不妊は身体的原因のほかにストレスも大聴

March 22 [Wed], 2017, 14:16
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大聴く関わっています。ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、不妊に繋がる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。


妊娠を望む家族の声や、時間的制約による焦りが不妊治療(タイミング法によって妊娠に至る夫婦も少なくありません)(排卵誘発剤を使用することもあります)とあいまってストレスになるパターンもあって、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

神経質にならないよう周囲や本人が気分転換する事が、赤ちゃんを授かるためには良いことだと思っています。葉酸のサプリは様々にありますが、妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい成分がしっかりとふくまれているサプリと言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。



ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、複数の種類のものがありますよね。
それに大抵の商品が葉酸だけではなくカルシウム・鉄分(月経がある女性やスポーツをよくする人は、鉄分が不足して貧血になりやすいでしょう)・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分が一錠のサプリに詰め込まれていますから、適切な量の栄養素を手軽に摂取できます。

こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。
葉酸サプリは、それぞれ他に含有している成分によって特質が分かれています。
サプリを選ぶときは、ご自身に必要な栄養素を補給できるようなものにして下さい。皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。葉酸はビタミンの一種ですから、普段のご飯にもふくまれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。

では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。

多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、妊娠3か月までだと言われていますが、母体の健康維持を考える上でも欠かせない栄養素なんになります。こうした点から、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳しゅうりょうまで普段のご飯とサプリによる葉酸摂取をつづけるのが良いでしょう。

不妊の要因としては、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性側に原因があるものと、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性の方の要因が考えられるでしょう。もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸する事がないよう、男性、女性、両方が早めに検査をうけると解決への糸口となると思っています。

妊活の時に、産み分けについてまま友から教えてもらい、本で詳細を知りました。上の子が男の子でしたから、次は女の子を授かりたい、と考えていました。

本に載っていたように、排卵日を特定した後上手くタイミングを合わせたりしながら、産み分けを実践していました。

妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは少し心配もしましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。


冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。
体温の低い状態がつづくと血液の流れが阻害され、ご飯から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下して妊娠しづらくなるのです。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。血行不順を緩和して自然な代謝を促進し、リラクゼーションも期待できます。冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)をつくりましょう。

赤ちゃんはおなかの中で細胞分裂を繰り返しながら成長するのですが、ここで葉酸が大切なはたらきをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。
必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。ですので、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。

でも、いろいろな成分を含有している総合サプリの中でも、どんな栄養素が必要であるのか分からないという方が殆どだと思っています。簡単な判別方法としては、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、サプリを選んでみましょう。

赤ちゃんを授かっている時はもちろん、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、日々の生活に追われていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合も出てくる方が多いです。このような場合、使ってみると良いのが葉酸サプリを飲む事なんです。サプリを飲めば、食生活に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれますので、仮にご飯での摂取が不十分だとしても心配の必要が無くなります。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。
ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそのような事はありません。葉酸のはたらきである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が重要な期間だという事です。ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思っています。

それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離して考えることは出来ません。そのりゆうは、妊娠初期に十分な葉酸を摂る事で、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話はもちろん、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。

妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るように心掛けてちょうだい。ユウジンは彼女が妊活をしている時に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。彼女によると漢方には、妊娠しにくい体質を改善指せる効果があるようでした。漢方だったら安全性が高いのではないでしょうか。漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かりました。

ずっと頑張っていたので、良かったと思っています。



葉酸は野菜の中に多くふくまれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜といわれるものが該当します。

赤ちゃんを授かったあと、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性がある沿うです。十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思っています。そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。


妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。



葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。



そのため、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。

もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うと沿うではありません。



ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。流産を経験しています。

ずっと欲しかったコドモでしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、もう一度、チャレンジしてみようと妊娠を考えて行動するようになりました。



妊娠しやすい体になることを目的に、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動することを思いつきました。その結果、新陳代謝が良くなっ立ためか、基礎体温があがって、悩んでいた冷え性を改善する事が出来立ため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。妊活は女性がやるものだという印象が強いかと思っています。

ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体に限らず、男性に原因がある事もあります。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。

受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてちょうだい。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:碧人
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる