メルボルン 

2007年09月29日(土) 17時17分
今日は弟の誕生日。21歳。早いものですね。
おめでとさーん


さーて忘れないうちに更新しましょうかね。

遊び呆けてそのまま早々朝にシドニーを出発してメルボルンへ。
飛行機で2時間くらいでした。

つーか本当どうでもいいんですが
幾度と飛び交う「domestic」という単語に
「え?空港で家庭内暴力?」と馬鹿丸出し。

国内=ドメスティックなのですね。はは‥
バイオレンスありきのドメスティック。
そらそうだ。

日本で「DVだ!DVだ!ドメスティックパンチ!ドメスティックキック!」等と遊んでいた自分をこんなに恥じたことはありません。
無知って幸せで楽しいですよ。

知らない幸せ、プライスレス。


メルボルンに着いてすぐホステルへ。
(ちなみにホステルはいつも予約などせず飛び入りでした。
こんな計画性の無い適当な旅もまた楽しいものですよ。)

荷物を置いてメルボルン市内をウロウロ。
都会です。

なんとなく
クイーンビクトリアマーケットへ行きました。

スーパーより安かったので夕食の材料を買い溜め。

謎のセーターやブーツやインテリアやら色々私をくすぐる物が売ってたのですが
旅慣れしてきたせいかメルボルンに来てから写真全然撮ってません。やれやれ。

その後マーケット近くのピザが美味しいと有名なイタリアレストランへ。
Sサイズすら食べ切れなかったのでテイクアウェイしてホステルでもモグモグしました。
美味かったです。私の胃袋の神様ピザハットよりもね!

夕方までブラブラ散歩、そういや昨日から寝てないことに気付く。
相棒はグッスリ寝てしまったので私はホステルのリビングでダラダラ。

イギリス人の青年と韓国人の女の子に話し掛けられたので談笑しました。

韓国の子(22)は仕事の出張で半年ホステル生活だとか。
しかも初海外だそうで。寂しいし友達いないから不安だと言ってました。
偉いねーと関心しましたよオバチャンは。

その子は「キュート・ビューティフル・ゴージャス」と何故か大層褒めてくれたのできっととても良い子です。
歳を聞かれ「24っすスンマセン」と答えると腰抜かして驚いてました。
「18歳くらいだと思った」と言われ日本と変わらず韓国人から見ても私は赤ん坊顔なのか‥と自分のことが心配になりましたとさ。

その子と明日も話そうね、と約束したのに
翌日うちらはホステルを変えてしまったので
元気に楽しく過ごしていることを願います。
楽しい時間をありがとう。


夜にホステル近くのライブハウスへ。
メロコアでノれず残念だったのですが
オージーパーティーボーイ達と仲良くなり皆で盛り上がりました。

「他のアジア人は俺達を敵のように接してくるのに、お前らみたいなノリの良い最高なアジア人は初めてだよ!」等とベラベラ言われ
イキナリなんのこっちゃわからんが、そういうもんなのかーと思いました。

あんまり交わらないもんなんですかね、旅行くらいじゃその辺は分からず。

オージー小ネタ 

2007年09月28日(金) 22時58分
その@ タクシー


日本でタクシーに乗る場合、後ろから順に乗るじゃないですか。
んで、4人目にして「しゃあねぇから助手席座りますか」って。

独りタクシーなら四の五の云わず当たり前に後ろに乗りますよね。


オージーピーポーは真っ先に助手席に座ってました。

独りでも助手席。

自ら率先してオッサンの隣。

何故だ。

是非、日本で試してみてください。


そのA 流行

キャラクターリュック。

キティちゃんとか色々見ました。

日本でやったら知り合い何人減るかしら。



そのB 体感温度

冬っつーことで
普通に寒かったです。コートは手放せない。

だのに。何故

何処でも冷房がきいてるのでしょうか。

レストラン、電車、バス、クラブ、エトセトラ

冷房ガンッガン。室内でコート脱げませんでした。

外も寒いのにタンクに短パンにビーサンピーポー達でいっぱい。

オージー人の肌ってどうなってるんでしょう。
私達よりぶ厚く出来てるんですかね。そんなことってあるのか。

脱ぎたがり、か?とか色々考えましたが

めっちゃ寒いのにアイス喰ってる人いっぱいいたし、
もう分かんないや。


そのC タバコ


これはマルボロ。13ドル(1300円)でした。

オージーは喫煙天国です。
どいつもこいつも歩きタバコ万歳。

何処行っても歩道に灰皿があるし
当たり前に灰皿が出てきます。(室内は禁煙)

