設計起因のリコール増える…車両使用長期化が影響 / 2010年04月26日(月)
国土交通省は2008年度のリコール届出内容分析結果をまとめ、発表した。

それによると、国産車の不具合発生原因は、設計に係るものが2003年度の60%から74%に増え、製造に係るものが40%から26%に減少している。また、生産開始から不具合発生までの期間も、2003年度の32.6か月から48.8か月に長期化しており、同省では、最近の車両使用の長期化と相関していると分析している。

また、国産車の不具合初報からリコール届出までの期間も2003年度の10.3か月から17.2か月へと長期化している。同省では原因究明に時間を要する設計にかかわる不具合が、製造にかかわる不具合に比べ増加したためとみている。

2008年度のリコール届出件数は前年度比5%減の295件だったが、対象台数は前の年度より25%多い535万1000台となった。国産乗用車のリコールで、対象台数が50万台を超える届出が3件あったほか、国産貨物車の1届出あたり対象台数が1万5700台と前年度の4.6倍に増加したことが影響している。

《レスポンス 編集部》

【4月24日18時18分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100424-00000013-rps-soci
 
   
Posted at 12:09/ この記事のURL
デルのタブレット・デバイスの新たな情報がリークされる / 2010年04月26日(月)
 米国DellがAndroidベースのタブレット型コンピュータをひっさげてモバイル市場に参入するという噂がさらに現実味を帯びてきた。

 米国の技術系ブログサイト「Engadget」は、5インチのマルチタッチ・スクリーンを搭載したタブレット型デバイス「Dell Streak」(「Dell Mini 5」とも呼ばれている)と7インチのマルチタッチ・スクリーンを搭載したタブレット型デバイス「Looking Glass」についての詳細な情報が記載された文書を公開した。

 Streakに関するDellのマーケティング資料と見られるこの文書には、製品が今年の夏、あるいは遅くとも9月にはリリースされ、Looking Glassも11月にリリースされるとの見通しが示されている。なお、価格についての記述は一切ない。

 Engadgetによると、Dellは、Streakに続いて、7インチのディスプレイを搭載したLooking Glassを投入するもようだ。Looking Glassは、Android 2.1が稼働し、解像度800×480ピクセルの7インチWVGAスクリーン、4GBのRAM、130万画素のカメラ(前面のカメラについては記載されていない)を搭載する。

(Ian Paul/PC World米国版)

【4月23日19時32分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000003-cwj-mobi
 
   
Posted at 12:08/ この記事のURL
ゲーマー向けの「G-Tune」で特別仕様の“PC USERモデル”を作ってもらった / 2010年04月26日(月)
 マウスコンピューターのハイエンドゲームPCブランドである「G-Tune」シリーズに“PC USER限定モデル”が登場した。普通にBTOで選択するよりもかなりお得になってるぞ。

【画像:圧倒的ではないか我が軍は――ベンチマークで性能をチェック!】

 つい先日、インテルのCore i7-980X Extreme Editionが登場し、「コンシューマ向けCPUの最高峰」の座が6コア12スレッドになった。その性能が突出していることは間違いないが、価格も余裕で10万円を超えてしまう。そんな中で交わされた会話が以下だ。

編集G 「Gulftownが登場したけどCPUだけで10万オーバーだと手が出ないすね」

小川 「だね。メインストリームはまだまだLynnfieldでしょ。パーツの選択次第ではGulftown搭載マシンに引けを取らない仕様だって組めるし」

編集G 「でもCPUがシステム全体のパフォーマンスを左右するわけだから、性能を追求するならやっぱりGulftownじゃないですかね」(キリッ

小川 「まあそうだけどさ、例えば3Dゲーム向けのマシンならSLI構成で描画性能を底上げできるわけだから。それにSSDを使えばもっと快適になるし、何もCPUに10万円なんて出さなくてもなぁ」

