木島だけどオオゴマダラ

June 24 [Fri], 2016, 13:17
就職活動での面接で気を付けるべき点は、まず、第一印象を良くすることで、自分の考えを自分の言葉で、面接官が共感出来るように話す姿勢が重要になります。
面接官に同調してもらうためには、自分の思いが相手に届くように話しましょう。

下準備として、会社に関連する情報の把握などもしておくべきでしょう。
会社を辞めた後、だらだらと時間が過ぎていただけだったり、失業給付を受けとるのみで、これといった就職活動などもしていなかったりすると、無職期間が長期にわたるほど転職に支障をきたすかもしれません。できるだけ面接官が納得するような訳を話すことができるようにしておくことが大切です。望ましい転職理由としては、はじめに、転職をしようとした本当の理由を問い直してみてください。伝えるのはそのままではないため、ノートに自分の考えを正直に書いてください。次に、それらが人にネガティブな印象を与えないように方法を変えて表現してください。その理由が長い転職だと言い訳と取られて不利になるので、長さには注意してください。
こんな資格があれば転職できそうだとも考えられますので、仕事を変える前に取っておくことをおすすめします。別の分野へ転職を希望する人なら余計、経験者ではないのですから、他に志願している人達の方が有利になるので、その業種において使える資格を取っておくといいと思います。

言うまでもなく、資格がありさえすれば採用されるとは考えられません。仕事をしていない無職期間が長すぎると転職がやりにくいので、なるべくなら退職してから転職までの期間を短くするように心がけて動いてください。
面接官が無職期間の長さを気にかけて質問をしてくる場合もありますので、無職期間にどういったことをしていたのか、明朗な回答ができるようにしておくことが大切でしょう。職を変える理由は履歴書選考や面接での評価においてとても大切です。相手に分かってもらえる理由でない限り印象が悪くなります。



けれど、転職理由を説明せよと言われても相手が納得するような話ができない人も沢山いるはずです。ほぼみんなが履歴書の記入時や面接時にこの職を変えるに至った経緯の説明が上手く出来ないのです。

転職における履歴書の記述方法がわからないと思っている人もおられるでしょうが、今では、ネットで検索すれば、履歴書記載の模範的なサンプルなども掲載されているので、参考材料にして、履歴書を書かれてみるのもいいでしょう。

しかし、そのまま書くのは控えなくてはなりません。



相手企業の人事の目に留まるような書き方を自分で考えるべきです。

昔は、35歳を超えると転職は無理になるという説も、結構真実をついていました。


昔は年齢に比例して序列が上がっていくシステムだったので、35歳を超えた人が中途で入社してもどのように扱うかが難しいので、採用を見送る企業が少なくなかったのです。

けれども、今は年功序列が崩れたため、35歳以上でも前途が有望であれば積極的に採用するところが多くなりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美月
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gat5l5dcliai9a/index1_0.rdf