[初]複雑なバレンタイン[小説] 

February 06 [Sun], 2011, 12:58
 
 
久しぶりの投稿かな。
まぁ、忘れてただk((←
 
あー、昨日からなんも食べてないから
腹の虫がうごめいてる。
まぁ、それはさておき...
 
 
 
 
 
 
 
 
 
-複雑なバレンタイン-
 
 
高校1年のうちは自意識過剰
なとこがたくさんある。
でもさすがにこれはおかしいな
と、思うことが。
 
普通、告られてふったら
その人と縁を切ると思います。
「あ、あいつや。離れよ」
みたいな…ちょっと悲しいけど。
 
でも、ふったのに妙に優しい
っていうか、側にいてくれる感じ
がするんです。まぁ、自分が
思ってるだけかもしれんけどね。
 
よく好きな人が夢に出てきたら
両思いって聞きます。
ここ3日ほどそれが続いてる。
 
ふられたから、素の気持ちを
心の隅に閉じ込めて。
もう何も思わんとこう。
新しい恋を探そう。
と思ったのに。
 
まだその人を好きな自分がいる。
まだその人を見ている自分がいる。
 
 
気が付けばもうすぐ
バレンタインだ。
女の子達が気持ちを込めて
好きな子や、恋人、友達などに
送るために頑張ってチョコを
作っているころだろう。
もちろん私もその1人だ。
 
今年は二十個作る予定。
友達、部活の先輩に渡すからね。
んでさっきできたから
袋詰めしてできたところ。
 
18..19..20.......21。
21?なんでだろう。
自分でもわかってたけど、
そうじゃないって自分に
言い聞かせた。
 
 
 
 
 
だれかこの閉ざして
しまったを救ってくれ
 
 
 
 
 
 
-END-
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分の体験をいかし、
初めて小説つくった!!
小説っていうんかな...
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:GARURU
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる