平成20年の運勢 

2008年01月31日(木) 0時33分
平成20年の星別の運勢をまとめました。
2月4日(立春)〜H21年2月3日(節分)までの一年間の基本的な運勢です。
尚、37歳以下で独身の人は月命の影響も受けますので御注意下さい。
自分がどの星かが解らない人は左のリンクより今月の運勢のページで
お調べ下さい。

<平成20年の運勢>

本年は戊子一白水星の歳です。
「戊」(つちのえ)は土の陽であり、茂、鉞の意味です。草木が生い茂り、
容易に進めない様子や鉞(まさかり)を手にして戦う様子を現します。
異変・猛気の意もあります。
「子」は水の陽で、陰の大極であるとともに、孕を意味し陽気がまさに
育とうとする様を現します。芽生えた新しい命が育ち養われて妊養
されている状態です。
「一白水星」は字の通り水性です。水は天から雨となって、または山上の
一適から小川となり、やがて大河として海に注ぎます。刻々苦労変転する
のが水であり、またどのような器にも納まる順応性も水の性と言えます。
これらの事から本年を考えますと、水を得て草木が生い茂り混迷の度が
増す中で、変化や交替、新しい流れが芽吹く年と考えられます。いずれに
しても土と水は相剋する力ですから、様々な混乱と衝突(争い)が避けられ
ない年となりそうです。

(一白水星)

本年は一白水星の年ですから、一白は中宮にあります。中宮は前半は
締め括りの時であり、後半は新たな始まりの時とお考え下さい。その意味では
節目に当たる年であると言えそうです。昨年に身辺を上手く整理し、目標や
生活の基盤が整っている人はそれを更に発展し、充実する方向で進むと良い
でしょう。反対にまだ明確な目標や生活のリズムをつかめていない人は色々な
変化や迷いが生じるかもしれません。焦る事無くじっくりと腰を据えて、冷静に
判断する事が望ましい姿勢です。私達は毎日淡々と過ごしていても天地の気を
受けて日々変化しているものです。ですから大きく方向が変化する際には余程の
慎重さや冷静な判断が求められます。この事を常に頭の片隅に止め、一年を
過ごす事が一白の人の本年であるように思います。

(二黒土星)

本年は乾宮に廻座します。定位が坤(地)である二黒が天である乾に入る形と
なります。二黒土星の人は元々人の頭に立たず、縁の下の力持ちとしてまたは
リーダーの右腕となりその才を発揮できるのですが、乾の天、君主の気を受けて
その本分を失い先頭に立って事を成そうとすると折角の盛運も空回りする事に
ります。自らの立場をよく知り、乾の「気」を受けて進む時初めて乾坤即ち天地の
気が融合して強運を導くでしょう。現実的には謙虚、質素を恒として、二黒の特性
であるコツコツと地道に努力する姿勢を保つ事です。

(三碧木星)

本年は兌宮に廻座します。兌は慶びであり、結実を現します。また西方である事
から浄土の意味も持ち、御先祖様との関わりが深まる時でもあるとされています。
三碧木星は最も活動的な性状を持っていますが、ここでは落ち着いて今迄の努力の
成果を収穫しなければなりません。それができて初めて慶びとなり、また楽しい事に
興じれる状態となるわけです。異性関係に動きが生じる時でもあります。但し、すぐに
結婚に結び付くのではなく、あくまでも恋愛とお考え下さい。既婚者は異性関係による
トラブルに気を付ける必要があります。御先祖様の供養、お墓参りを心掛けましょう。
定位対冲に当たりますので、思わぬ落とし穴に注意が必要です。

(四緑木星)

本年は艮宮に廻座します。艮は丑寅の方位であり、俗に言う鬼門に当たります。
変化や改革を示すところですが、実際には旧態を守った方が良いとお考え下さい。
自らの力では止める事ができない変化は止むを得ないとしても、自分から進んで
変化しようとする時ではありません。物事には全てそれに応じた進め方があります。
その順を破り、性急に事を進めようとすると、そこに歪が生じ頓挫を招く事になります。
特に今年は一歩一歩、一つの位置を得る毎に堅く之を踏みしめる堅実さが必要です。
軽率な行いは身を破ります。また、艮には家族の意味もあります。家庭を重んじる
心掛けを保って下さい。

(五黄土星)

