オータムバラエティ 

2005年11月03日(木) 0時08分
キヨズキッチンは渋谷東急常設と
松屋銀座の催事とでしか存じませんが
いかにも身体によさそうなメニューが揃ってましたよね確か。
豆腐のドライカレー、好きでした。

で、そこの「からだキレイごはん」がネタ元のおやつ。

なのですが。

正式レシピにあるレモンスライスとか
レーズンとか細かいのを用意するのも面倒だったため
適当なサイズに切った紅玉→かぼちゃ→さつまいも(水にはさらす)
厚手の鍋にこの順番で重ねて蓋をして
弱火でとろとろ煮た、だけですませています。

ただ単に手抜きです。



んが、これがなかなか侮れない。
りんごは個人的に酸味の強いのが好きなので
いつもこればっかり買ってそのまま食しているのが常なのですが
(先日までは茜。今日から紅玉)
何もしなくてもこれが嘘みたいに甘くなる。
勿論かぼちゃとさつまいもは言うに及ばず。

メイプルシロップとかアイスを足すと更に幸せなのでしょうが
そんなんなくても充分おいしくいただけるので
ここのところ切らさず作っております。
子供はもちろん大喜び。

砂糖も使ってないし、ということでおかわりもし放題。
びっくりするくらいよく食べます・・・。

ゆり根のモンブラン@壷屋総本店 

2005年10月29日(土) 22時33分


珍しいなと思って買って帰ってきたもの。
大丸札幌限定らしいです。

ちょうど去年の今頃スタートでしたが
子供のアレルギーに合わせて
完全除去生活をしなければならなくなったことがあるため
乳製品と卵の入っていないおやつを探すのが癖になりました。
原材料チェックはもうほとんど習性です。

ちなみにこれの原材料は
「百合根・白隠元・砂糖・大和芋・かぼちゃ・黒豆」。
和菓子ですね。クリア。


パッケージはこんな感じ。210円。


やわらかい甘さの百合根クリーム?と
ほっこりした黄色い土台の取り合わせが面白かったです。
子供もぱくぱく食べてました。
(ちょっと薬っぽい感じがしたのは百合根のせいか)


ところで
壷屋ときたら個人的にはもう絶対き花なのですが
通常商品よりもB・Bバージョンの方が好きだったりします。
ミニサイズで食べやすいからなのですが。

内地へのおみやげに使ってるのはそういや最近
これか三方六ばっかりだなあ。
(おいしいのは知ってるけど、マルセイとかロイズを外してしまう・・・)


壷屋総本店

肉まんをつくる 

2005年10月29日(土) 21時59分
雪虫もそうでない羽虫もぶんぶん飛び回る今日この頃。
(あまりの大量発生っぷりに風情も何もあったもんじゃありません)


こちらはもうすっかり寒くなりました。
たいてい恋しくなるのは鍋ものと煮込みものなのですが
先日テレビでやっていたふかふか特集を見て
中華まんじゅうがどうしても頭から離れず。

ほんとは他のものを作るつもりでいたのですが
本日は何を言ってもイヤイヤ星人(←こども1歳9ヶ月)に嫌気がさしたので
つやつやになるまで生地をこねてストレス解消しようかと。

レシピはウー・ウェンの北京小麦粉料理を使用。
この本、眺めるばっかりで満足してしまい
あんまり活用してないけど大好きなのです。

室温が低いので発酵に時間がかかったものの
2次発酵を終えて蒸し器に入れて15分。
タイマーが鳴るのと同時に蓋を開けたらこんなかんじになってました。



シロウトづくりなので形はどうにも駄目な感じでしたが
二つに割ったら中からたっぷりの肉汁がじんわりと。
黒酢をだばだばつけて食べました。
野菜ときのこたっぷりの中華スープもつけて、簡単夕ごはん。
幸せだー。←自己満足

肉まんが8個出来るレシピだったので
これでもかとにくにく詰めてみたのですが
昨日煮たあずきを使って半分あんまんにすればよかったかも。
(ちょっと厭きた)


