第一次世界大戦の歴史

October 26 [Wed], 2011, 16:21
第一次世界大戦の歴史

戦争勃発前

サラエボ事件

オーストリア-ハンガリー帝国の皇太子夫妻がボスニアヘルツェゴビナの首都サラエボのある小道に車を誤って運転して入ったのが禍根となった。

1914年 6月28日日曜日午前11時がされた時刻、セルビア出身の大学生ガブリリロプリンチーフがサラエボへの親善訪問した皇太子フランツフェルディナンド大公とホエンベルクソフィア皇太子妃を暗殺するようになった。


この事件をサラエボ事件と呼ぶ。

そのため、オーストリア-ハンガリー帝国はこれに対して、セルビア王国に以下のような"最後通告"を送った。
" "
バンオストゥリア教育を禁止してください。
バンオストゥリア団体を解散してください。
バンオストゥリア性向を持つ管理があれば、罷免してください。
バンオストゥリア関連の出版物を没収し、焼却処置してください。
サラエボ事件の関係者の裁判において、オーストリアの管理は、セルビアに入国することができるようにしてください。
武器の国外搬出を禁止してください。
48時間以内に早く回答してください。

などの10つの条項は、された、当時のオーストリア - ハンガリー帝国と政治的に対立していた大英帝国とフランスはオーストリア - ハンガリー帝国と同盟だったドイツ帝国との摩擦を望んではいないので、セルビア王国側の条項を受け入れることを勧告した。

これにセルビア王国は、試験の管理の参加規定を除くすべての条項を無条件に受け入れて、裁判してみての交渉の後に受け入れる考えがあることを表明した。しかし、オーストリア - ハンガリー帝国側は、彼らの要求条件をいずれも譲歩することを拒否し、即座にセルビア王国との外交関係を断絶した。

数日後1914年7月28日に宣戦布告をした。まもなく戦争が起きたのだ。


戦争の開始


1914年7月29日、オーストリア-ハンガリー帝国軍が撃った砲弾がセルビア王国の首都ベオグラードに落ち始めた。

翌日、ロシア帝国とフランスは、総動員令を下した。

ドイツ帝国は、戦争のバルカン半島に限定するつもりで、ロシア帝国の動員令を解除するよう要求した。

8月1日、ロシア帝国がその要求を履行しなかったため、ドイツ帝国はすぐに宣戦布告してしまった。


これは、オーストリア-ハンガリー帝国との条約の義務に基づいてとられたドイツ帝国側の決定だったので、条約上のロシア帝国との共同歩調をとることにした、フランスでにとって、ドイツ帝国に対抗する動員令を下げざるを得ないようにした。2本のワイヤで戦争を繰り広げることになる場合をできるだけ回避するために、ドイツ軍最高司令部はすぐにフランスに兵力を移動した。

ロシア帝国は、兵力を十分に動員する前に、台(对)フランス戦でいち早く勝利をおさめ ​​ようとする下心だった。

8月1日、ドイツ軍は、ルクセンブルクの国境を越えて進撃した。

3日後にベルギーに侵攻し、フランスから中立を守るという約束を得て、出すことができないと、ドイツ帝国はフランスに正式に宣戦を布告した。

大英帝国は、いかに早く、また、どれほどの兵力でフランスとの約束を実践に移すかどうかの決定を下すことができなかったまま迷っていた。しかし、挑発されていないベルギー(当時のベルギーは、大英帝国とは同盟国だった。)は、ドイツ帝国の攻撃がついに均衡を破った。

大英帝国は、ベルギーの中立を保障すると約束していただけでなく、ドーバー海峡に面したベルギーの港は、ドイツ軍に陥落させられる場合は、戦略的に大きく不利になるかを知っていた。ベルギーの領土からの撤退を求める大英帝国の要求を、ドイツ帝国が拒否すると、8月4日、大英帝国がドイツ帝国に宣戦布告した。6日にはオーストリア-ハンガリー帝国がロシア帝国に宣戦布告し、12日にはフランスの大英帝国は、オーストリア-ハンガリー王国に宣戦布告した。


西部戦線


ナイフを冷たいままで突撃するフランスの歩兵

東部戦線

オスマン帝国の参戦

戦争の初めからオスマン帝国では誰の側に参戦するのかについて意見が一致しなかった。

トィルク青年党員の3の両方の政治では、国防部長官のエンベルパシャと、内務部長官のタルラトパシャはチンドクジュウイジャヨトジマン、ジェマルパシャは連合軍の支持者だった。

1914年8月2日、オスマン帝国軍は事実上、ドイツ軍使節団の指揮下に置かれる毒-タ連合協定が締結され、グンドンウォンリョンイ宣言される。しかし、この時、オスマン帝国政府は中立を宣言する。

