北から

October 04 [Thu], 2012, 22:57
山形から木村屋さんの「ごま福」「出羽福」「栃栗大福」が届いた。
早速読んでいた新聞を大きく敷き、届いた物を取り出す。
脱毛 大阪○○の上に、どかどかとお菓子箱が積まれていく。
ごま福は、香ばしい黒ごまのとろとろタレが一杯詰まったおもち。
出羽福には、鶴岡白山のだだちゃ豆ペーストと
木村屋さん特製のカスタードクリームを
合わせた餡が入っている。
栃栗大福は、鶴岡でとれた天然の栃の実をお餅に練り込み、
きざみ栗が入ったこし餡を包んである。
どちらも、温かいお茶がより一層美味しくなる。
木村屋さんは、明治20年に山形県初のパン屋さんとして創業。
ん?って思った通り、銀座木村屋総本店で修行した初代さんが
暖簾分けを許されたのでお店の名前が「木村屋」さん。
創業以来、餡にこだわっているのだそうで、
確かに山形木村屋さんのお菓子は餡がユニークだ。
一緒に届いた山形丹野こんにゃく玉もコロコロとしていて微笑ましい。
いつもこの時期に北から届く「美味しいもの」に家族みんな笑顔。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:garigarisuru
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/garigarisuru/index1_0.rdf