がん予防には野菜が効果的!

September 12 [Fri], 2014, 19:32


がん予防には野菜が効果的です。


がんになる原因は主に2つ、発がん性物質の増加とがん細胞が除去できない状態にあることの2つです。


発がん性物質は食品添加物などの化合物が多いですが、実は食べ物にも発がん性物質は含まれています。


発がん性物質は、様々な食べ物に含まれる「亜硝酸塩」と「アミン類」が一緒になると発がん性物質に変わります。


この発がん性物質を体内で生成しないようにするのがビタミンCです。


また、がんの元になる細胞は日常的に作られていますが、通常はすぐになくなります。


がんの元になる細胞をなくしてくれるのが、免疫力と呼ばれる人間に備わっている力ですね。


NK細胞ががん細胞を消去する、なんて言われていますが、NK細胞は免疫力の1つになります。


免疫力を向上する成分は野菜にたくさん含まれています。


そして、NK細胞の6割〜7割が腸で作られますが、腸の調子が悪いとNK細胞の作られる量が減ります。


そうなると、がんの元になる細胞が分裂をはじめ、どんどん大きくなっていって、がんと診断されるようになるのです。


ビタミンCは、免疫力を向上する働きがありますし、発がん性物質の生成も抑えてくれるので、がん予防には非常に効果の期待できる成分です。


ただし、ビタミンCだけでは免疫力が向上することはなく、他にも様々な栄養が必要です。


ようするに、栄養バランスの取れた食事をすることが、がん予防にもつながる、という事になります。


そこで、現代の食生活を考えてみると、多くの人が野菜不足です。


食の欧米化が進んだことと、外食、弁当、総菜、加工食品を食べる機会が増えたことで、野菜不足になりやすくなっています。


ですから、野菜をたくさん食べるように心がければ、がんを予防することができますよ。


とはいっても、食生活を変えるのはかなり難しいですよね。


そこで、簡単に野菜不足を補う事の出来るものがあります。


それは「青汁」です。


「青汁」は、野菜に含まれている栄養がかなり豊富に含まれています。


ですから、野菜不足を補うのにおススメなんです。


青汁は「マズい!」というイメージがあるかもしれませんが、最近は飲みやすい青汁が増えてきました。


その中でも「ふるさと青汁」は、かなり飲みやすくておススメですよ。


ふるさと青汁の詳細はこちらです。
↓ ↓ ↓


がん予防に効果的な食べ物

September 11 [Thu], 2014, 21:50


以前から「にんにく」はがん予防に効果的だと言われています。


にんにくには、がん細胞の増殖を抑え、正常な細胞に戻す働きがある成分が含まれています。


それ以外にも、抗酸化作用のある成分(ビタミンCなど)に、同じような働きがあります。


最近、ブロッコリースプラウトががん予防に効果手だという事で注目されていますが、それは、強い抗酸化作用のある成分が含まれているからです。


抗酸化作用のある成分が含まれている食べ物は、主に野菜に含まれています。


メジャーな野菜には量の違いはありますが、抗酸化作用のある成分が含まれています。


ですから、野菜をしっかり摂取することは、がん予防につながるわけですね。

野菜ががんの原因になることもある?

September 10 [Wed], 2014, 22:07


多くの野菜にはがん予防に効果的な成分が含まれています。


しかし、がんの原因となる成分も含まれているんです。


それは「硝酸塩」という物質です。


硝酸塩は、体内で発がん性物質に変化することがあるんです。


特に、ほうれん草、大根、白菜の硝酸塩は発がん性物質になりやすいです。


ただし、ビタミンC、ビタミンE、たんぱく質を一緒に摂れば、発がん性物質になりにくくなります。


たんぱく質ががん予防に効果的と言われることがありますが、それは、発がん性物質が作られるのを防ぐからです。


野菜を食べる時は、同時にビタミンC、E、たんぱく質を摂取することを心がけたほうがいいですよ。


ベジタリアンの方は特に注意が必要ですね。


特に魚と一緒に野菜を食べると発がん性物質に変わりやすくなりますから、魚料理を食べたときはそれらの栄養素を同時に摂取する必要がありますよ。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ganyobouyasai/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧
読者になる