編集G 「それ、いいですね。“ミドルレンジの構成でハイエンドゲームまでこなせるPC”。その仕様でマシンを構成して、どこまで迫れるか試してみましょうよ」

小川 「……それ俺がやんの?」

担当G 「そうだなあ、CPUはLynnfieldからピックアップして、でもハイエンドに迫るマシン。なんか格好いいじゃないですか、ねえ?」

小川 「……(聞いてねえ)」

 何気なしに交わされた会話から今回のPC USER特別仕様にまで発展するとは、そのときは思いもよらなかった――。

●マウスコンピューターのG-Tune「NEXTGEAR i500PA4」をカスタマイズ

 話はとんとん拍子に進んで行く。こんなときだけはムダに仕事が早い編集Gがマウスコンピューターに交渉、まんまとG-Tuneブランドの「NEXTGEAR i500PA4」をベースモデルとして取り付けてきた。

 G-TuneはマウスコンピューターのゲーミングPC専用ブランドで、同社の幅広いラインアップでもハイエンドモデルに位置付けられる。G-Tune専用のWebサイトで3Dゲームをバリバリ楽しみたいユーザーにマシンを提供しており、BTOメニューが豊富なのも特徴だ。今回のベースモデルであるNEXTGEAR i500PA4は、いわゆるミドルレンジに位置付けられ、標準搭載のCPUがIntel Core i7-860(2.8GHz)、OSに64ビット版のWindows 7 Home Premiumを採用した、価格と性能のバランスが取れたモデルだ。これをベースにあれこれと頭を巡らせて、超ハイエンドマシンに迫るスペックに仕上げていくのだ。

●パワーLEDボタンで5色からイルミネーションカラーを選択可能

 まずはNEXTGEAR i500PA4の特徴を簡単に紹介しておこう。ゲーミングPCらしい大柄なケースのフロント下部には、イルミネーション用LEDが内蔵されており、電源を投入すると点灯するギミックを備える。このLEDはブルー/レッド/シアン/イエロー/マゼンタの発光が可能で、フロント部左側に設けられたパワーLEDボタンを押して切り換えられる仕組みだ。

 本体ケースフロント部の5インチベイと3.5インチベイ部はG-Tuneロゴが施されたカバーで覆われており、それを開けると3.5インチベイ部に15種類のメディアに対応したカードリーダー/ライターが装着され、5インチベイ最上部には標準でDVDスーパーマルチドライブが搭載されている。

 また、インタフェースに関してはケースフロント下部に2ポートのUSB 2.0ポート、およびヘッドフォンとマイク、本体背面部のIOポートには6ポートのUSB 2.0とギガビットLAN、オーディオ関連の各ジャック類、マウス/キーボード用にPS/2ポートが各1ポートが並ぶ。ゲーム向けマシンと考えれば、コントローラーなどを接続するUSBポートさえあればいいわけでその点では十分合格だろう。

 なお、マザーボードをチェックして見たところMSIの「P55-GD65」というマザーボードが装着されていた。市販の製品とは異なり、同社向けにカスタマイズしたものが搭載されているため、インタフェースの数が異なっているようだ。もっとも、チップセット(Intel P55 Express)やオーディオチップ、追加ストレージ用のチップ以外は市販版に準じた仕様になっていると思われるのでマザーボード本来の性能に違いはないはずだ。

 本体ケースの内部は広々としており、余裕のあるエアフローが確保されている。サイドカバーにはCPUクーラーに向けた大型のエアファンネルが装着されているうえ、背面側にも大判のファンが搭載されている。冷却性を確保しつつ静音性も兼ね備えた専用の作りになっていることが見てとれる。ゲーム向けのPCとなると壮大な音を発するようなイメージを持つが、実際に電源を入れてみてもかなり静かな印象だ。

 また、ストレージや光学ドライブ向けとしては、5インチベイが3基、3.5インチベイが2基、これにHDD用の専用ベイが用意されている。HDD専用ベイは、取り外しやすいようになっており、広々とした内部空間とあわせてメンテナンスも容易だ。さらに、80Plusの高効率を誇る850ワット電源が搭載されており、SLI構成やCrossFire X構成にも余裕で対応できる。ベースモデルとしては申し分のない作りだ。

●システムドライブをSSDに換装、しかもRAID 0で爆速に!