アホみたいに高いのによく吸うなーと関心しましたよ。
皆金持ってんのね。

何となく見た植木の土、全部吸殻でした。
肥料、ですか。

喫煙者は免税店で買えるだけタバコ買っといたほうが良いです。
1800円で1カートン、なんと素晴らしい。

あ、ワタシ禁煙に失敗しました。

シドニー前期の素敵人間観察記 

2007年09月26日(水) 3時01分

こんな素敵なホステルでも色んな人に出会った私共。


最初に出会った日本人女性25歳と26歳の2人組みは
半年かけて世界中を旅しているそうな。
何十カ国行ったんだよ!くらい色々周ってました。
凄いよなぁ。いいなぁ。

「日本に帰るのが怖い」と言ってたので

「首相とか変わってるんじゃないですかーアハハ」などと話していたら

本当に変わってましたね。うちらもびっくり。



お次は韓国人夫婦。
可愛らしい奥さんはなんと妊娠中。

妊娠中の旅?オージーで産むのか?しかし何故ホステルに?
と、謎ばかりでしたが

この旦那さんはとてもジェントルで優しく
私が汚く放置してた洗い物を御丁寧にキレイに洗っておいてくれたので
韓国人男性のイメージがアップしました。

つーか日本人女、洗えよって話ですがね。
すいません。


そして最後はドイツ人のニコ(男性24歳)

こいつ本当面白かったです。

同じ部屋だったのですが「具合悪いんだ‥」と
連日、朝から晩までずーっとベットで寝込んでいたこの男。

旅先で体壊すなんて可哀想に‥!
でも‥ごめん!ウケる!

と腹の中で笑っていた性悪な私共。


単独博物館の帰りに部屋でバッタリ2人きりになったので

「体調は大丈夫なのか」と聞くと

「お陰さまで‥多分スシ喰ってあたったんだ」とニコ。

SUSHI!

オージーに来て寿司食ってあたるなんて!素敵過ぎる!

日本人の私は
「寿司が迷惑かけてゴメン‥(爆笑)」と
心の中で思った次第であります。

それからニコと煙草を吸いながらベランダで談笑。

ドイツで大工とDJをやってるそうな。
つーか出会うドイツ人は皆して自称DJだな。
言ったもん勝ちですかね。

そんなこんなで
うちの相棒はスウェーデン人のオネイチャン達とパーティーへ行ってしまったので
異文化交流の性交‥もとい成功を祈りつつ、

病み上がりの分際でニコが
「クラブ行こうぜ!」と、さすがのパーティーボーイ発言。

すっかり仲良くなり、シティを観光しながら
ニコの奢りで一緒に飲んだくれ、オサレクラブを二件ハシゴ。

ダンスミュージックはドイツ人にまかせろってな感じで
ニコの踊りがキモ過ぎて腹抱えて笑いました。

ま、私はキモイニコをフロアに放置して
他のオージー(グッドルッキング)ガイとお酒飲んでましたけどね。
いつでもどこでも私はちゃっかりやります。

私は明けて朝4時にメルボルンへ出発という予定だったので
3時頃にニコに別れを告げ、別のオージーガイにホステルへ送ってもらうという夜でした。

楽しかったぜニコ。ありがとう。
寿司とスシガールには気をつけてね。

シドニー醜態ナイト・前期B 

2007年09月26日(水) 1時37分
あれ、私なんの話してましたっけ?
と、ならないうちにちゃっちゃと書かないと
高い金払おうが思い出なんぞすぐ忘れてしまいそうです。