本年は離宮に廻座します。離は火であり南であり午であり今年の十二支である
子の対冲に当たります。之を歳破と呼びます。従って本来火のエネルギーを得て
勢いを増すはずの五黄が冲の影響で凶意を帯びてしまうようです。離の性状は
字の如く離別であり、その火の性状から陰に潜んでいたものが明るみに出現する
傾向を生じます。纏めると、怪我や病気、事故といったものに十分な注意が必要で
あると共に隠れていた不都合や秘密にしていた事が表面化して困惑する事態が
起りやすいようです。また、人や物と別れなければならない状態になりやすい
可能性もあります。反面、気が付いていなかった自分の才能に目覚めたり、密かに
努力していた事が世の中に認められると言った事も生じますし、失くしていた物を
突然見つける場合もあります。

(六白金星)

本年は坎宮に廻座します。坎は水であり、凹みであり、今年の十二支である
子の位置です。之を太歳神と呼び力が与えられるのですが、午の位置にある
五黄の対冲にあるため暗剣殺となり非常に強い凶意に晒されます。元々坎宮は
衰極と呼ばれる最も「気」の低迷する位置ですから、「弱り目に祟り目」といった
年になりそうです。最も大切な事は新しい事を決して始めない事です。今迄継続
してきた事に対しては然程恐がる必要はありません。普段通り淡々と日々を過ごし、
今年一年を無難に過ごす事ができれば何の問題もありません。また、対人関係に
おいては誹謗や中傷を受けやすいようです。暗剣殺は字の通り、暗闇で剣難に
遭うと言う凶殺ですから、自ら失敗をして困難に陥るのではなく、他から「害」を受け
やすい傾向があり、当然怪我や事故にも注意が必要となります。現代では心に
受ける傷も大きな影響を及ぼしますので、予め人間関係の難しさを覚悟し、気持ちを
強く保つ心掛けと自分を理解し、心を支えてくれる友を得ておく事が必要かもしれません。

(七赤金星)

本年は坤宮に廻座します。坤は地(土)であり、妻であり、盛運期の入り口です。
昨年衰が極まった運気が少しずつ上昇に転じます。特に金星にとってはその
「気」の元となる土星の位置ですから比較的早く良い流れを掴む事ができそうです。
ここで十分に気を付けなければならないのは、坤はあくまでも縁の下の力持ちで
あり、リーダーの右腕となり補佐する役割を意味すると言う事です。ですから、
いくら運気の流れに乗っているからと感じても先頭に立って突き進むべきでは
ありません。何か事を起こそうと考えているのであれば、まず綿密な計画を立てて、
しかる後好機を得て実行に移すべきです。坤にはコツコツと地道な努力を積み
重ねると言った意味も持っている事を覚えておきましょう。

(八白土星)

本年は震宮に廻座します。震は弦が震えながらグングンと伸び行く様ですから、
最も活動的な位置と言えます。昨年は坤にありながら暗剣殺の影響で思うように
進展しなかった人が多いと思いますが、今年は思い存分動いて良い結果を得ます。
特にこの位置は新規事を起こすと言う意味を持ちますので、考えている事がある
人にとっては逃してはならない好機の年と言えそうです。月命い問題がなければ
巽方(辰・巳)の吉方を上手く利用し成功を得るでしょう。飲食を節して、口舌、争いを
慎んで更に運気の上昇を得ます。

(九紫火星)

本年は巽宮に廻座します。巽は木であり、整であり、信であり、遠(長)を意味します。
木が燃えて火を生ずる如く、木気は火気を養いますので更に運気が好転するでしょう。
問題や困難、病等を抱えている人は状況や体調が整い、良い方向に向かいやすいです
し、独身で結婚を望む人は、縁談が生じて人生の基盤が整うでしょう。しかし、これらの
吉意は全て「信」を大切にしていて初めて生じるもので、周囲や社会からの信用や信頼を
得る事をまず念頭に置かなければなりません。昨年震宮に在って、活発に動いた中で
得た人脈に更に信用を広める事が今年を最大の好機とする方法であるように思います。
また、遠方からの便りや訪問が好転の切欠となる場合もあるようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、皆様の今年の運勢はいかがでしたか?
解り難いところや気になる事がありましたら、メールでご質問して下さい。

悩んでおられる方。苦しんでる方。迷っている方。
真面目に自分の人生を考えている方ならご相談を受け付けます。
(忙しいので冷やかしはご勘弁下さい)

