レーシックの危険性は? 

March 02 [Sat], 2013, 18:08
レーシックってどうなの?&手術費用は?レーシックによって裸眼視力を取り戻すことは、今まで見えにくかった人にとっては夢のような事でが、レーシック手術は国内ではまだ認知度が低く、浸透しているとは思えません。
国内でもプロスポーツ選手や有名人、芸能人がレーシック手術体験者となっています。
ここ数年国内では、レーシック手術を行うクリニックや医院が急増していますが、手術費用は、自由診療なので、両目で20万円程度から100万円近いレベルまでクリニックや医院により料金の幅があると思います。
日本では公的医療保険の対象とならない為自費払いとなります。

生命保険加入者であれば「レーシック手術」により手術給付金が支払われるケースもありますので、生命保険に問い合わせてみてください。
(レーシック手術の正式名称である「レーザー角膜屈折矯正手術」を受ける事を伝える。)

ただし、レーシック手術の給付請求が増えた為保障の対象から外す動きがあるようですが、以前から加入している保険であれば保障対象となるが事あります。

レーシックの手術費用は決して安くありませんが、費用のことだけを重視して眼科クリニックや病院を選ばないでくださいね。
そして、最初に調べた眼科治療施設、医師、手法だけで決めてしまわないで、さまざまな角度からクリニック選びをしてください。
レーシック 施術前の適応検査&注意点は?最初に適応検査行います。
検査は、視力検査・乱視検査・角膜の厚さを測る検査・角膜のカーブの度合いを測る検査・眼底検査・水晶体や網膜の検査・ドクターによる診断があり、この検査によって、施術が可能かどうかを判断します。

http://televisionwonderland.com/

眼瞼下垂(がんけんかすい)を手術「挙筋前転法」で治す 

January 11 [Sun], 2009, 15:13
眼瞼下垂とは、生まれたときから片方のまぶただけがしっかりと開かない、先天性眼瞼下垂がよく知られていますが、最近では後天性の眼瞼下垂が非常に増加しています。つまり、「まぶた」が「垂れ下がって」いるということ。

加齢によって皮膚が伸びることが原因の老人性眼瞼下垂も多くなってきています。わかりやすくいうと、眼瞼下垂とは文字の通り「眼瞼」が「下垂」している状態。

眼瞼下垂(がんけんかすい)の症状は、顔を正面に向けた状態で眼を普通に開眼し加齢によって著しく皮膚が伸び、視野(特に上方視)が妨げられる状態を指します。眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、先天的理由、後天的理由(加齢・コンタクトレンズ装用等)により、上眼瞼(上まぶた)の機能に障害が生じ、瞼が開きづらくなる疾病の一つ、というのが一般的な解釈です。

後天性眼瞼下垂とは、長時間のパソコンなどによる目の酷使や女性のメイク、またはアトピーなどが原因で起こっています。

挙筋前転法という治療は、挙筋腱膜と瞼板とを再固定するために、生理的な改善が認められる画期的な治療法」とあります。そのため、眼瞼挙筋が収縮すると、挙筋腱膜を通して瞼板を持ち上げ開眼するのですが、この瞼板と挙筋腱膜がなんらかの原因によって、外れてしまったり、緩んだりしてしまうと、今まで連動した動作に遊びが発生し、開き具合が悪くなります。そのときの対応が判断の決め手になることが多いものです。

信頼の置けるクリニックかどうかは口コミだけでなく実際に相談してみてください。眼瞼下垂手術は、失敗や後悔はしたくないもの。しらべてみると、「まぶたの中では、瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)と瞼板とは、挙筋腱膜を介してくっついた状態で存在しています。

美容クリニックなどだと、施術前後の写真やイメージ図でどのくらい変わるかを見せてくれるので、まず最初に確認しておくといいと思います。(見栄えが肝心ですからね) 正しい手術を安全に受けるには正しい情報を得ることが非常に重要となってきます。

