[ハンガー・ゲーム](映画)

April 26 [Wed], 2017, 11:40


「ハンガー・ゲーム」
2012年公開。アメリカ。
アクション映画。
シリーズ化されてるけれど、今回見たのは1。
(2もちらっとみたけれど、途中でこんな感じかーまいいやー寝よを選択(つД`))

これまた「どんなストーリーか」全く知らずに見て・・・。
おもしろかった。


2008年発行の同名のヤングアダルト小説の映画化作品。
近未来アメリカでは、首都と周辺に13区のとりまき地域ができててー、
その区から、12~15歳の男女各1名ずつを選出して、
最後の1人になるまで、殺し合いさせる、という、
「中学生年齢の子が最後のひとりになるまで殺し合うスツォーリィ・・・
はて?どこかで?わが国で・・・」
な話。
(小説書いた人は、テレビのチャンネル変えてて、
あるチャンネルではリアリティ番組で出演者が競争してて、
別のチャンネルではイラク戦争で、という時にひらめいた話、って言ってるみたい☆)
主役のカットニス(女の子)を描く。


ま、そうそうえぐくなく、
日本人がメガホンとったらこんな風には描けないよね、
と、いい感じにおもしろかった。

「最後の1人になるまで殺し合わなくちゃならない要員として 選出される 
と、いう世の中であることの仕方なさ」は納得できるように描かれてたし。


でもま、近未来のある意味荒廃した世界、だからアレだけど、
個人的には子供に殺し合いをさせるという話もってきて
衝撃を与えて話題性をさらう、売れる♪
みたいな発想とモノづくりは嫌いです。
バトル○ワイアルも嫌いです。
殺人鬼やモンスターやクリーチャーが人を殺しまくるのとは
違いますから。
判断力のない子供に、選択の余地なくして、
殺し合いさせるシチュエーションで作品作ってお金をもうけるのは、ゲスいわよ。
『他に金になるすじがきおもいつけなかったのお〜〜?』って思ってしまう(つД`)


ま、そんなのはおいといて、
私は字幕でみたのだけど、
これ、吹き替え版って、声優陣が豪華ね〜〜。


ピータとゲイル、神谷さんと中村さんが
どの声で演じてるのか、めっちゃ気になる。

ただ主役のカットニスは、私が一度作品を見た印象では、
子供の、人に保護されて愛されて甘えて生きたい感情に、
鋼鉄のフタをして、自分の選択で、強く生きてるふうに感じたので、
この声優さんじゃ、甘くない?(これまでの少年役と強い女の子の役で出してた声で)
チラホラみえる脆さとかあったらやだなー、強いカットニスがいいなー
なーんて思ったり。

レンタルして吹き替えで見てみよう!楽しみっ

「誘拐の掟」(映画)

April 26 [Wed], 2017, 5:21

おうちで、みた映画作品の話。

4月22日(土曜日)

誘拐の掟』  原題: A Walk Among the Tombstones
リーアム・ニーソン主役。
2014年アメリカ。
クライムサスペンス。


妻を誘拐されて〜身代金も払ったのに、
こっぴどく殺されちゃった麻薬仲介人と関わることになってしまった、
元刑事で無免許探偵のマット・スカダーの話。
犯人は、女性を拷問して殺して遺体損壊するのが楽しいタイプ。
以前にも似たようなコロシがあったり。
どうも麻薬で大金を得ているヤツの身内女性がさらわれて
身代金要求されてるみたいだけど、それなんで?とか調べていく〜。


どんなストーリーか、
全く知らずにみて、おもしろかった。
映像が美しかったー。
特に、象徴的な風景入れたりとじゃ自然やらなんやら『美しく写してやったぞ!見ろよ!』みたいな
要素は全くないのに、
普通の場面ばっかりなのに、何故か美しかったー。
しかもこれ見よがしの
『おれさまの芸術性を見ろよ!』みたいなおしつけがましさもないのに、
なんか綺麗だった。←よい意味評価。

ことしはもう犬の湿疹がでた(TωT)

April 26 [Wed], 2017, 0:01

例年、5~6月、8月下旬、10月いっぱいと
このパターンで、
膿皮症由来の湿疹がカラダにできちゃう、
ジャックラッセルのラミレス。



ことしは、まだ4月なのに、もう湿疹ができてきちゃった。
4日ぐらい前あたりかなー?
4月22日ぐらいかな?

もう左側の太ももの内側に、茶色くたくさんブツブツが・・・
ボディの他にもあるようで、
かゆそうに口でカミカミしていて。。。

以前、私で加減してあげられるように、薬をたくさんいただいてたので、
それを飲ませたら、かゆみは落ち着いたみたい。


例年は、5月あたま、GW中に、
ひとつぶふたつぶ〜みたいな感じで湿疹を見つけて〜
みたいな感じなのに。

4月22日にあの状態ってことは、
もっと前からできてたってことだわ。

今年は早い!!!

