今日の迷言 

2005年01月24日(月) 0時31分
電車の中、あまりの寒さに耐えかねた女子高生。「地球温暖化なんてマジ大嘘じゃん!」…いや、別に嘘じゃないから、お姉さん。

女友達の隣に座った女子大生。「え、イタリア語なんてあったっけ。ドイツ語とかじゃなくて…」…じゃあイタリア人が喋ってるのは何語なんだよ?

正しい飲酒を推進するポスターの一文。「お酒は数人で笑いながら飲むよう心がけましょう」…失恋しても一人手酌で酒を飲むなというんですか。酷だー。

こんな風に、世の中これでいいのかと疑問に思う瞬間ってありますよね…。

最近かかせないもの 

2005年01月21日(金) 23時58分
ダイエット用品。
>自宅で煎れるプーアル茶。コンビニで買うヘルシア緑茶。こんにゃくチップアップルシナモン味。ファンケルのカロリミット錠剤。

洗面所用品。
>雪肌精の美白クリーム。朝鮮人参の石けん。ルベルコスメティックスのシャンプーとトリートメント。マジョリカマジョルカの透明マニキュア。発汗バスソルト。

エンターテイメント。
>お笑い番組、特にパペットマペット。PS2のゲーム、特にドラクエとFFシリーズ。色鉛筆。フォトショップとペインター。コテコテの少女漫画。サンバのCD。

進学関連。
>研究室の資料。試験対策の本。ネット。人間関係。メールのやりとり。就活派や自分の甘えに負けない心。

焼き芋屋さんについて 

2005年01月13日(木) 19時28分
焼き芋屋さんは、よく屋台の炉の火をメラメラつけたまま道路を走っています。怖いんで、できるだけ後ろを走りたくありません。

焼き芋屋さんには良く、「以下の条件に当てはまる人にはタダであげます」という張り紙がしてあります。その中に「恋人がいない人」というのがあったりしますが、果たして自己申告する人はいるものなのでしょうか。

閉店間際の焼き芋屋さんは、たまにタダで焼き芋をくれます。嬉しいんですが、宣伝のためにそこで食べていってくれと言われると、どんなに気恥ずかしくても従わないとなりません。

お笑い芸人の陣内さんのネタに、屋台の音で勉強を邪魔される受験生というものがあります。超ハイテンションなロック調に「焼き芋〜♪」と歌う焼き芋屋さん、是非とも実際に走ってほしくて仕方ありません。

焼き芋屋さん、焼き芋屋さん、アナタは一体どうして焼き芋屋さんになったのですか?

就職活動加速中 

2005年01月11日(火) 21時43分
gata自身は進学する!と勝手に決めている大学3年生なのですが、周りはすっかり就活一色に染まっています。そんな空気につられて、今日はふらりと本屋に寄ったついでに、就活情報コーナーをちらりとのぞき見致しました。

とある雑誌に、企業が新入社員に求める能力ランキング、みたいなものが載っていました(どういった企業が対象だったのかは不明瞭ですが)。そこでのトップは、「コミュニケーション、対人関係構築能力」になっていました。まあ、言いたいことは分かりますよね。面倒なメールをソツなく書くことも、敬語の使い方も、はたまた場の盛り上げ方も、とりあえずコレに入ります。他に上位にあったものは「やる気」「ポジティブ性」など抽象的なもの。逆に「柔軟な考え方」「思考力」なんかは割と低めの位置にいました。「リーダーシップ」に関しては最下位!何でも、「サークルでリーダーシップの重要さに気付きました」なぁんてエントリーシートに書く学生が多すぎて、企業側がアレルギーを起こしているんだとか。それでも、某企業の筆記というか性格診断試験を受けた友人の話では、「あなたにはリーダーシップがあると思うか」等の質問も結構あったらしく、このランキングを信じるか信じないか…微妙な線だなぁと思います。

就活する上で重要なの要素のひとつが自己分析です。自分を見つめ、アピールポイントなどを探すものです。その一環として、知り合いに他己分析してもらうWEBサービス(就職活動支援サイト学生の就職情報 en)があります。それを手伝ってください、というメールを今日までに3通貰いました。少しでも助けになるなら、と協力するはしますが…私、就活しません!交換条件でやって貰う必要がないので、悲しいことに持ちつ持たれつになれません!