 以上、i500PA4をざっと紹介した。標準構成ではCPUがIntel Core i7-860(2.8GHz)でメインメモリが8Gバイト、1TバイトのSATA HDDに、NVIDIAのGeForce GTX 285×2のSLI(カードはMSI製のN285GTX SuperPipe OC×2)、OSは64ビット版のWindows7 HomePremiumというスペックである。実際このままでも3Dゲームをプレイするには何ら支障はないはずだが、ここは一歩踏み込んでストレージをSSDのRAID 0に変更した。OS領域にSSDのRAID 0を採用して圧倒的な速度を実現し、そしてデータ用には別途SATAの1TバイトHDDを追加する構成だ。

 Windows 7は64ビット版なので、標準搭載する8Gバイトのメインメモリ(DDR3-1333の2Gモジュール×4)を余すことなく利用できるし、CPUはIntel Core i7-860(2.8GHz)のままでもTurbo Boost Technology時は最大で3.46GHz駆動と、ゲームには十分な性能を確保している。また、現状の3DゲームはDirectX 9かDirectX 10ベースなので新世代アーキテクチャ“Fermi”は将来的にDirectX 11ベースのゲームが出てきてから考えればいいだろう――しかしストレージに関してSSDだけは譲れない、という判断だ。

 その理由はWindows 7のエクスペリエンスインデックスからも見て取れる。CPUがハイエンド、メモリも潤沢、グラフィックスも十分高性能な構成でストレージがSATA HDDだった場合、HDDのスコアがアンバランスになってしまうのだ。ほかのベンチマークテストでもHDDが足を引っ張って総合スコアが低くなってしまうことが多い。そうした点からも、ここはSSD×2台によるRAID 構成にして、Windows 7のエクスペリエンスインデックスのスコアでオール「7」以上を目指したい。

 というわけで、最終的なスペックは、CPUがIntel Core i7-860(2.8GHz)のまま変わらず、メインメモリも8Gバイトのままで、ストレージはインテル製の高速SSDを2台搭載した(80Gバイト×2)RAID 0に加えて別途1TバイトのSATA HDDを追加し、グラフィックスは1Gバイトのメモリを積むNVIDIAのGeForce GTX285を2基搭載したSLI構成とした。OSは64ビット版のWindows7 Home Premiumだ。

 これをマウスコンピューターに依頼して快諾いただいたのが今回取り上げた「PC USER特別カスタマイズマシン」である。ちなみにこれと同じ構成は、G-Tuneの直販サイトでBTOにより選択することもできるのだが、その際の価格は25万円後半になる。当然、SSDのRAID 0構成が価格を大きく跳ね上げる原因だ。しかし、今回に限り特別価格として25万円を切る24万9900円という価格設定にしてもらった。実はBTOメニューで選んだ場合よりもかなりお買い得なのだ。

●圧倒的ではないか我が軍は――「オール7以上」を余裕で達成

 さて、マウスコンピューターにかなり無理を言って作ってもらったPC USER特別モデルだが、実際にその性能を確認してみないことには本当にお買い得なのかどうか分からない。そこでおなじみの各種ベンチマークテストを実施してみた。

 まず、Windows 7のエクスペリエンスインデックスのスコアだが、当初の目的通りすべての項目で「7」を超えた。特に、SSDのRAID O構成は効果が高く、スコアは7.9と最高値に達した。CPUとメモリのスコアはともに7.5、SLI構成にしたGeForce GTX 285×2が7.3と、ハイエンドゲーミングマシンにふさわしいスコアである。SSDのRAID 0を選んだのは大正解といったところだ。

