遠隔地にいる専門医から助言を得ながら治療ができるという早期の治療開始で後遺症の軽減や救命率の向上が期待される【坂本朝子】

 この取り組みは、県の地域医療再生計画の一環で、熊本大医学部附属病院と阿蘇中央病院(来月6日から阿蘇医療センター)が2012年に試用を開始していた遠隔医療診断支援システムのモデル事業を発展させたもの今回、さらに熊本医療センター、熊本再春荘病院、水俣市立総合医療センター、山鹿中央病院を合わせ、6医療機関で運用することになった

 同システムは、iPhoneやiPadなどのiOS端末とネットワーク上にある専用のサーバーシステムで構成され、Apple社のFaceTime(ビデオ通話)と専用に開発した放射線画像情報ビューアで情報共有を行う仕組み各医療機関で利用している既存の医療情報システムを改修せずに導入できるのが特徴だ

 また、これまでの遠隔医療システムではシステム全体で約1000万-5000万円の導入費用がかかっていたのに対し、同システムは約100万-300万円と、専門医が不在の中小医療機関でも導入しやすい価格に抑えられている

 県の担当者は、「まずは今のシステムを6医療機関で運用し、検証を進め、結果を見ながら、ほかの医療機関への展開も考えていきたい」と話している【坂本朝子】

 この取り組みは、県の地域医療再生計画の一環で、熊本大医学部附属病院と阿蘇中央病院(来月6日から阿蘇医療センター)が2012年に試用を開始していた遠隔医療診断支援システムのモデル事業を発展させたものシリコンケース【坂本朝子】

 この取り組みは、県の地域医療再生計画の一環で、熊本大医学部附属病院と阿蘇中央病院(来月6日から阿蘇医療センター)が2012年に試用を開始していた遠隔医療診断支援システムのモデル事業を発展させたもの携帯ケース コピー【坂本朝子】

 この取り組みは、県の地域医療再生計画の一環で、熊本大医学部附属病院と阿蘇中央病院(来月6日から阿蘇医療センター)が2012年に試用を開始していた遠隔医療診断支援システムのモデル事業を発展させたものiphone ケース ブランド
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gbfdgrdtg/index1_0.rdf