どの星の方でも、心掛けと言動で充実した良い年となります。

あなたの一年が輝きに満ちた一年となりますように・・・

                                     臥龍閣奈良   森 法龍

12月の運勢 

2007年12月06日(木) 20時27分
HPの今月の運勢のページを更新しました。
12月7日〜平成20年1月5日の運勢となります。
左のリンク「正気流による今月の運勢」からご覧いただけます。

臥龍閣奈良(癒しサークル)も順調に会員が増えてきました。
スタッフも充実!それぞれ、特徴をもっていてきっと皆様の
よい相談相手に育ってくれると思います。

本年も残すところ一ヶ月たらずです。
今年を振り返りつつ、来年の目標に想いをはせるのも
良いかもしれませんね


更新してます&気を補う 

2007年09月10日(月) 15時28分
『今月の運勢』9月分・・・更新してます。
リンクの一番上、「正気流神気学による今月の運勢」よりどうぞ。

運命鑑定や性格判断、お身体の相談や整体・・・私の仕事はやたらと「気」を
消費します。神経は図太い方なので磨り減らないのですが、放っておくと
「気」が枯渇して、電池の切れた玩具のようになってしまいます。
この所(臥龍閣奈良を立ち上げてから)やたらと御相談やお話しを聴く機会、
整体をする機会が増え、その分「気」もドンドン必要になっています。

このような仕事を持つ人は何箇所かは「気」を補う場所を持っている?ようです。
私も毎月決まった日の夜にお寺にお参りして「気」を頂いているのですが、
どうも最近それだけでは足りないような気がして・・・。

そこで、本当に久し振りに(近くを通る事はありましたが)お参りとしては
ホントに十数ヶ月ぶりに昨日「ある場所」に行ってきました。
若い頃には毎月、父や父の知り合いの人達と毎月夜中にお参りして、
「気」を充実させていた場所です。ありがたい事にそこは今でも当時と
変わりなく、神聖な空気と清らかな水を保ってくれています。

約1時間ほど御縁のある方々の安泰を祈りつつ、十分に「気」を補う事が
できました。といっても土曜日の私と今日の私と何処がどう変わったという
ものではありませんが・・・・^^

「気」は気持ちの気、やる気の気、その気の気、根気の気・・・
眼には見えませんがとても大切なものだと思います。
皆様も自分なりの「気」の補い方を見つけてみてはいかがでしょう?
もし、さっぱり判らない???でも、そんな場所が欲しいと思われる
ようでしたら、どうぞ御相談下さい。探しすのをお手伝い致します。

お知らせ遅れてごめんなさい&「本」 

2007年08月17日(金) 10時43分
暑い日が続いています。皆様夏バテにご用心くださいね。

8月の「今月の運勢」更新できてます。お知らせが遅くなって申し訳ございません。

お盆も終わりですね。皆様はどのように過ごされたのでしょう。私?私はお店開けてましたから、ほとんどいつも通りでした。お墓参りと実家の仏壇には掌を合わせには行きましたよ^^御先祖様との「縁」を思い出す時ですからね。で、その御先祖様の誘導があったのかどうかは定かではありませんが、ある「本」との出会いがありました。

随分前に友人の勧めで「生きがいの創造」って本を読みました。ハッキリ言って衝撃的でした。それまで私の中でぼんやりと、まだ十分に形(固体)になっていなかった想いをキュッと固めてくれたのがこの本です。この時は「占い」を始めていましたので、理論的な「気」の動きを考える「気学」や「四柱推名」となんだか理屈では割り切れない世界との両立がなかなか上手くいかず、居心地が悪い状態だったのです。それがこの本との出会いによって楽になったように思います。後者にも理論的な説明がある程度できる。それが宗教的な事ではなく、「生きる根源」に関わる、言い換えれば「今与えられた生をどう生きるか?」という視点で説明されている所が良かったのです。今、これを書きながら、「気学」「四柱推命」はエネルギーの流れを読み解くもの、「易」は自分の魂に「これでいいのか?」「予定通りか?」と確認する方法なのかなって思いました。(なんのこっちゃ?と思われた方で気になる人は是非、読んで見て下さい)
ある日の夜、娘と数人で食事に行った帰りに立ち寄った書店で、その「生きがいの創造」の「・・・U」を偶然手にとったのです。最初は「U」だとは気付かずに「懐かしいなぁ〜」ってパラパラとページをめくり、「はじめに」を読んで違う事に気が付きました。最近は時間と根気が無くて、本を買う気にならずにここ数ヶ月全く買ってなかったのですが、今回は別でした。「読まなくちゃ」って自然に感じて会計所に向かっていたのです。
結構ページ数のある本ですが、読み始めると案外早く読めました。(会話になってる箇所が結構多いので^^)買って帰った夜は夜中まで閉じる事ができずに3時頃まで・・・次の日の午前中には読み終わっていました。内容を書いてしまうとこれから読もうとしている人の楽しみを奪いかねないので控えますが、何となくですが自信が出ました。形や力は全然違いますが「今、私が過ごしている毎日は間違っていない」って思えるようになりました。