 次にベンチマークテストの結果を見ていこう。実施したのは、PCMark05、PCMark Vantage(x64)、3DMark 06、3DMark Vantageといった専用のベンチマークに、3Dゲーム系のFINAL FANTASY XI Official Benchmark 3、LOST PLANET体験版&ベンチマークDirectX 10版(64ビット)、THE LAST REMNANT体験版&ベンチマークである。標準では1280×1024ドットで計測しているがこのうち3Dゲーム系のベンチマーク(LOST PLANET体験版&ベンチマークDirectX 10版、THE LAST REMNANT体験版&ベンチマーク)では、1600×1200ドットでも計測している。また、今回はPCMark Vantageと3DMark Vantageで、コンシューマー向け最高峰のCore i7-980X Extreme Edition+Intel X58 Expressを搭載したシステムを比較対象に挙げている。こちらはグラフィックスがGeForce GTX 285の1枚挿しで、ストレージは1TバイトのSATA HDD(7200rpm)となっており、変態的な仕様のPC USERモデルと比べるにはちょうどいいだろう。

 さて、結果はグラフの通りだが、HDDの性能でスコアが大きく影響するようなテスト項目では、SATAのHDDと比べて非常に高いスコアになるため、総合スコアを押し上げる結果となっている。CPUとグラフィックスがそこそこの性能を持っているのなら、高速なストレージにするだけで全体のパフォーマンスを引き上げられることが分かるだろう。3Dゲーム系のベンチマークでは、SLIの効果で高解像度でも描画パフォーマンスの落ち込みが少なく、各種効果を有効にしても3Dゲームを快適に楽しめる高い性能を証明した。CPU単体だけで10万円を超えるCore i7-980X Extreme Editionベースのマシンを総合力で上回る、まさに死角のないマシンだ。

 以上、i500PA4のPC USER特別モデルを紹介したが、3Dゲームをバリバリ楽しみたいのであれば自信を持っておすすめできる製品に仕上がった。是非、SSD×2台のRAID 0による爆速体験をしてほしい。

 このほか、今回の特別カスタマイズモデルでは、より安価に購入できるモデルとして、SSDの容量を40Gバイト×2のRAIDO 0に変更した構成(22万9950円)や、予算が潤沢にある人向けに、ゲームだけでなく地デジも楽しめる、ピクセラ製地デジチューナー「PIX-DT096-PE0」を追加した構成(26万9850円)も用意してもらった。高性能なPCをより安価に手に入れたい、あるいは、地デジの録画環境も同時にそろえたい、という人は、予算にあわせて最適なモデルを選んでほしい。【小川夏樹】

【4月25日21時33分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100425-00000008-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 12:07/ この記事のURL
GW前のセキュリティ対策、システム管理者および一般ユーザに呼びかけ(IPA/ISEC) / 2010年04月26日(月)
独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は4月22日、ゴールデンウィーク前にセキュリティ対策を再確認するよう注意喚起を発表した。システム管理者に対しては、連休前に「ファイアウォールや侵入検知システムの設定」「該当する修正プログラムの適用」「データのバックアップ」など、日常の基本的なセキュリティ対策の内容を再確認するとともに、「自社サイトの改ざんなど不測の事態が発生したときのために緊急連絡体制を確認する」「連休中に使用しないサーバやPCは電源を切る」「連休前に、業務用のPCやデータを組織外に持ち出す場合の管理方法を明確にする」ことを実施し、万全の体制を整備するよう呼びかけている。

また一般ユーザに対しては、「使用しているPCのOSを最新のバージョンに更新し、セキュリティホールを解消する」「使用しているPCのアプリケーション(ブラウザ、メールソフトなど)にも修正プログラムを適用し、最新のバージョンに更新する」「ウイルス対策ソフトを常に最新のパターンファイルに更新しておく」「いざという時のために、重要なデータはバックアップを取っておく」を挙げている。