8月10日、地中海の大英帝国艦隊の追撃を避けてきたドイツ帝国軍艦"ヘベン(Heben)"と"ブレスラウ(Breslau)"は、ダーダネルス海峡に入ってくる。

この船の出現により、オスマン帝国軍だけでなく、オスマン帝国艦隊までドイツ帝国の指揮の下に置かれる。

9月9日、オスマン帝国政府は、すべての国に対し、外国人居留協定(外国人市民のチウェボプグォン)を廃止することに決定したことを通知します。

これは、すべての国の反発を呼び起こした。

それにもかかわらず、オスマン帝国の首相を含めた大多数のオスマン帝国政府のメンバーは、戦争に反対の立場を明らかにする。

この時、エンベルパシャは、ドイツ帝国の指示と一緒に、残りの政府の構成員の同意なしに戦争を始める。オスマン帝国は連合国にジハード(聖戦)を宣言する。


1914年10月29日と10月30日、オスマン帝国艦隊は、ドイツ帝国の海軍提督スションウイ指揮の下、セヴァストポリ、オデッサ、フェオドシヤとノヴォロシースクを衝撃する。

1914年11月2日、ロシア帝国はオスマン帝国に戦争を宣布する。

11月5日と11月6日、大英帝国とフランスがその後に続いて戦争を宣布する。

オスマン帝国の参戦は、ロシア帝国と連合国の間の黒海と地中海に通じる海上連結網を切った。

ロシア帝国とオスマン帝国との間のコーカサス戦線が生まれる。

1914年12月から1915年1月のサリーカーさんの戦闘で、ロシア帝国のカフカス軍がオスマン帝国のカルスへの進入を阻止させてから、オスマン帝国軍を壊滅させ、反撃することになる。

イタリア王国の参戦

戦争の初めからイタリア王国は中立国だった。

1914年8月3日、イタリア王国の王は皇帝ヴィルヘルム2世、イタリア王国が参戦をしなければならないことに関する三国同盟の条件に参戦名分が無効であることを発表する。

この日、イタリア王国政府は中立を宣言する。

長い間イタリア王国と連合国間の交渉が行われる。

ついに1915年4月26日にロンドンでイタリア王国は、一ヶ月間、オーストリア-ハンガリー帝国に戦争を宣言し、また、連合国の敵国に反対するという協定を締結する。

"血の対価"としてのイタリア王国は領土を約束受けることになる。

大英帝国がイタリア王国に5億ポンドのお金を貸す。この時、ドイツ帝国、オーストリア-ハンガリー帝国からイタリア王国は、ニュートラルを維持すれば、イタリア人たちが住む領土をイタリア人に与えるという約束を受けることになる。

ドイツ帝国大使ブウィルロプヌンこの約束のイタリアの中立的な支持者の代表であるジオーに通知します。


イタリア王国議会の代議員の508人のうち320人がジオーを支持した。

サランドラ首相は、辞表を提出する。しかし、この時、戦争支持者たちが社会主義者ベニートムッソリーニとガブリエレダンヌンチオを前面に出して、議会との中立的な支持者に反対するデモを組織する。イタリアの王は死とドラマの辞表を受け入れていないが、ジオーは、ローマに残しばならなかった。5月23日、イタリア王国はオーストリア-ハンガリー帝国に戦争を宣布する。


アメリカの参戦

アメリカは戦争中に英国とドイツの間で中立的立場を表明していた。

ウッドローウィルソン大統領は、継続的に、"ドイツ帝国の無差別潜水艦攻撃に対して傍観はしない"という意思を表明し、ドイツ帝国はこれに対して、これらの攻撃を中止することを数回約定した。


しかし、1917年2月、ドイツ帝国の外務大臣であったアーサーチモマンイメキシコ駐在のドイツ帝国大使フェリックスフォンエカルトゥに送った暗号の専門チモマン電報)で、"メキシコが米国を攻撃する場合、メキシコは1848年に米国に奪われたすべての領土を取り戻すことができるようにするだろう"という内容のために、米国は参戦にギウルオジョトダ。

しばらくして、ドイツ帝国のUボートを利用してイギリスの船を攻撃したが、その中に乗っていた多くのアメリカ人が死んだ。したがって、ウィルソン大統領は議会に、ドイツ帝国に宣戦ポゴハルことを1917年4月6日に提案した。


これは米国領土のドイツ帝国の攻撃に限るという内容で、下院決議案373:50、上院82:6で承認され12月に至っては、その範囲はイタリア戦線まで拡大した。


これまで

1917年、米国がドイツ帝国に宣戦布告をし、連合国は反撃に入り始めている。結局、同盟国の軍隊は、雨後の筍のように崩れた。

1918年 9月30日に ブルガリア王国降伏
1918年 10月30日、 オスマン帝国が連合国と休戦を結ぶ。
1918年 11月3日、オーストリア-ハンガリー帝国降伏
1918年 11月11日、ドイツ帝国が連合国と休戦を結ぶ。