腱膜性眼瞼下垂には「挙筋前転法」という手術法が有効で信州大学病院が有名だそうです。ただ、実際に正しい術式で治療されていないケースもあり、施術後にトラブル抱えるケースも少なくないようです。


■手術時間:2〜3時間程度
■費用:健康保険が適応された場合は6〜7万円程度。
    自費診療の場合はクリニックによって大きく違い、50万〜90万円と結構かかります。
※最近では、季節ごとに期間限定キャンペーンをしているところが多いのでチェックしてみてください。

■術後:腫れがあり、個人差により、3日〜1週間程度つづきます。

○眼瞼下垂(がんけんかすい)と間違えやすい病気

眼瞼下垂(がんけんかすい)と間違えやすい病気、いわゆる、偽眼瞼下垂には、以下のような病名があります。
・眉毛下垂
・眼瞼痙攣・片側顔面痙攣・Meige症候群・チック
・眼瞼皮膚弛緩
・下眼瞼内反症
・他眼の瞼裂異常
・無眼球・小眼球・眼球癆
・眼球陥凹
・下斜視
・外斜視の片目つむり
・Duane症候群
・ヒステリー性眼瞼下垂
・周期性動眼瞼神経痙攣弛緩現象

眼瞼下垂(がんけんかすい)かな?と思ったら、自分で判断せず、病院で相談してください。

後天性の眼瞼下垂 

January 11 [Sun], 2009, 15:11
眼瞼とは「まぶた」のことで、下垂とは「垂れ下がる」ということです。この眼瞼下垂には二つの種類があります。この後天性眼瞼下垂とはどのような状態のことを指すのでしょうか。

二つ目がそれに対する後天性眼瞼下垂です。この後天性眼瞼下垂は以前は加齢によって発症してくるものが多かったのですが、近年長時間のパソコン作業などによる目の酷使や女性のメイク、アトピーが原因で発症するケースが非常に多く、増加傾向にあります。すなわち、まぶたに視界が遮られて眼がぱっちり開かない状態になることです。

眼瞼挙筋(がんけんきょきん)を過剰に働かせることでこれを補ったり、眉を持ち上げ、アゴを軽く引き上げたりする動作で遮られた上方の視野を確保してしまいます。こういった作用は何気なく日常的に行われてしまうため、なんとなくまぶたが重かったりしても強い自覚もないまま、気がついたときには後天性眼瞼下垂が悪化しているということが少なくないのです。これは、まぶたがしっかりと上まで持ち上がらないことが原因で起こることなのです。

一つは生まれつきまぶたがしっかり開かない先天性眼瞼下垂とよばれるもの。しかし、人の体というのは代償作用というものが働いて、遮られた視野を確保しようとします。まず顔を正面に向けた状態で、眼をごく普通に開けたとき、まぶたが瞳孔(黒目)にかぶさった状態を指します。

眼瞼下垂 (がんけんかすい)の方には 美容整形 がお勧め 

January 11 [Sun], 2009, 15:10
眼瞼下垂(がんけんかすい)の方には 美容整形がお勧めです。
眼瞼下垂(がんけんかすい)の方に 美容整形を勧める訳は・・周り以上に自分の表情が気になって自分に自信が持てない人が多いんです。眼瞼下垂 の方は『眉毛を上げて目を開けるようになってしまいます』美容整形 を受けると自然に遠近感が取れます。

眼瞼下垂 の方は『目が細く、目ツキが悪く見られます』美容整形 でやさしいまなざしを取り戻しましょう。眼瞼下垂 の方は『左右の目の開きが異なって見えるためにバランスが悪くなります』美容整形 で均整がとれます。