人間なんてそんなもんさ。
時間が経てばすぐ忘れるのさ。

あ、私だけですか。
そうですか。

まぁそんな戯言はどうでもいいですね。
つーかこのブログもどうでもいいっちゃどうでもいいか。
私が忘れないようにまとめてるただの自己満ブログですからね。

あれあれ。なんだか、本当、すんません。
スレまくってる今日この頃です。



気を取り直して明るい色にしましょう。

The basementの後に行ったアイルランド調のパブ。
なにやら以前U2も遊びに来たそうで。

とっても良い雰囲気のパブでした。
ジャズ演奏中、酔っ払ったオッサン(右)が横で踊りまくるの図


素敵なパブでビールを飲みながらジャズに酔いしれ‥

ノリノリなオッサンのダンスにビールを噴き出しそうになる私。

あんたが大将


バーテンの男前な兄ちゃん曰く
「勘弁して欲しいよ、いつもあぁなんだ」と
うちらの前に来てはコソコソ愚痴るバーテン。


「良い雰囲気のパブだね」と絶賛したところ

「ハハ‥別に雰囲気だけだよね‥」
やさぐれたオージーガイを発見しました。

このバーテン面白かったです。
人生に疲れてる感じが。

楽しい時間をありがとう。
演奏も雰囲気もバーテンもオッサンも最高でした。



さてさて。翌日行ったライブハウス。
名前は忘れました。

場所はシティのあの辺です。
あの〜何とかってバーの近くですよ。

‥こんな感じで良いかな。

覚えてるんだけどどこの場所も説明不可。
大体全部、何とかストリートを何とかストリートまで歩きます。

つーことで一発目
STEREO TOTAL

男女2人組のバンド。
終始下ネタ連発。会場は大・大・大爆笑。
(下ネタは万国共通楽しいよねー)
2人で絡み合ったりやら謎のエロパフォーマンスで大盛り上がりでした。

やー面白かったです。
私的にドイツ人ブームなのですが本当面白い。

余談ですが
後々、メルボルンのバーでバッタリSTEREO TOTALが普通に呑んでて
パフォーマンスと裏腹にびっくりするほど普通過ぎて声もかけられませんでした。


二発目のなんたらHIROSHIMAってバンドは
観たんだか観てないんだか忘れました。

そのバンド観たくて行ったのに記憶にねぇや。アハハ。

シドニー醜態ナイト・前期A 

2007年09月25日(火) 0時57分

さてさてシドニー前期3日間に聴いた音楽の話をします。
ハイ。
勝手に始めます。


大体ライブハウスの相場は10ドル〜15ドル(1000円〜1500円)が多かったです。
有名どころのバンドがメインの日は50ドル以上しましたが。
払ってしまえばその晩は出入り自由、
一晩であっちのライブハウス行ったりこっちライブハウス行ったり
楽しみ方色々でした。

でも無料のライブもいくつかあって
初日は「どんなもんか?」と様子見で無料のライブハウスへ行きました。

名前と場所、バンド名もサッパリ覚えてないのですが
無料だからといって侮るべからず!と衝撃を受けましたよ。

インディーズなのか素人バンドなのか知らんが
2組観て、2組共かなりかっこよかったです。
演奏上手いし歌上手いし曲もなかなか。
Wolfmotherっぽい感じだったかな。(曖昧)

そして名という名の情報はやっぱり何も覚えていません。
あはは。笑っとけ笑っとけ。



2日目はシドニーで有名らしいと聞いたライブハウス
The Basementへ。

場所はどの辺か?と聞かれたら「‥どこだっけ?」としか答えられませんが
名前はちゃんとメモってました。良かった良かった。

そこではトップバッターが金髪のカワイコちゃんで
カントリー調の歌をギター一本で5〜6曲歌ってました。

「歌上手かったけど曲はイマイチ。可愛かったので良しとします。」
‥とノートに二週間前の自分が書いています。

ただの普通のオッサンの感想です。


で、トリがEarl Grayというバンド‥
と思いきやボーカルの人、1人で活動してたみたいです。

myspaceのリンク張っといたので良かったら聴いてみて下さいな。

曲は若干退屈で、途中寝てしまいそうになったのですが
ボーカルとオルガンがとても味があって素敵でした。

ただ、ギターがめちゃめちゃ上手いんだけど
不自然なほど出たがりで魅せたがりでウケました。
本当はハードコア専門なんじゃねぇか、くらい。

一応思い出の品としてCDを購入。
聴いてみたけどライブのが素敵だったな。

んで後日、地元情報誌で悲しいほどボロクソに酷評されてたEarl Gray。
頑張れ。素敵だったぞ。


The basementの後にアイルランド調のパブへ。

‥長くなったので

ここで半ば強引に次回へ続け‥たりしてみる。
読みづらくてすんません。

シドニー醜態ナイト・前期@ 

2007年09月24日(月) 14時56分

シドニーには前半戦とりあえず3日間滞在しました。
帰りもシドニー国際空港を使うからどうせまた来るしってことで
シドニーに長居せず。

たった3日でなんか飽きてきてしまったっていうのもあるんですけどね。
ちょっと欲張って周り過ぎたから。



今回の旅はオージーミュージックを聴こうという目的の元、決行されました。
オーストラリアの有名どころJET、TheVines、Wolfmother等など
あ!カイリーミノーグ嬢!