包み方がいまひとつよく判らなくて
ただ単に餃子のようになってしまったので
次回はそこらへんと具の片寄りに気をつけたいと思います。

Le グランフロマージュ@六花亭 

2005年10月14日(金) 22時31分
POPに書かれていた「札幌初登場」という言葉に釣られて
つい手が出てしまいました。
ロビンソンB2にて購入。20周年創業祭の期間限定らしいです。
ここでは10/18までの販売。



以下、六花亭のメルマガ(季節だより)、今年の7月記事から引用。

>帯広地区で人気のチーズロールケーキ『Le フロマージュ』。
>そのビッグサイズ(約5倍)が本日より釧路地区で登場しました。
>スポンジの粉を最小限に押さえ、
>その分クリームチーズをたっぷり使っているので
>驚くほどのしっとり感をお楽しみいただけます。週末のみの販売です。
>おひとつ 800円。
>【取り扱い店】春採店、鶴見橋店、ポスフール釧路、イオン釧路店

 (↑遠いなあ、と言うことしか判りません・・・最初のは読めないし)
 

一見すると定番販売のロールケーキ風ですが
切り身(この表現もなあ・・・)はずっしり重めです。
が、口当たりはしっとりふんわり。スフレみたい。

個人的には「酸味の強いもの」が割と好みなので
がつんと強さを求めるつもりであれば醍醐に軍配ですが(←大好きです)
やさしいのが欲しいなという気分の時に
これがいつでも買えたらいいな、と思います。



あと、ロールだといろいろこわいので(笑)
定番と同じくカットでも販売して欲しいなあ、と思ったり。


六花亭

迷ったのですが 

2005年10月07日(金) 14時04分
再開してみようかと思い立ちました。



放置したまますっかり秋になってしまいました。

いろいろとございまして
現在わたくし、再度北の住人となっております。

銀座のランチタイムが懐かしい・・・。
(退職したのでもう戻れません)
現在はぷー太郎であること、
かつ言うこときかない幼児1匹連れ(何を言っても「いやー」と返される最近)なので
外食巡りはしばらく無理そうです。


んでも、こっちは何しろんまいものがたくさんあります。
そしらぬふりで普通に売っているのにおいしくてびっくり、とか
そういう感じのもの。


そういうのを記録していけばいいかなーと。


ということで。

月日は流れる 

2005年06月17日(金) 12時02分
あら。
スワンベーカリー銀座がもう7周年ですか。


えーと、何年この会社にいるんだっけ…?

と思わず我が身を振り返ってしまう昼休み。


銀座ラフィナートなんて小洒落たところで
元は京橋会館だったくせにっ

と思ってしまう自分は
もう結構いい年でございます。ハイ。


(あ。ごめんなさい。食べ物のエントリじゃありません)




生きてます。

ちょっと食事制限してました。
夏に向けて。
その甲斐あってか、BMI値もやっと18台に。

戻ってきたぞ!
(2年近くかかったけどな)


産後の着ぐるみがやっと脱げました。
重かった…。です。

・・・ 

2005年05月12日(木) 13時33分
無事に戻ってきて仕事してます。が

ついに子供の夜泣きが始まって
毎晩夜中に2〜3時間起きつつ同じ絵本を10ぺんくらい読まされたり
必死に掻きむしってるのを止めつつさすりつづけたりな毎日です。
あと、ちょっと身辺がごたごた。

いないいないばあ絵本(松谷みよ子)3冊セットは
もう既にそらで読めるようになってしまいました。
っつか、夢にも出ます。もういいです。

そんな感じでごきげんよう(いえ戻ってきますけど)。

円山をうろうろ 

2005年05月02日(月) 23時06分
雪がない=身軽に動ける、ことが判って
いてもたってもいられなくなったため
勝手知ったる(たぶん)駅に戻ってわしわしとお買い物。


まず、地蔵商店のパン。
今自分の中でものすごくベーグルが熱いので
久しぶりにここのを食べたかったのですが
行った時間が早すぎた。
ので、オリーブの入ったハード系のパンと
久しぶりのダッチ(角切りチーズとベーコンがごろごろ入ってる)を。
焼き立てらしく表面はまだぱりぱり、中はふんわり。