とかって問題!? (笑)

話はかわって、
むかーしNHKでやってた、ジャックラッセルドラマ(←ん?そんな位置づけ!?(笑))
「夢見る小犬ウィッシュボーン」の
この画像↓

顔立ちと、模様の位置が
ラミ子にそっくり

ま・・・ウィッシュボーンは、耳が完璧ッに折れてるけれど(;´▽`A``

ほんとこの写真はよく似てる☆


----------------------------------------------------
仕事が超〜〜忙しいのと、
(あしたも21時まで残業ケッテイ)
子供の生活の変化でまだ振り回されてて〜(;^_^A
全然犬の写真撮ったり、
多肉の写真撮ったりできない。。。

多肉は春を迎えて、
ほんと綺麗になってるのに〜

ちと、自分の事以外で、
バタバタしすぎて、脳が割り振りを拒否するほどで(笑)
何のために生きてるのかわからなくなってきた感wあるので
三日前から、(家で)映画をちゃんと見よう!することにした。
ちゃんとみる、は、座って画面に向かって、
他のコトを処理しながら、ではなく話に集中する(笑)

ほんと、ゲーム(プレステ系)みたり、
大好きな海外ドラマみたりもろくにできず、
(他のこと1〜2こ、何かしながらor早送りしまくりで見てたよ・・・)
もう1年ぐらい経っちゃってるんじゃないかな?
くたびれた〜、学校も専門学校もこれで段取れた!と思ったら、
専門の方が専攻とは別のに特待生として行けることになって、
専門学校をふたつかけもち!?みたいな、もうわけわかりまへん。。。
そうなると私の日曜日は・・・ゆっくり眠れる休みでなくなるというわけか(;´▽`A``

チカ○についてのユニークな記事みつけた。

April 15 [Sat], 2017, 13:56
子供が電車通学するようになって、
気になるのがチカン。

電車を一回乗り換えるのだけど、
ひとつめの電車は、女性専用車両があるけれど、
ふたつめの電車は、ない。
そして、そのふたつめの電車で、「ちかん被害遭う当校生徒は多い」と、
入学前の説明会の時、
ナントカ指導のコワモテの先生が言ってた。
『毎月の学校での認知件数○件。
潜在してるのはもっと多いはず。
そして、たまに、チカンをとっつかまえて駅員につきだしてくる生徒もいます。』
とのこと。

そしてそのあと
「だから、スカート短くするな!
バカなチカンを、わざわざ発情させるな!」の話につながるのだけど・・・。


この話は後でリンク貼る記事内での考察と絡めて考えるとおもしろいものだった。
『短いスカートはいてるから悪い。
女性が刺激してるからチカンにあうんだ』、という理論ね。
果たしてそうなのか、という話が出てくる。




前置きが長くなったけれど、
こちらの記事。(リンク先は東洋経済オンライン)
痴漢犯罪の実態、「動機が性欲」は少数派だ

ほう?そういうものなのか?

↓引用
電車内で痴漢行為を目撃したら、あなたはどうするだろう?
(略)しかし、こう考える人もいるのだという。
「自分も、痴漢をやってみよう」


「同時に、多くの痴漢は自身の行為を正当化するために“痴漢神話”を作り出します。

(略)
その中で大きな課題となるのが、“認知の歪み”である。冒頭の例でいうと、
痴漢行為の被害女性が駅に着くと何事もなかったかのように友人と談笑しながら降りていくのを見て、
「女性はイヤじゃないんだ。むしろ喜んでいた!」と認識し、自身も痴漢行為を始める』


引用ここまで。

そして、ちかんをした機動力にセイヨクをあげる犯罪者は少数で、
多くが、職場でのストレス、家庭内でのストレスと孤独、をあげてるそうな。

上のリンク先には、
4ページぐらいにわたって、
更生プログラムに参加してるちかんから聞き取った話と易しい考察がかいてあるので、
ご興味があれば読んでみてくだされ。


他の記事
都内「痴漢被害」7割が電車や駅で起きている
リンク (同)

そしてこんな記事も。

「性犯罪加害者の妻」が離婚を選択しない理由⇒こちら(同)
引用⇒”加害者は家族にとってはよき夫、よき父であることが多いからです。“○○さえしなければ、いい夫なんです”というのは、参加されている妻の口から聞かれる定番のセリフです」”



こんな記事を見つけた。
「女性専用車両」、関東と関西でまったく違う」
こちらから(東洋経済オンライン)


私の実家の方では、女性専用車両は「終日」だ。
だけど、こちらは朝のほんの短い時間だけ。
さらに、件のチカンに会う生徒が多い方の路線の電車に女性専用車両がないのは、
理由は「朝はすごーく混むのに、女性専用車両作ったら、効率悪い」ってことらしぃよ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:森次みゅぞを
  • 趣味:
    ・長女:ろくたん-2006年12月生まれ
    ・次女:チビわん-2008年7月生まれ
    ・三女:らみれす-2011年5月生まれ
読者になる
ヨーキーとチワワとジャックラッセルテリアとの生活
飼い主は小学6年の時からゾンビが大好きになり、ゾンビが徘徊する緊張感あふれる世界を希望している。
script*KT*
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/garnet0-0/index1_0.rdf