ステキッスなアーティストが多いので気になった、ただそれだけなのです。

つーことで
着いた翌日からライブハウスやクラブやバーを地元の情報誌を見ながら色々チェックしてきました。

日中は朝から色々歩き回って、夕方近くなってから朝まで飲んだくれてまして。
我ながらタフです。日本ではそんな生活まず体力的に無理。

旅行とは不思議なものです。

結果的にオージー滞在中は毎晩欠かさず飲んだくれ。
醜態を立派に晒してきました。どうしようないっす。



さてさて。
気になるバンドやライブハウスやクラブに片っ端から行って気付いたこと、

それは何処行っても白人オンリー。

日本人や他のアジア人にはほとんど会いませんでした。
皆何処で遊んでるんだろう?と不思議に思ったほどです。

なのでばりばり日本人の私共は「アレ?また白人天国?」と様子を見ながらも
音楽を楽しみ、お酒を楽しみ、色んな人と仲良くなってとても良い時間を過ごしました。

あ、私は全く喋れない愚民なのでノリとパッションだけで過ごしてましたけどね。
そんなの関係なく誰とでも楽しめちゃうのが私の素敵な所と開き直ってるからいつまでたっても喋れないのでしょう。


そんなこたぁどうでもいいとして

色んなライブハウスやクラブがあって沢山のアーティストが
毎晩あっちゃらこっちゃらでわんさかやってたので、正直自分好みの音楽を聴けたのはほんのわずかでした。

当たりよりハズレのが多かったです。
特にシドニーは。楽しかったけど。


さてさて内容が無いこと書いてますが
次は見たバンドやら行ったベニューやらのことを書きましょうかね。

ま、ほとんど酔っ払って覚えてないんですけどね。
場所も名前も不確かですよ。あへへ。

でも聴いた音楽はちゃんと覚えてます。‥ギリギリね。

フィッシュマーケットとシドニーミュージアム 

2007年09月24日(月) 13時30分

帰りの飛行機の中で風邪ひいたので
仕事復帰どころか3日間の休日どころか鼻水との戦いで参りますな。
「帰国したら一週間引きこもりたい」と豪語してたので
自動的に有言実行になりそうです。ひゃっほい。

昨日は銚子丸へ行きました。
ヨーレッヒからメールが来ない。えーん。
アハハ。


シドニー滞在3日目(多分)、ホステルをキングスクロスからシティへ移す。

こんなに素敵な景色が楽しめるホステルへね。
どうだ、羨ましいだろ。この壁画には参るだろ。

早速単独でフィッシュマーケットとシドニーミュージアムへ。
英語全く喋れないくせに単独行動は大好物。

やっぱり築地が一番ですよ。
カキとロブスターとか食べたけど、うん。うむ。普通。

フィッシュマーケットがやってる魚学校なるものがあるそうで
もしオージーに留学することがあるならその謎の魚学校に通いたいと思いました。
タイムテーブルはみっちり魚漬け。で、通ったらその後何がどうなるんだか謎。
多分ただの魚マニアになるのでしょう。



場所変わってシドニーミュージアムではアフリカとアボリジニの展示がやってました。
たった10ドルであの内容を楽しめるとはスゴイ!!とたっぷり時間かけて堪能しましたよ。

アボリジニの絵本を24歳にして1人でまじまじと子供用のイスに座って読んでたら
韓国人にナンパされました。
こんな変な女には注意したほうがいいイムニダ。よく考えましょう。

アボリジニ関連の展示はとても濃い内容でした。
オージーの歴史やアボリジニアートを知ることが出来てとても良かったです。
アボリジニのダンスが観れなかったのが残念。

確かもう今はアフリカ・アボリジニは終わって化石の展示だったかな。

その後に街でショッピングを楽しみました。
ま、案の定得意の迷子になって若干半泣きになったことは皆に秘密だよ。

シドニーシティ・前期 

2007年09月23日(日) 23時21分
シドニー水族館後に色々散歩をしました。
1日とは本当に長いですな。この調子で書いてったら膨大な量になりますね。
ま、いっか。

