冬眠と病院の夢を見てたら・・・葬儀屋さんの勧誘キタ〜(笑)

April 17 [Tue], 2018, 6:00
月曜の午前、二度寝してる間に
夢を見ました・・・・。

夢の話の前に。
あおむけで寝ていると、2ワンがやってきて・・・。
左で、チワワのedenちゃんを腕枕。
顔だけちょこんと乗せててかわいい

すると右側に、珍しく!ジャックラッセルのramiちゃんが〜〜!
勝手に腕枕、にやってきました。

edenみたいに顔だけ乗せるのではなく、
前足のひじ関節?からのしかかってるというか、
ほぼ上半身だねっ!!
重たい〜〜(笑)
でも、ramiちゃんは、私にあんまりくっつく子じゃないんで、うれしいー!!
ああ両手にわんこ腕枕とか至福!!!

↓これは今とった画像




ろくたんは子供の部屋に行ってる模様。
さっきまで私の足元のわんこベッドで寝てたんだけどな??


・・・って。
犬は、私の部屋と子供の部屋と、行ったりきたりを夜中に何度も繰り返すので・・・
その行き来で、
「前を通るな!」「そばに来るな!」とチワワが怒ったりと・・・
騒がしかったり(;^_^A


さて、夢の話・・・(笑)

私が、自分の家設定となってる知らない建物のお部屋で現実と同じ3わんと
普通に時間をすごしていると・・・。
昔プレーリードッグを飼っていた時に使ってた、ガラスの大きな設備が
おいてあって・・・

そこから、白いアヒルが2羽でてきました。
1羽はぶらぶらそこらへんを歩いていて、
1羽を抱っこしてました。

「ああ〜かわいい!! アフラックみたい〜♪
・・・・だけど、私、アヒルなんて飼ってたっけ??
10~14歳の間に、アヒル飼いたい!と親を困らせたのは憶えてるけどね」
など考えて。


すると、誰かから言われたのか、自分で気付いたのか、
忘れたけれど、

「ああアヒルは冬眠してたんだ!」
と気付く私・・・。(いや、冬眠しないって・・・)

ガラスの設備の中には、下の方30センチほどが土で。
私はアヒルを冬眠させるため、土に埋めてたのを思い出しました。

んで、冬眠したらその前より調子も良く元気になっていて、
とても嬉しい! などと考えてると、
むかーし飼ってた白文鳥のうちのマリアちゃんも
別のケージの土の中からでてきました。

ああ!土に埋めるとみんな冬眠するんだ〜、などと考えたりしてて。

またいつものように家の戸締りちゃんとしないと!とか
敵性勢力と戦ったりあって〜(笑)(←いつもです)

すると、母が、
私から受け取った手紙(和紙)というものを持ってきて、
『あなたがこんなこと言ってきてる時になんだけど、』
(手紙には母へのキツイ指摘などかいてあった)
と言いながら
別のカラーのきれいなパンフレットらしきものを広げてきました。

「病院の説明をするわね」
パンフは、病院の設備紹介など書かれてました。

結構大きな病院です。

「見てほしいのはコレなの」
母は、外科医局の「図」がかかれたページをひらき、図を指さしました。

医局長のデスクの横に、床下収納のような床に真四角の扉が書いてあって
(1階じゃないのに・・・たしか4階だったと)
そこの扉から人間が5〜7人這い出してる絵が・・・(笑)

「ここから死人が這い出してくるみたいなのよね(笑)面白い病院ね(笑)」

医局の部屋にも徘徊してる死人を示す絵が(詳細な絵じゃなくて、標識程度の)。

病院のここから、死人が這い出してきてはいずり回ってる外科・・・

すると、ピンポンが鳴って ←現実。

いつも宅急便が来る時間なので、その音で目を覚ましてインターホンに出たら・・・

近所の葬儀屋の営業さんで、互助会に入りませんか?とのことでした・・・(つД`)
それ、「将来に備えて」ってことだよね(;´▽`A``

やだ〜病院の説明をするわね!とパンフを示され、
床からゾンビ這い出してくる夢をみてる最中に、
葬式屋さんがリアルで来るなんて〜〜
てなお話でしたm(_ _)m


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:森次みゅぞを
  • 趣味:
    ・長女:ろくたん-2006年12月生まれ
    ・次女:チビわん-2008年7月生まれ
    ・三女:らみれす-2011年5月生まれ
読者になる
ヨーキーとチワワとジャックラッセルテリアとの生活
飼い主は小学6年の時からゾンビが大好きになり、ゾンビが徘徊する緊張感あふれる世界を希望している。
script*KT*
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/garnet0-0/index1_0.rdf