オーストリア-ハンガリー帝国が降伏した同じ日に、ドイツのキール(Kiel)軍港では、海軍の暴動が起こった。

波及効果はものすごくてしまったが、すぐにドイツ帝国各地で労働者がストライキをし、軍警といざこざを繰り広げた。

結局、皇帝は、帝位を放棄して、オランダに亡命した。ドイツ帝国は君主制を放棄し、共和制に移行しており、連合国と休戦を結んだ。このようにして約900万が戦死したこの戦争は終わった。

オーストリア-ハンガリーの解体、オスマン帝国の解体

同盟国が連合国に戦争になり、ドイツ帝国は、ベルサイユ条約、オスマン帝国はセーヴル条約、オーストリア-ハンガリー帝国はサンジェルマン条約、トリアノン条約、ブルガリア王国はヌェイ条約を結び、オスマン帝国、オーストリア-ハンガリー帝国は解体され、 、多くの領土と人口を失った。

これにより、バルカン半島や中東地域に独立国が多く発生するようになった。


ドイツ帝国は、植民地を放棄したが、本土の損失は10%にも及ばない(アルザスとロレーヌをフランスに渡した程度)。

しかし、長期間の戦争遂行により、インフレが起こり、失業者が続出した。

さらに、ヴェルサイユ条約による過度の賠償金は、第二次世界大戦の原因となった。

戦争後の世界

米国や英国、フランスなどでは、民主主義が発展した。

日本帝国は、オセアニアの島に対する支配権を得るに至った。


一方、ドイツ帝国はヴェルサイユ条約で危機の反省よりもひどい貧困と賠償金のことに苦しめられて、さらにオスマントィルクドセーヴル条約を結ぶことで領土が大幅に減少した。

オーストリアはサンジェルマン条約を結ぶことで、今の領土に固定され、ハンガリーでもトリアノン条約で、現在の領土を確定した。

ブルガリア王国はヌェイ条約を結び、ルーマニア王国、セルビア王国、ギリシャ王国への領土の一部を割譲した。


イタリア王国は、戦勝国であったが、連合国からの保証を釘受け、その後に多くの失業者が生まれ、敗戦国であるドイツ帝国では、ジャガイモの一つに数十億マルクの値が上昇した。民国は連合国であるにもかかわらず、山東半島の利権を返してことができなかった。

タイは立憲君主国へと発展し、中東地域でも、オスマン帝国と戦ったと引き換えに独立を達成した国は、南イエメンです。

ウッドローウィルソンの民族自決主義の原則に基づいて、中央ヨーロッパの多くの国々は独立しており、朝鮮でもそれの影響を受け、3.1運動が起こった。

独立を条件に、英国を支援したイギリス領インドは、その約束が霧散されると、持続的な闘争運動を始めた。

オスマン帝国は1922年に解体され、1923年には、今のトルコに変わった。

一方、ウッドローウィルソン米大統領は、民族自決主義を提唱しており、戦争の防止と世界の平和のために国際連盟を設立することを提案した。これにより、国際連盟が設 ​​立されたが、肝心の米国は、議会の反対で登録に失敗しました。


一次世界大戦の結果と意義、そしてその影響


トレンチの横断に失敗したタンク

アメリカが第一次世界大戦を民主主義のための闘争に宣言し、国際政治がイニョムファ、道徳化を開始した。

理想的な集団安全保障政策である国際連盟を通じて法律的、道徳的な世界の世論に応えて平和を求める時代が到来した。

この時から総力戦の様相を帯び始めた(英国、フランス、ロシア帝国、ドイツ帝国)。特に、ベルギー王国、ロシア帝国とドイツ帝国は、食料不足が深刻だった。

この時から機関銃(イギリス)、毒ガス(ドイツ帝国)、タンク(大英帝国)、戦闘機(フランス)、潜水艦(ドイツ帝国)、榴弾砲(オーストリア-ハンガリー二重帝国)などの新武器のギガできた。イタリア王国は、世界初の短機関銃を開発したりもした。

ドイツ国民はほぼ満場一致で一方的な平和の強要や同様のヴェルサイユ条約を承認しなかった。

この条約は、ヒトラー政権と第二次世界大戦勃発の背景になったりもしたし、ワイマール共和国が外部から強制されたシステムとし、民主政府への愛情と意志を持たないようにして、共和国の生命力を危うくしたも同然だった。