こちらは天然酵母と道産小麦のパン、なのかな。
みっちり中身の詰まった味わい深いパンです。好きなのです。

たくさんの自然食品に雑貨なんかも置いてあるお店で
奥のほうにはコーヒーとイートインのスペースもあるのですが
縁台みたいな椅子なので(子連れには厳しい・・・)
未だここのコーヒーを試せたことがありません。
(夏のかき氷も食べてみたかった)


続いて今野もち店の豆大福。
と草とごまと豆餅も買ってきてしまいました。
やっぱりここのが一番好きです。黒豆の豆大福も久しぶり。
相変わらずどっしりおいしいです。一個でこんなに甘かったんだっけ。

モニクのケーキも買いたかったのですが
確か週の前半はお休みだったよなあと思い
シュネムへとルートを変更。
木いちごのシホンパイとさくらのシホンケーキを購入。
シホン以外のケーキ類も気になる、試してみたいと思いながら
結局後回しにして転居しちまって後悔していたもの。
ふわんふわんのムースがたっぷり入ったシホンパイは
もんのすごく好みでした。おいしいわ。
さくらのシホンは小豆と桜の葉入り。いい香りでした。


円山べーカリーとブルクと和菓子ふじと米屋とル・シュクレはまた次回っ。
(いつになることやら)

べっこうもちとべこ餅 

2005年05月02日(月) 22時48分
柳月はべっこうもち、六花亭はべこ餅。
名前の違いは鼈甲説とべこ(牛)説との違いなのでしょうか。
そういや千秋庵はべっ甲餅でした。もりもとはべこ餅。
他にもバリエーションがありそうです。同じ餅なのに謎。


よねやと草太郎のはさんざんいただいたのですが(どっちも好きです)
去年食べられなかったこの2店のべこ餅を買いました。

べこ餅に出会ってまだ一年経っていませんが(笑)
白黒まざった色と味、更にくにくにした食感がすごく気に入ったので
なんだかたくさん食べています。
(帰京の際、べこ餅ミックスを買って帰ってしまったくらい大好きになりました)

思っていたより油でてらてらな感じがしましたが
1日置いてもまだふわふわ。
ほんのりした甘さがいい感じです。


札幌では柏餅とべこ餅がこどもの日の定番なのですね?
(柏の代わりにべこだと思っていたのですが、両方売っていたのでそう認識)

羽田発 黒いなり(@日本ばし大増) 

2005年05月02日(月) 21時53分
さて。
勝手に大型連休を演出し、一時帰宅しております。
(机、なくなってないことを祈りつつ。)


とりあえず細かいことは考えないようにして、食べたものをいつものように記録。


前回は東京土産として万世のかつサンドを連れて行ったのですが
今回は羽田の搭乗ゲートを抜けてからじゃないと買えないらしい、ものを選択。

空港弁当を空弁と名づけてはやらせたのはここらへんなのかな。
みちこさんにお届けされる鯖はもういいや、と思ったので
違うものを選んでみました。

写真がリサイズできないため後で上げますが
稲荷寿司なのに箱をあけたらモノトーンの世界でした。
きくらげ&ひじき、きんぴら&黒ごま、黒豆入りの3種類。
付けあわせに黒たくあんと黒豆の薄衣揚げという
まーっくーろくーろすーけ出ーておーいでー的な弁当。 (なんだそりゃ)

日本ばし大増製。
合成着色料は一切使用しておりません、とのこと。

リーフレットによると

●黒いなり 炭●

炭はその天然ミネラル成分により、料理に利用すると
素材のうまみを引き出すとともに
美容と健康によいといわれています。
食用備長炭を使用した味わい深いいなり寿司です。


だそうです。

見た目はあれですけど普通に食べられる甘いいなりでした。
(当然ながら半分は奪う。何のための土産なんだか)
軽めのごはんにはよさげです。ちょっと少なめ。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
MyblogList
http://yaplog.jp/garter/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:garter
読者になる
Yapme!一覧
読者になる