とまあ、何となく疎外感があるというのが進学希望者の現状です。仕方ありませんけどね。就職相談室の方によると、エントリーシートの「学生時代に力を注いだ事」などの欄にうっかり「アルバイト」とか書いてしまうと、企業によっては「アルバイト」という単語で「落とすぞフィルター」をかけているところもあるらしいから気をつけて、とのこと。迷惑ですね。就活する皆さんご注意あれ。くれぐれも私の父のように「自分の長所:気が長い」「自分の短所:怒りやすい」なんて大矛盾する内容のものを送信しませんように!

成人の日でしたね 

2005年01月10日(月) 20時39分
どこもかしこもキモノを着たお姉さんばかりで、何だか華やかな一日。渋谷ではさすがにゴージャスな格好がポピュラーらしく、ほとんどの人がファーのストールを合わせていました。昨年は自分自身キモノを着たのですが、ストールはどうもゴツくなるんで避けてました…

さて、今日乗った電車の中で、やはりキモノを着たお姉さんが一人座ってたのですが、すぐ近くに居たカップルがその人を評して「ハタチに見えない」「そうだね」と割と大声で喋っていました。酷すぎ!と思いつつなんだか納得。確かに、そうは見えないんです…。

その後そういう視点でキモノの人達を見てみたら、…みんなハタチに見えない!と感じ始めました。半分は低くて22、3歳くらいに、もう半分はせいぜい18歳くらいに見えました。何というか、これぞハタチみたいな、標準偏差的な人はなかなかいないものです。

今日はキモノのお陰で分かったものの、人の雰囲気、姿勢、髪型、服装、メイク。前後5歳くらい誤魔化すのはわけないのかもしれません。そんな私は今年、何とかしっかり20代のお姉さんに見えるような自分をプロデュースしようと思っています。いつまでも高校生みたいな格好ではちょっとね…。そろそろ働いても使える服を揃え始めないと後で泣くことになりますし。そんな訳で手始めに、ツイードのコートとシック&甘めのニットを購入。セールとはいえ、いやはやお金がかかること…。ああ、その前に中身の修行をしろという話ですか。

甘いもの(チョコレート) 

2005年01月09日(日) 22時36分
甘いものと聞いてあなたは何を想像しますか?
私は、甘いものと聞くとチョコレートとかクッキーとかを真っ先に思い浮かべます。今日はお手軽に買える、個人的にお気に入りのチョコレート菓子を挙げてみます。主にコンビニで買えるものばかりです。順不同。

Cho-pan(ショパン)第5番 二度焼きパイのプラリネショコラ
「あなたがショパンを口にするなんて100万年早くってよッ!」というCMを見て気になった人もいるのでは?実際よりも高級そうに見えるお菓子らしく、友達にあげようとしたら一瞬ビビられました。こってりしてるので、たまぁ〜に食べるには良いかなという感じです。パンの綴りをかけてるネーミング&スペルがちょっぴり不評気味…?

Dove
友人が「びっくりするほど美味しい!って母と言ってたの」と評したチョコレート。確かに、手軽に買えるにしては美味しいチョコだなぁという印象。ですが、高いですね。サイトではオープン価格になってますが、相場は普通なら一箱たっぷりのお菓子が買える160円くらいで、超少量入り。これはこれで高級感をプッシュしすぎな気もします。

チロルチョコ きなこもち味
一時期流行ったので、知っているヒトも多いかと思います。もち、なのかな?きなこもち、確かにきなこもちなんだけど…。一度食べたら忘れられない、不思議な感触のチョコレート。美味しいんですが。あと、原材料とか見ると凹みがちなので、増粘剤とかには目をつぶって食べましょう。