イタリア王国の挫折感と裏切られたとは、ファシズムの発展と、ベニートムッソリーニの政権を可能としました。

米国は超大国の地位に上がったが、自分が作ったにもかかわらず、国際連盟の参加を拒否して再孤立主義に陥ることで、強大国としての国際的な役割の乖離をもたらした。結局、経済恐慌が生じる。


多くの新しい国家が誕生して、他の国も、国際社会の一員として参加できる機会を作った。民族自決主義と民族主義が上昇し、20世紀の政治の重要な要素となる{ インド、朝鮮などで独立運動活発}。

日本帝国は第一次大戦中に多くの利点を見て、経済の好況期を味わうことで、おおむね満足しており、民国は、1917年に参戦(ドイツ帝国、オーストリア-ハンガリー帝国に宣戦布告)したにもかかわらず、日本が山東半島を占めるに不満をプムオトゴ、サインもせずに国際会議場から撤収する。

これは、5.4運動と共産主義運動を引き起こすこともした。


国際政治は今、ヨーロッパでのみ力を傾けることができなくなった。

全世界が国際政治の舞台となり、国際政治の狭いヨーロッパから離れて前にグローバル化する契機となった。


全世界の国民の監視の中で平和を維持しなければならないという重い責任感を世界の指導者たちが持つようになった。


特に、道徳的に国際平和を追求することになった。

女性の社会参加が増え、民主主義が発達しており、社会構成員間の平等への関心とニーズが高まることになった。


国際政治にも変化が大きく現れ、ドイツ帝国、オーストリア-ハンガリー帝国、オスマン帝国、ロシア帝国などの専制国家が崩れたり、解体され、ヨーロッパ諸国の半分に近い国から共和政が樹立された。


ドイツ帝国、オーストリア-ハンガリー帝国、オスマン帝国、ロシア帝国の第1次世界大戦後の結果
ドイツ帝国- ヴァイマル共和国生まれ、ポーランドの独立(ドイツ帝国-ロシア帝国からの独立とドイツ帝国、オーストリア-ハンガリー帝国の領土割譲)、フランスのいくつかの領土割譲、植民地(トーゴ、カメルーン(英、プロウィイムトンチリョン) 、ルワンダ、ブルンジ(ベルギーウィイムトンチリョン)、タンザニア(英国ウィイムトンチリョン)、山東半島(日本に移管された)、マーシャル、ミクロネシア、ナウル、キリバス、ツバル(日本ウィイムトンチリョン))

オーストリア-ハンガリー帝国- チェコスロバキアの独立、オーストリア共和国、ハンガリー共和国、ユーゴスラビア王国成立し、イタリア王国の一部の領土割譲

オスマン帝国- シリア、レバノン、(フランスの ウィイムトンチリョン)、サウジアラビアの一部の領土割譲

ロシア帝国

死傷者

第一次世界大戦の犠牲者です。

参戦国の中の犠牲者が多かった国はドイツ、ロシア、フランスだった。

特に、ロシアの場合は、医療システムがきちんとされてできないので深刻だった。

逆に日本は被害者を最も少なくした。

ドイツ:170万人の戦士
ロシア:170万人の戦士、665万人が負傷
フランス:140万人の戦士
日本:300名戦死、900人負傷、3人行方不明

技術

この戦争によって科学技術が発展した。

しかし、毒ガスのような人類の歴史の中で最も致命的な武器も開発されて出てきた。

最初の毒ガスは、ドイツ軍が使用しており、連合軍も同じ武器で対応した。

毒ガスの唯一の対応策は、双方ともに防毒マスクの他にはなかった。

毒ガスが使われたのは乾燥の戦闘以来、機関銃、鉄条網、塹壕線で膠着化したワイヤを打つことにした。タンクも塹壕線を破るために開発され、大砲もますます大口径化された。長距離射撃能力を補完するためにヨルチャポ(ドイツのクルップ列車が有名です)も登場した。


技術の改善は前方のみで構成されるものではなかった。

代表的な事例として生理用ナプキンを挙げることができる。

第一次世界大戦は、女性の社会進出を加速化させる契機になったが、これらの女性のための生理用ナプキンが開発された。

名言

第一次世界大戦で起こった戦争の惨状は、多くの反響を呼んだ。ドイツの画家オットーディックス(ドイツ語: Otto Dix、1891年〜1969年)
塹壕戦の惨状を描いた"戦争"(1929年作)で、溝の中に散在する四肢や土砂に逆に打ち込まれた死体、血だらけになった泥の中を描写している。

よりによってどうしてあのように無残に描写ハヨトヌニャは、人々の質問にディックスはこう答えた。

"まさにジョレトダ。私は見た。"

一方、英国の詩人ウィルフレッドオーウェン(英: Wilfred Owen、1893年-1918年)は、戦争の惨状を告発したの反転時に、"高貴な栄誉"を発表した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:がんま
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ganma2second/index1_0.rdf