物忘れやさっき起きた事や話した事、名という名をサッパリ覚えないので
旅行中全部アホみたいにメモや日記に書いてたのですが
持ってったノートは我ながらひどい有り様です。
書くことがいっぱい。でも何のこと書いてあんだか分からない。

【即死。豚。あと3時間。】
とか走り書きしてあるんですよ。参ったね。
誰か説明してくれよ。

さて。
オサレな繁華街を歩いていたら
オサレなバーの前を通りがかりました。

何か書いてあります。


言葉の乱れは心の乱れです。



どうでもいいけど

拭URBERY



こてこての観光っぽいことしよう!とか言いながら
オペラハウスやらナントカタワーは行きませんでした。
何となく。ガイドブックで写真見れるじゃん。

ガイドブックには
載ってない。

公園では色んなパフォーマンスをやっていて楽しかったです。

鈴笛吹いてるナメたオッサンとか居たけど
それはそれで大好物でした。

シドニー水族館の土産物 

2007年09月23日(日) 22時35分

水族館では素敵なお土産の数々が素敵なプライスで売っていました。
ここで紹介したお土産を購入した方がもしいたら
ガッチリと握手を交わしたいです。


海関連の物である。水族館に置いてあるんだからそうだ。
誰か買った方がm‥


ヌイグルミは何処もかしこも素敵なディスプレイ。


誰かが売り物に無理くりサインを書いてます。
これからこの名札にプレミアがつくかもしれません。


「取ったどー」
コアラやカンガルー、アボリジニや海のDVDが揃ってある中、
誰か知らんオッサンのDVDが華やかに置いてありました。



コアラリュックを背負う筋肉の塊。
はしゃぎ過ぎてブレる。



カンガルーリュックがさもエ○メスのバッグかの様にゴージャスに着こなす私。

オージー大使CMの依頼はこちらまで。

もっと画像あるのですが‥
ヤプログ枚数限られてるのでこの辺で。

穴GO-GOGO!シドニー水族館 

2007年09月23日(日) 19時31分

コメント追々返事しますね「P.N本当に純潔か?」さんへ


さてさてダーリングハーバーです。
観光記録を続けます。

愚民のスケジュールではケアンズに行けないので
グレートバリアリーフの様子を水族館で堪能することにしました。

私が最近行った水族館だと品川水族館が記憶に新しいのですが
シドニー水族館は比べ物にならないくらい最強の水族館でした。

まぁ一緒に行った奴のせいにしてみようと思います。
だから品川水族館は悪く無いです。

珍しく観光名所で鼻息荒く興奮しましたね。
いや、多分鼻息は荒くなってない。ちょっと言い過ぎた。

そこまで言っておいて撮った写真がイマイチ過ぎて笑けてきますが。まぁいいでしょう。


動かないワニ


これはウツボっていうんですか?


こんな写真しか無いのですが‥とにかくキレイでいっぱい色んな海の生物がいました。
本当に凄かったんだよ!

そしてメイン@の360度アシカウォッチングへ。

すると‥アレ‥なんかオッサンが生臭いこの場所で
アシカを観ながら堂々のランチ!


我が物で特等席を陣取って座ってガッツいてたので
アシカよりもこのオッサンに感動しました。ファンタスティック。


ギャフン
メインAアシカ同様、サメとエイも360度。


そしてグレートバイリアリーフの魚たち。
キレイかった。
アジア人カップルがチューしてて萎えたけど。忘れよう。

そんなこんなで楽しかったです。
伝わったでしょうか。ま、いっか。

土産屋に続く。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:好きなように呼んで
読者になる
画像は私じゃないです

呼び名はジャックとかヌル山とか
24歳のしがないメス豚

毎年現実逃避に海外へ行きたい運動。
日本から身も心も逃げ出したいのさ、と去年のイギリスに引き続き
今年はオーストラリアへ行って参りました。
2週間行ったのですが今回はとても色々あったので
写真と共にココに記します。

まぁ、気長に付き合ってください。

オージーボーイとの恋の行方も鼻で笑いながら見守ってよ。