興味がある人は是非、「生きがいの創造」からお読みになることをお勧めします。その後で「・・・U」を読んで下さい。そして、読まれた方は感想をコメントに書いて頂くとありがたいです。面白いって感じた方は一緒に「生きがい談義」を致しましょう。楽になったって感じた方は「悩み、苦しんでいる人」にこの本を教えてあげて下さい。そして、何時でも結構です、一緒に私の店を訪ねて下さい。半信半疑で釈然としない方も頭の片隅でいいですから、この本の存在を覚えておいて下さい。そして、できましたら売らずに本棚の奥でいいですから残しておいて下さい。

珍しく長文を書いてしまいました。お盆が終わると本格的に秋に向かうはずなんですが、どうなんでしょ?今朝も北極の氷の減少が・・・ってTVが流してましたし、地球のリズムが乱れてきているのも、、、
暑さに負けずに、気持ちをシッカリと前進しましょう。(休養も大切ですよ)

7月の運勢 書きあがりました 

2007年07月06日(金) 14時17分
今月は何とか間に合いました

7月の節入りは7日の小暑です。
暦の上では(実際も)夏本番ってところですね。
「小」があるのですから「大」もあります。
7月23日が「大暑」、この日から8月8日「立秋」の前日までが
夏が極まる節であり、夏の土用にも重なります。

   ※夏の土用は入りが20日で明けが8月7日です。

ですから、7月の運勢は7日(明日)〜8月7日までとなります。

今月は特に・・・・・(要注意の星)

二黒土星の人〜疲れやすいです。
          食欲を落とさないように、腹八分目がいいですよ。

六白金星の人〜ストレスが急増しそうです。
          何でもかんでも背負い込むと良くないかも。

九紫火星の人〜家庭内に不和が生じやすいようです。
          家族の意見もしっかり聞きましょう。
          あなたの優柔不断や独断が原因の可能性「大」です。

この他の星の方も含めて、詳細は左←のリンクからご覧頂けます。

   ※「私の星って?」と言う方も今月の運勢のページで調べて頂けます。
    1月1日〜2月3日生まれの方は前年の星となりますので、御注意ください。

さあ、いよいよ夏ですね。
お一人お一人、ご自身の体調に応じて「活動的」になりましょう。

「気」は動より生ず。動いて初めて、自らの「気」も活性するのです。
    

          

すいませ〜ん 

2007年06月13日(水) 0時12分
6月の運勢・・・更新のお知らせが遅くなってしまいました。
←のリンクから見て頂けます。

占い&癒しサークル「臥龍閣奈良」も順調です。
会員様専用のblog、掲示板も充実してきました。
ご希望の方は是非、ご入会下さいm(__)m

では、今月も皆様にとって、良い月でありますように・・・

4月の運勢 

2007年04月13日(金) 10時53分
正気流神気学による今月(4月)の運勢を更新しました。
                       (遅くなってごめんなさい)

左のリンクの一番上をクリックするとお読み頂けます。

ようやく 

2007年04月13日(金) 9時31分
皆様〜お待たせ致しましたm(__)m

ようやく臥龍閣奈良が始動します。

で?それ何?

運勢判断や悩みのカウンセリングで知り合った方々からのご提案で、
会員制のサークルができたのです。
それが「臥龍閣奈良」です。

臥龍閣奈良にご入会頂きますと、
運勢鑑定やら相性診断、その他カウンセリングがFreeとなります。


<私の思い>
「鑑定料のことを考えて判断したくない。」
「たくさんの人の悩みの解決のお手伝いをしたい」
「お客様同志の交流ができれば、きっと楽しい」など・・・

            <お客様の声>
            「相談したいけど費用が心配。」
            「些細なことでも、気軽に相談したい」
            「無料での相談は気を使う」
            「占いだけじゃなく、悩みを相談したい」など・・・

更に会員特典が・・・

   @整体を特別価格で致します。
   A開運アイテムも会員価格で・・・
   B月に一回の予定で相談会&交流会&だらだらおしゃべり会を開催
     勿論、参加は無料です。(整体も可能です)
   C会員専用のHPを作りました。
     掲示板を情報交換や交流にお使い下さい。
     色々な情報もUPする予定です。


入会方法は?