ハーゲンダッツ クッキー&チョコレート
番外編ですが、アイスクリームもチョコ推奨です。とはいえ、これ、甘い!!近くのハーゲンダッツショップのHappy7(7種類のフレーバーを少量ずつ楽しめる日曜限定のメニュー、500円)で他のフレーバーとも食べあわせたんですけれど、これを食べたあとリッチミルクとかを食べてもしばらく味がしない位甘く作られています。それでも、クッキー&クリームもチョコレートも好きな私は食べてしまう…。

さあ、「甘ぁぁい!!(スピードワゴン風に)」世界へ、いざ…。

昨日のケーキの話を 

2005年01月08日(土) 17時31分
同じ専攻の友達にしてみました。そうしたら、

『羊ケーキの中に赤いジャム入れとこうよ〜』

と言われました。因みに、
「メロン1つと包丁1本があります。さて、メロンを5人で分ける方法は?」という問いへの答えは「1人が他の4人を包丁で刺しメロンを丸ごと1つ貰う」とのことです。ああ、昨日集まった友人達からはこういう発想は出にくい。もし話したら、笑われる前にブーイングされる事でしょう。面白いけれどそんなに突拍子もない事は言わない人たちですから。

まあ、私の普段の発想は前者(同じ専攻の友人)寄りで、何というか類友なんでしょうね。逆に言えば、昨日の集まりのような友人達は私にとってかなりレアです。まるで自分も穏やかな人であるように勘違いできます。良くも悪くも…。

そもそも私が普段考えたり観察したりしているものと言ったら、ロクなものがありません。

>時代劇の芸者役の人を見て「お雛様だ!」とはしゃぐ子供。
>>(無邪気って怖い)
>神社の「車のお清めはこちら」という看板をみて一言、「洗車じゃん」。
>>(えっ!?)
>真顔で「押されて泣いたらカッコ悪いよ」と反論する子供。
>>(そうだよね…って、おしくらまんじゅうかよ!)

ほら、くだらない…。でも、こういう阿呆な事を見たり考えたりしているときが実はとても幸せだったりするんです。

申し送れましたが私の専攻は情報科学(コンピュータ等を学びます)。0と1の論理的極まりない世界です。…何か、方向性間違えましたかねぇ、私?

新年あけまして 

2005年01月07日(金) 23時34分
おめでとうございます。
「がたがた∴がた」は心機一転、通常のブログとして再開致します。
皆様今後ともどうぞ宜しくjお願いします。

さて。

今日は吉祥寺の「アムリタ食堂」というタイ料理屋で友人の誕生日パーティをしました。まだ2回しか訪れていないですが、なかなか気持ちの良いお店です。誕生日パーティ等でのケーキの持ち込みOKなところもGOODですね。入店時にさりげなく店員さんに「これケーキなんですけど…」とお願いし、後は平然と食事を楽しむ。ころあいを見計らって合図をすると、サービスのゼリーと共にビックリのケーキの登場です。なんと言っても今日のケーキは特別。だって羊の形をしてるんですから!

そんなケーキの入手元は、吉祥寺の隣りの駅、西荻窪にある「三月の羊」というこじんまりしたお店。その名前の通り羊に関するものが多く揃っていて、どこか懐かしい雰囲気の喫茶店です。パンやお菓子、本(別に専門の店長がいます!笑)やグッズもあり、羊好きにはたまらないはず。そこで予約しておいた「ふわふわ羊のお父さん(シフォン生地で大きめだから)」というケーキを買ったわけです。友人へのプレゼントは、やはりこの店の羊柄スプーンなどの3点セット。喜んでくれてるといいなあ。

と、羊が座った形のケーキなんて、一体誰がナイフを入れることになるのかちょっとドキドキもの。なんていう心配をよそに、誕生日の友人本人が入刀してくれました。しかも胴体をまっぷたつに…。頭の部分を食べる時にも全く迷いがなかったし、彼女は大物ですね。きっと。食事もケーキも美味しくて、大満足な一日でした。それにしても、ドリンクを頼んだら4人全員変わった名前のもので笑えました。「クロスマイハート」って一体…(カシス酒+オレンジジンジャエール)?
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gatagatagata
読者になる
Yapme!一覧
読者になる