ペーパーマリオRPG/GAME CUBE 

2007年03月29日(木) 0時01分
や、やっと終わった〜〜……。スーパーマリオRPGの続編で紙のようにペラペラのキャラクターたちが大冒険!つー任天堂お得意作品。しかし内容はありきたりでも、キャラクターや背景を紙のようにペラペラにし、なおかつゲームが進むにつれて覚える必殺ワザも紙ヒコーキになったりロール状になったりとその特徴をフルに活かした画期的な絵柄の作品。時々見えるヒキのカメラアングルは(ゴンババ城の外階段のシーンなど)もう「やられた」感が否めません。それくらい絵的にはスバラシイ!ですが内容はGCのゼルダのように少し操作性が悪い部分が多かったり、いちいち戦闘画面でコマンド入力が必要だったりする面倒臭さとか、謎解きも同じところを行ったり来たりさせる間の悪さがね、なんだかもったいない。それが楽しめる人ならいいんだけど。もう少しスピーディに話がすすめられるとよかったなと。ピーチ姫の部分とか正直ダルかったし。
でもこうゆう世界観が好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。ね。

16ブロック 

2007年03月28日(水) 23時49分
話がわかりやすくて臨場感がある。見てて一番楽しくてラクなわかりやすい映画。こうゆうの大好き。
ハデな爆発がなくたって、ブルースウィリス演じるのしょぼしょぼの枯れたおっさん刑事ともう一人の囚人(名前失念)のキャラ立ちがハッキリしてるから簡単な作品でもスリルがあっておもしろくみられます。映画版のエンディングは私的にはとても好きな終わり方ですね。ブルースの表情と間が絶妙でおもわず涙がでたですよ。何度も言ってるけど映画は娯楽だから気楽に見られるのが一番!おすすめです。
【物語】ニューヨーク市警の刑事ジャック(ブルース)に課せられた任務は、16ブロック(区画)先の裁判所に証人を送り届けるだけのごく簡単なもの。だが、護送中、何者かに襲撃されてしまう。その証人が警察内部の不正を目撃していたのだ。法廷での証言開始まで残された時間は118分。不運にも警察を敵に回し、ジャックの人生で最も険しく、長い、わずか16ブロック先への<護送>が始まった…。(amazon.jpより)

SIMPLE2000シリーズ/THE 地球防衛軍2 

2007年01月07日(日) 1時15分
ふうさんと二人でハマっております。これは楽しい!早い話が戦車やマシンガンや稲妻を使える銃など豊富な武器を使って巨大アリやら巨大クモやら巨大ムカデやら宇宙船やらロボットなどを、時にはふっ飛ばし、時にはゴルゴのようにスナイパってバッタバッタとなぎ倒し地球を守ってやるぜ!というシンプル極まりないゲーム。手榴弾やロケットランチャーで敵がすっ飛ぶ有り様は爽快感でエクスタシーすら感じますよ(笑)激おすすめです。

パイレーツオブカリビアン/デッドマンズチェスト 

2007年01月07日(日) 1時04分
ひさしぶりに映画だなぁーって感じた映画。普通に楽しめてウケねらいもかけひきも盛り上げ方も詰め込みすぎな印象はあるもののどきどきしてみれて面白かった。最後は「えぇえぇぇ??」となるもののヒマひまつぶしには最高なんではないでしょうか。映画なんてそんなスタンスで観るくらいが一番いいのですよ。

さらば青春の光 

2006年11月06日(月) 0時07分
モッズが大好きな男の子から一緒に観よう!と誘われたんですが正直本当に期待してませんでした(笑)でも邦題の「さらば青春の光」というタイトルがとてもよくわかる作品でした。主人公ジミーの焦燥感や喪失感、なにをやっても裏目に出てしまういらだち。そして自分の中で最高に憧れてる人物の普段の姿を見た時の失望。その情景をとても上手にまとめてあり、本当に「大人の階段のぼる」というそのものを見せつけられます。もうある程度年をとってしまった自分にとってはなんだか青臭さが羨ましくそして懐かしいような、そんな気持ちにさせてくれる作品です。
それからエンディングのスタッフロールが流れるタイミングが絶妙(笑)

