長瀬でカワガラス

September 22 [Thu], 2016, 15:04
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療はかなりの費用を要することは確かです。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。注意してください。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療可能になっています。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。なぜ適用されないかというと、この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gapneeteep1hlp/index1_0.rdf