【関連リンク】
【注意喚起】 ゴールデンウィーク前に対策を 4月26日12時2分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000004-vgb-secu
 
   
Posted at 12:06/ この記事のURL
ステファンGP、“2010年のドライバー候補”はローブや琢磨ほか12人 / 2010年04月26日(月)
 ステファンGPは、2010年のドライバー候補としてWRC王者のセバスチャン・ローブや佐藤琢磨など多くのドライバーと交渉していたことを明らかにした。

 2011年に向け新たなスタートを切ったステファンGPだが、今シーズンに向けては1997年のチャンピオン、ジャック・ビルヌーブと元ウイリアムズの中嶋一貴というドライバーラインアップでほぼ確定していたといわれている。

 チームは新しいオフィシャルサイトの中で、2010年のドライバー候補を公表。若手からF1経験豊富なベテランまで12人のドライバーと交渉していたことを明かしている。その中では、ビルヌーブと中嶋一貴以外にインド人ドライバーのナレイン・カーティケヤンも有力な候補だったとしており、パスター・マルドナルドやベルトラン・バゲットについても考慮にあったことを認めている。それに対し、ローブや佐藤琢磨などのドライバーはオプションという位置づけにされている。

[オートスポーツweb 2010年4月26日] 4月26日11時20分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000002-rcg-moto
 
   
Posted at 12:05/ この記事のURL
<自転車>チャレンジ五輪で北津留ら5選手が規定タイムをクリア / 2010年04月26日(月)
 第10回チャレンジ・ザ・オリンピックが4月25日に群馬県前橋市のグリーンドーム前橋で開催された。ロンドン五輪に向けてトラックナショナルチームや強化指定選手の再編成を目的とした記録会。それぞれの種目の規定タイムをクリアした選手は、日本自転車競技連盟の強化指定選手などに追加指定されるという、まさに「五輪に挑戦」する大会だ。
 200mフライングタイムトライアルで10秒042(時速71.6km)という驚異的なタイムを出し、同種目の規定タイム10秒3をクリアして1位となった北津留翼(24=JPCA・福岡)ほか4人が規定タイムをクリアし、ロンドン五輪への力強い一歩を踏み出した。

 北津留はジュニア時代から国内で無敵を誇った逸材で、ワールドサイクリングセンターへの留学のあと競輪選手となった。深谷知広、永井清史、矢口啓一郎ら現役競輪選手、そして紅一点、前田佳代乃も500mスタンディングタイムトライアルで35秒670を出し、条件をクリアした。(大前仁)

 200mフライングタイムトライアルの日本記録は北津留自身が2008年6月14日にグリーンドーム前橋で記録した10秒181。今回の大会はアンチドーピングコントロール検査を導入しない記録会のため、公認記録としては認定されない。

【4月26日6時50分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000003-cyc-spo
 
   
Posted at 12:04/ この記事のURL
人気抜群の「Ray」モデル・張子萱、「日本風」キュートな笑顔に注目!―北京市 / 2010年04月26日(月)
2010年4月24日、開催中の自動車の大型展示会「第11回北京国際モーターショー2010」に、ファッション誌「Ray」の人気モデル・張子萱(チャン・ズーシュエン)が登場した。チャイナフォトプレスが伝えた。

女性ファッション誌「Ray」のトップモデルとして絶大な人気を誇る張子萱は、SUZUKIのカーモデルとして会場に登場。キュートな笑顔をふりまき、早速カメラを手にした多くの男性ファンらに取り囲まれていた。

【その他の写真】

「Ray」の“顔”として活躍中の張子萱は、1984年生まれの26歳。171cmの長身と、「日本風」とされるファッションや柔らかい顔立ちが人気を集め、これまでにも多くのCMや歌手のミュージックビデオに出演している。また昨年は、人気のネットアイドル10人を決める「網絡十大偶像」の1人にも選ばれている。(翻訳・編集/Mathilda)

【4月26日11時57分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000005-rcdc-ent
 
   
Posted at 12:03/ この記事のURL
サラ・ジェシカ・パーカーがメトロポリタン美術館の音声ガイドを担当 / 2010年04月26日(月)
6月4日(金)の『セックス・アンド・ザ・シティ2』の日本公開に合わせて、キム・キャトラルら主要キャストとこの映画のプロモーションで来月末に来日するサラ・ジェシカ・パーカーが、ニューヨークのメトロポリタン美術館の音声ガイドを担当することが明らかになった。

【関連写真】この記事のほかの写真


メトロポリタン美術館の衣裳部門(Costume Institute)では5月5日から「American Woman:Fashioning a National Identity」と題し、1890年代から1940年代にかけてのアメリカ女性のファッションの変遷を追う展示を行い、サラ・ジェシカが音声ガイドの録音を先日行ったという。

「『セックス・アンド・ザ・シティ』という作品で、彼女はニューヨーク、そしてアメリカと深く関わりを持つ存在になりました。そして、(彼女が演じたキャリー・ブラッドショーという)キャラクターの人格を表すのにはファッションが大きな役割を担っているのです」と同美術館の学芸員、アンドリュー・ボルトン氏はサラ・ジェシカの起用理由を説明している。上記の展示は8月15日まで開催予定。

(text:Yuki Tominaga)


【関連作品情報】
セックス・アンド・ザ・シティ2
 2010年6月4日より丸の内ピカデリーほか全国にて公開
 © MMIX NEW LINE PRODUCTIONS, INC.


【関連ニュース記事】
『SATC2』サラ・ジェシカほか4人揃っての来日が決定!
ペネロペ登場&元カレのあの人も! 謎が少しずつ明らかに…『SATC2』予告編解禁
サラ・ジェシカ・パーカーらヒロイン3人がベガスに参上、『SATC2』続編のストーリーは?
女たちは砂漠を目指す? 『セックス・アンド・ザ・シティ2』特報が到着! 4月26日10時20分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000001-cine-movi
 
   
Posted at 12:01/ この記事のURL
関連銘柄早わかり:東芝・IHI「共同生産」報道で原発関連株人気の復活期待 / 2010年04月26日(月)
 東芝 <6502> とIHI <7013> が買い人気化している。26日付日経新聞1面トップで両社が「原発機器を共同生産し、海外受注拡大を狙う」と伝えられ、好感された。同ニュースを機に、原発関連株見直し機運が一部で台頭している。以下は 主な「原発」関連銘柄(銘柄名は略称)。

・出力器、原子炉容器・蒸気タービンなど=日立 <6501> 、東芝 <6502> 、三菱重工 <7011> 、三菱電 <6503> 、IHI <7013>

・圧力容器=日製鋼 <5631>

・輸送・貯蔵器=木村化 <6378> 、三井造 <7003> 、日立造 <7004>

・バルブ・安全弁=クボタ <6326> 、トウアバルG <6466> 、岡野バルブ <6492>

・制御機器・試験装置=日ギア <6356> 、横河電 <6841> 、助川電気 <7711>

・炉心材=東洋炭素 <5310>

・燃料皮膜管=住金 <5405> 、神戸鋼 <5406> 、三菱マ <5711>

・固定板、制御棒、復水器=冶金工 <5480>

・遮蔽材=日タング <6998>

・原子力空調=新日空調 <1952>

・プラント設計=太平電 <1968> 、日立プラ <1970> 、東芝プラ <1983> 、化工機 <6331> 、宇徳 <9358>

・ポンプ=電業社 <6365>

・シート・塗料=積水化 <4204> 、大日塗 <4611>

・シール=日ピラ工 <6490> 、バルカー <7995>

・タンク=トヨカネツ <6369>

・ウラン権益=三井物 <8031> 、三菱商 <8058> など総合商社(編集担当:佐藤弘)