THE PRODUCERS 

2006年11月05日(日) 23時44分
ミュージカルってあんな不自然に歌が入ったりしてどうなんかと思ってたんですが映画用になってたせいもあり本当にテンポよく見られました。歌が入ったり踊りが入ったりしても不自然じゃなく、むしろその人の精神世界を覗けるような気がしておもしろかった。このままいったらミュージカルも見てみたくなるかも。『ブロードウェイのプロデューサー、マックスの事務所に、会計士レオが帳簿を調べにやって来た。やがてレオがふと漏らした「どんなに高額の製作費をかけて舞台を作っても、赤字なら帳消しにできる」というアイディアに閃いたマックスは、最低の脚本&演出&役者をそろえ、わざと打ち切られるミュージカルを製作。出資金を丸ごとゲットしようと…。』(作品解説より)
普通になにも難しいこと抜きで楽しめる作品。

mother3 

2006年06月22日(木) 7時11分
もう決してでることはないだろうと思っていたmotherの続編。64で出るとか、ゲームキューブで出るとか、いろいろ噂があったけど結局ゲームボーイアドバンス用で発売されました。まー相変わらずな雰囲気で待ってました!って感じではあったんだけど前半主人公がくるくる変わったり、微妙になんだか感情移入できないかな、と。またレベル弱いとこから始めるのかよーみたいな。話が説明的に長かったりすることもイマイチ。無理矢理感動させよう的なところが微妙に鼻についたり。今回のキャッチコピー「奇妙で、おもしろい。そして、切ない」いいたいことはわかるけどねー。やっぱり2の突き抜けたレベルまでは無理だったかなー。
でも時々セリフで「ぷ」とふかせる言葉選びがあってそこはさすが、と脱帽。

フレンジャー/大塚愛 

2006年04月14日(金) 8時08分
おーつかあいですよ、大塚愛。意外ですか?私も意外です。「au」のCMソングだったのですが聴いたときはインディーのガールギターポップバンド(エス○フ○ノックあたりの)曲かと思ったくらいでした。調べてみると大塚愛で、私なんかが聴いてすみません、って感じなんですけど、私はとっても好きですよ、この曲。どのレビューみても「大塚愛らしいポップチューンで」って書いてありますが、彼女は恋愛系で攻めるかさくらんぼの雰囲気が強くて、まぁさくらんぼよりではありますし、大塚愛を全く知らない自分が言うのもなんですがこの曲は大塚愛ぽくない気がします。いや、言われなくちゃわかんなかったってことはさておき(笑)歌詞はジュディマリっぽい?ジュディマリもあんまよく知らないんですけど。つうか憶測で物言い過ぎです(笑)すみません。いや、でも本当に第一印象のあの感じとそれが大塚愛だったってことでしてやられた私はまだまだダッダッダダ、ポイ♪なんて歌いながらすごいヘビロテです。

ケロッグ/オールブラン 

2006年03月19日(日) 23時49分
とにかく2週間〜♪なんて絶対無理!マズすぎる!オートミール系。袋に入ってるときは乾いてるからかさかさだけどミルクと混ぜるとすごい勢いでオートミールに!3口目からがついていかない。吐き気がする(笑)なので2週間は2日で断念…。これだったら玄米フレークのほうがいいな。続けるとやっぱり違うんだよね〜。戻そ。

きみに読む物語 

2006年03月19日(日) 23時32分
わかりやすい恋愛映画。湖の白鳥のシーンとかとにかく映像が素敵な場面がたくさんあってストーリーに深みを与えてます。ラストシーンは予想できたとはいえ、そのあとも思い出して涙。愛は永遠じゃないと思ってる自分にはグッときた。かなり。現実じゃ信じてないんだから夢くらいはみせてよ、みたいな(笑)さびれた夫婦は一緒に観るがいいよ。
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像出会い
» bob dylan/greatest hits (2008年05月29日)
アイコン画像みんなのプロフィール

» bob dylan/greatest hits (2005年07月10日)
http://yaplog.jp/gbf385/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gbf385
読者になる
Yapme!一覧
読者になる