眼精疲労とドライアイの原因

眼精疲労ドライアイの原因についてです。


疲れ眼?それは「ドライアイ」かもしれませんね。
ドライアイってどうしてなるのでしょうか。

ドライアイは、涙の量が少なくなったり、涙の成分が変化して正常な働きが
出来なくなる事によって、眼の表面にキズができるなどの様々な障害がおきる病気のことで、
眼精疲労の多くの原因がこのドライアイに由来するようになってきました。

ドライアイでは、とくに眼が大きい人は、
表面からの涙の蒸発が多くなるため眼が乾きやすくなります。

コンタクトレンズの使用によって、涙の量が通常より30〜40%減少しますので、
長時間装用は避けることが必要ですね。

また、ドライアイは、冬の暖房、夏のクーラーなどで部屋が
常に乾燥した状態になることで眼も乾いてしまします。

近年、PCの普及によるインターネットやメール、テレビゲームなどで、
眼を酷使する機会が多くなり、それに伴い、「眼が乾く」「眼が疲れる」という症状で
眼科を訪れる人が増えてます。 4人に3人がドライアイ症状とも言われてます。

PCなどの画面を長時間見つめることで、眼を酷使してまばたきの回数が
通常の4分の1に減ってしまうのです。「

ドライアイ」は、涙の量が少なくなったり、涙の成分が変化して正常な働きが
出来なくなる事によって、眼の表面にキズができるなどの様々な
障害がおきる病気のことです。

眼精疲労からくる原因で多くの病気を併発する可能性があり、
早めに眼科へ行く事が大切です。


詳細はこちら↓↓
専門医がやさしく教える疲れ目・ドライアイ―眼精疲労・視力低下を防ぐ日常の心得とケア

眼精疲労の予防

眼精疲労の予防について。



眼精疲労による、様々な病気の原因となる場合があります。
現代の社会ではパソコン以外でも目を酷使する機会がおおいですね。

テレビやビデオ、携帯電話などもすべて目を酷使してます。
光が、かなり目を痛めつけるようですね。

眼精疲労を予防するために、眼精疲労に効く「つぼ」とか、
眼精疲労の指圧などを利用するのも良いようです。
鍼による眼精疲労予防や回復なども最近は多く流行ってます。

眼精疲労の改善のためには、まずは眼精疲労のチェックが必要でしょう。
眼精疲労のために眼科の外来を訪れて改善方法を聞くことも良いでしょうし、
または治療方法なども必ずチェックしましょう。

早目の対処をしないと入院ということにもなりかねませんので、
眼精疲労は軽く見ないでください。

日頃の生活習慣の見直しも必要でしょう。眼圧が高くなったり、
自律神経までも緊張し過ぎてしまい過負荷になり過ぎる場合が多いのです。

眼精疲労のレシピなども参考にすると良いと思います。
眼精疲労の原因は自分が一番知っているはずですので、
その日に簡単な眼精疲労をとる指圧などをすると良いでしょう。

その時に、眼精疲労をとるグッズなどを利用するのも大いに良いと思います。
たばこは眼圧をあげますので眼精疲労には良くありません。

詳細はこちら↓↓
眼精疲労はまかせなさい! ―専門医Dr.きよくんが教える最先端の診断法・治療法・予防法

眼精疲労とパソコン

眼精疲労パソコンについてです。

パソコン作業の多い方に最適なレンズビュイ


眼精疲労は、最近パソコンなどの作業が多くなりました。
そのためか多くの人が肩こりなどの症状などで治療を求めてます。

元々が眼精疲労は、目を酷使しているためですので、
しばらくは安静にでもしていればいいのでしょうか、
現実問題としてパソコンを使わないでデスクワークをするなどはおそよ出来ないでしょう。

眼精疲労に効く薬、特に漢方などに回復の効果を求めて多くの方が探しております。
眼精疲労マッサージなどを月毎に通っているOLがいるという有り様です。まさに現代病ですね。

会社の事務所などではパソコンで仕事をすることが必要不可欠となっておりますので、
増えることがあっても決して減ることがない状態でしょう。

眼精疲労の予防のメガネなども眼鏡屋さんへいくと必ずあります。
実際に使ってみますとそれなりに目が疲れないようです。

ただ、素人療法は危ないので、必ず一度眼科へ行くことをおススメします。
その上で、眼精疲労のグッズなども利用するのは大いに結構なことです。

サプリメントなんかも多くでていますね。
眼精疲労には、アントシアニンやブルーベリーなどが、良いようで愛用者は多いとのことです。

欧米では、薬としてアントシアニンを処方してくるようです。
ともかくも、目は酷使されているのが現状ですので、
日毎に疲れを貯めないで解消しておきたいものです。


詳細はこちら↓↓
眼精疲労予防レンズ bui(ビュイ) サングラス BU9002-2 (ハードケース付)

眼精疲労とサプリメント

眼精疲労サプリメントについて


眼精疲労を放置していると、重症になり目の痛みだけでなく
頭痛や肩こりなど全身に不調がでてきます。

目に関してはドライアイや視力低下などの原因となってきます。
眼精疲労は目薬だけでは不十分です。

眼精疲労を和らげるサプリメントを上手に服用すると良いと思います。
大事なことは健康成分の補給ですね。

目の粘膜を保護したり疲れを回復するにはビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCなどの
補給が必要ですね。体を維持するには不可欠です。
体内で作り出すことができない分意識して摂るようにしましょう。

たくさん摂るにはサプリメントは大変便利ですよ。
またブルーべリーに含まれているアントシアニンは目に良いというのは有名ですよね。
紫色の色素成分ですが網膜にあるロドブシンが再合成を活性化させるのです。

眼精疲労の予防・改善・視力低下の改善ということで
普段からアントシアニンは摂っていたいものですね。

その他にマルチカロチンというサプリメントも眼精疲労には良いようです。
マルチカロチンにはルテインという疲れ目や目の病気にとても良い成分が入っていて、

摂取して視力が良くなったという人もいるそうです。
眼精疲労にはサプリメントを上手に服用することも良いことですね。


詳細はこちら↓↓
目のサプリ 『眼力の泉』 北欧産野生種ビルベリーエキス200mg ルテイン配合ブルーベリーサプリメント 眼精疲労・視力回復