         お名前・ご住所・生年月日・電話番号(携帯可)・
         メールアドレス(携帯&パソ)をお送り下さい。
         ご指定のメールで郵便振込み口座をお知らせ
         します。お振込み確認後、会員専用HPのアド
         レスをお伝えします。


       皆様のご入会を心よりお待ちしております。        
         
         詳細は左のリンク「臥龍閣奈良」をご参照下さい。m(__)m   
   


今日のご相談 

2007年03月09日(金) 23時53分
今日はハードなお客様が来店。
過去に色々あったらしく、心のバランスを失っている。
肌は荒れて、少しくすみが・・・長い間強い薬を飲んでいるらしい。
生年月日を見ると、やや偏った性格ではあるもののとりわけ変わって
いる訳でもない。やっぱり家庭環境から生じる歪と、正しいアドバイスを
する人に恵まれなかったのが原因か・・・

何とかしてあげたい・・・と思う。
しかし、それもこれも本人の気持ち次第だ。 薬で何とかなるなるものでもない。
かと言って、良くなろうと言う気持ちを持続するのが 難しいのがこの類の症状だ。

一言一言を慎重に選びながら、辛抱強く。
ポツリポツリと漏れ出る言葉に耳を傾けての3時間。 一回目のお話しを終了した。

心の底からの笑顔を見たい。 涙を流さずに昔の話しをさせてあげたい。

<易占>
この方の状態を御来店前に易にて判断しました。

 「火 山 旅  上爻」
   旅の途中の孤独、不安、苦労、不安定を意味します。
   友人、恋人、家族などを遠くに感じ、淋しい思いをする時。
   旅の目的を忘れ、または失い、途方に暮れている状態です。

 私の判断
   毎日の生活の中で、目指すべき目標を失っているのでしょう。
   誰しも目標なんて明確にイメージをして過ごしているのでは
   ないのですが、それでも話しをしていると色々と望みがある
   ものです。この人にはそれがないのだと思います。
   旅というよりは彷徨っている感じです。不安、孤独、淋しさを
   感じるのも当然です。
   旅の終着は帰宅または定住です。この人の場合は家庭に
   大きな負担があるようですから、むしろ今の家ではない所に
   定住するのが善い旅の終着となるような気がします。
   しかし、その為にはキッチリとこの旅の目的を思い出した上で
   決着しなければなりません。または定住先での目的を明確に
   しなければなりません。この場合、旅はこの人の人生ではなく
   自分の安心して日々を過ごす場所を見つける、またはそれが
   できる自分自身を見つけるプロセスであるように感じます。 
 

三月六日から 

2007年03月07日(水) 1時02分
月日が流れるのは早いものです。
三月六日は啓蟄・・・いよいよ春に向けて季節が大きく動きます。

三月の運勢をホームページの「正気流運命鑑定」のページに書いております。
興味のある方はどうぞ覗いて見て下さい。
       ↓ ↓ ↓
    http://www.imj.ne.jp/mori-kan/fortune-telling.html

ついでにと言ってはなんですが(^^ゞ HPの他のページも見て下さいね。

今月も皆様にとって発展のある充実した良き月となりますように。
P R
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ご相談メール

TITLE


MESSAGE

コメントありがとう
アイコン画像☆アニー☆
» 4月の運勢 (2007年05月04日)
アイコン画像法龍
» ようやく (2007年04月18日)
アイコン画像紗螺かねあき
» ようやく (2007年04月18日)
アイコン画像法龍
» 今日のご相談 (2007年03月11日)
アイコン画像紗螺かねあき
» 今日のご相談 (2007年03月11日)
アイコン画像法龍
» 三月六日から (2007年03月08日)
アイコン画像
» 三月六日から (2007年03月07日)
アイコン画像法龍
» リブリーアイランドとリンク! (2007年03月02日)
アイコン画像
» リブリーアイランドとリンク! (2007年03月02日)
アイコン画像法龍
» リブリーアイランドとリンク! (2007年03月02日)
Yapme!一覧
読者になる