荘園の預所・受領・追討使の地位

August 20 [Wed], 2014, 17:42
人類を他の生物種から際立たせる特徴は幾つかある。
この量の期待値は母集団の分散に等しく、分散の不偏推定量になっている。こうして定義される u2 を不偏分散という。
約80の国・地域で話されており、世界で最も多くの国・地域で使用されている言語であり、ネイティブスピーカーの人口でも、中国語(約13億7000万人)に次いで二番目(5億3000万人)に位置する。
標本分散と呼ぶこともある。
最もよくかつ古くから指摘されるものは言語の発達使用と思考の能力である。知性を持つ生物は人間以外にもあるという指摘はあるが、言語の使用が人間が発達した社会を持つことを可能にした事は確かであろう。社会は大抵の場合人間相互の支配関係によって特徴付けられるため、古くから支配と権力の形態により社会を分類することが行われてきた。
言語はコミュニケーション能力として社会の基礎を与えるだけではない。
藤村新一によって捏造された一連の「前期旧石器」については、疑問を投げかけた小田静夫を名指しで批判し、反対意見を封じ込めてしまった。
結果、日本の考古学を誤った方向に導く一端を担う事となった(旧石器捏造事件)。
旧石器捏造事件(きゅうせっき ねつぞう じけん) は、考古学研究家の藤村新一が次々に発掘していた、日本の前期・中期旧石器時代の遺物や遺跡だとされていたものが、全て捏造だったと発覚した事件である。中学校・高等学校の歴史教科書はもとより大学入試にも影響が及んだ日本考古学界最大のスキャンダルとされ、2000年11月5日の毎日新聞朝刊で報じられたスクープによって発覚した。
火山灰層の年代にのみ頼りがちであったことなど、日本の旧石器研究の未熟さが露呈された事件であった。縄文時代以降では、明確な遺構が地下を掘削して造られており、土の性格から直ちに真偽が判断可能なため、捏造は不可能である。http://wkkog.ciao.jp/4gkshffg
日宋貿易につながる海上交通ルート・瀬戸内海は、海賊の跋扈が大きな問題となっていた。これらの海賊は、有力な在地領主、神人・供御人の特権を得た沿岸住民などが経済活動の合間に略奪しているケースが多く、国衙の力だけでは追討が困難だった。鎮圧するには強力な武士の棟梁を追討使にする他に手はなく、忠盛に白羽の矢が立てられる。忠盛は海賊追討に成功するが、降伏した海賊(在地領主)を自らの家人に組織化した。
忠盛は他の院近臣受領と同じく院への経済奉仕に励む一方で、荘園の預所・受領・追討使の地位を利用して在地勢力を自らの私兵に編成するなど、武士団の増強も怠らなかった。これは院の権威のみを頼みとする通常の院近臣とは、決定的に異なる点だった。
人間は世界を把握・言語化しそれを操作して快適さを追求し、また、外界の変化を行っている。また、人間は自らについて考察を行う。
人間は古来より人間自身を思考の対象としてきた。人間と人間自らの行為を考察の対象とする学問には、倫理学、歴史学、考古学、人文地理学、文化人類学、人間学、心理学などがある。
一般的ではないが、自我の発達が人格やアイデンティティの形成に繋がり、人間らしさを特徴付けるという考えもある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alieya
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/gbazw/index1_0.rdf