【4月26日11時44分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000026-scn-biz
 
   
Posted at 12:00/ この記事のURL
ガス業界 「太陽熱」住宅を表舞台に 環境省がリース支援 / 2010年04月26日(月)
 地球温暖化対策の一つとして脚光を浴びる太陽光発電の陰に隠れていた「太陽熱利用システム」が、表舞台に立つ可能性が高まってきた。注目されているのが、住宅に太陽の熱を集めて温水をつくり給湯などに使う仕組みで、環境省が家庭用システムの普及に向けた支援策を始動。都市ガス業界も、家庭用で統一ブランドを掲げる方向で検討に乗り出した。

 ◆予算規模15億円

 環境省の支援策は、家庭用太陽熱利用システムをリース方式で住宅に設置しようとする事業者を後押しするもの。

 予算規模は15億円。リース事業者を対象に、システム設置に必要な費用の2分の1を上限に補助する内容だ。リース期間は6年以上。リース事業者は住宅に取り付けたシステムの保守管理も行う。

 環境省は、この仕組みを利用して当面、8件のリース事業を支援。支援を通じて「設置者に安心感を与え普及につなげたい」(地球環境局)考えだ。

 太陽熱利用システムは、石油危機を契機に省エネ意識が高まった1980年に年約80万台が設置されたが、それをピークに下降。現在の販売台数は年間約5万台と低調に推移している。その原因は、原油価格の下落以外にも、機能とデザイン面で魅力的な商品がなかったことや、未熟な修理体制などだ。

 この現状を打破する動きが民間主導でも広がりつつある。都市ガスやLPG(液化石油ガス)など業界の枠を超えて昨年6月に設立された「ソーラーエネルギー利用推進フォーラム」は、商品力向上など普及に向けた課題に取り組む。

 日本ガス協会業務部の江口俊一部長補佐が普及の推進役の一つとして期待を寄せるのが、東京ガスが2月に発売した「SOLAMO(ソラモ)」と呼ぶ太陽熱利用の温水システムだ。集合住宅のバルコニーの手すりに設置した「集熱パネル」で太陽熱を吸収。その熱を伝える液体を循環させて「お湯をためるタンク」内の水を温め、給湯や風呂に使う仕組み。

 ただ、手すりと一体となったパネルは垂直に取り付けられているため、日射状況などによって熱を集める効率が左右される。そこで、瞬間的に必要なお湯をつくるガス給湯器を組み合わせた。

 ◆「ソラモ」に統一

 都市ガス業界では「ソラモ」ブランドで統一することを検討中で、今夏にも一定の方向を示す。ソラモを武器に、広告塔になる分譲マンションへの攻勢を強め、太陽熱の存在感を高めたいとの思惑がある。

 都市ガス業界などが認知させたい点は、日光を電気や温水に変えるエネルギー利用効率だ。太陽光発電は効率が10%台だが、太陽熱だと3倍以上の40〜60%。それだけ二酸化炭素(CO2)の削減効果も大きくなる。

 このため、一戸建ての屋根に集熱パネルを置く面積も小さくでき、一般家庭で約4〜6平方メートルのスペースがあればパネルの設置が可能。設置コストも約30万〜90万円と比較的安価で、投資回収期間も太陽光発電に対抗できるとしている。

 実際、費用対効果に着目した中国では助成策を充実させて太陽熱導入量を急拡大させているほか、ドイツなどでも導入機運が高まっている。

 日本がこの分野で後れをとり世界的な商機を逃す懸念もあり、都市ガス業界は官民連携を重視して「事業者支援の拡充や最終ユーザーへの直接支援などを政府に要請中」という。(臼井慎太郎)

【4月26日8時15分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100425-00000010-fsi-bus_all
 
   
Posted at 11:59/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!