眼瞼下垂 の方は『眠たそうな目だと人から言われます』美容整形 で魅力的な目に変われます。一刻も早く眼瞼下垂 の美容整形をお勧めします。

眼瞼下垂 の方は『まぶたがくぼんで老けて見られます』美容整形 をして若々しい表情になりたい人にお勧め。


眼瞼下垂の美容整形には保険が使えるのでしょうか?眼瞼下垂は状態、及び症状に応じてご加入の健康保険が適応される場合がございます。切らない眼瞼下垂手術は従来の方法に比べ腫れが少なく、抜糸の必要がないなど、目をパッチリと大きくしたい方、特に30代の方に人気です。

加齢とともに眼瞼下垂になる人が多いのでハードコンタクトなどで若くして眼瞼下垂になると、老けて見られます。実は眼瞼下垂は自分で気付いていない人のほうが多いのですが、老人性眼瞼下垂で視野障害のある方は保険適応が可能です。

たるみのある方は切開式眼瞼下垂手術でたるみ取りを併用し、たるみのない方は最新治療の切らない眼瞼下垂手術をお勧めします。医師の診察において治療の必要性を判断した場合だけに保険が適応されます。

眼瞼下垂で健康保険が適応されるのは治療目的のためであり、美容・整形目的の場合は適応されません。眼瞼下垂手術は美容整形でも行っていますが、美しく仕上げようとすると高度な技術を要する手術です。

眼瞼下垂(がんけんかすい)治療の方法 

January 11 [Sun], 2009, 15:08
眼瞼下垂の治療は眼瞼下垂症の解消のためにするのですが、美容的な観点から見ると目を大きくするという効果があります。ですから、筋肉に問題がなければ、「挙筋前転法」が有効な治療となります。他にも偏頭痛や肩こり解消してくれるうれしい効果があります。

挙筋前転法は筋肉に一切傷をつけること無く、生理的で自然な開瞼状態に戻す画期的な治療法です。この治療方法は重度の眼瞼下垂症には有効ですが、眼のまぶたを引っ張り上げるミューラー筋への負担が大きいという問題があります。

信州大学形成外科の松尾教授が提唱した手術で“松尾式挙筋前転法”とも呼ばれています。眼瞼下垂は眼瞼挙筋の働きが弱まることが主な原因なので、眼瞼挙筋短縮法は伸びて弱まってしまった眼瞼挙筋を切り縫合して固定する治療です。

眼瞼下垂の治療は、通常「眼瞼挙筋短縮法」という方法を採用されています。ただ、医師に非常に高度な技術を必要とします。


まぶたが下がってきて目を開けるるがきつく、視野がすくなって来ていませんか。眼瞼下垂は、上まぶたに何らかの障害がおきて、眼を開きづらくなる病気の一つです。眼瞼下垂の治療は、手術によって眼の周りの皮膚を取り除いたり、筋肉を処置したりします。

眼瞼下垂は”がんけんかすい”と読みます。もしかすると眼瞼下垂の可能性があります。眼瞼下垂の治療の手術には、上眼瞼切開、挙筋短縮法、挙筋前転法などがあります。

眼瞼下垂の治療で手術を行うときは眼瞼下垂の手術の経験豊富な医師がいるところを選びましょう。眼瞼下垂は、生まれたときから筋肉や神経に何らかの障害を伴った先天性眼瞼下垂と加齢やハードコンタクトの使用などで筋肉や皮膚が緩んで引き起こす後天性眼瞼下垂の2通りに分けることができます。

眼瞼下垂は、まぶたが重く感じ、顔を正面に向けて、眼を普通に開けたとき、まぶたが瞳にかぶさった状態で、しっかりと上まで持ち上げられていない状態です。眼瞼下垂の治療は、形成外科や美容整形で受けることができます。

眼瞼下垂 先天性の定義と後天性の原因 

January 11 [Sun], 2009, 15:06
眼瞼下垂の定義 がんけんかすいとはほとんどの人は眼瞼下垂 がんけんかすい と言う言葉を知らないと思います。

老人性眼瞼下垂とは、加齢によって皮膚や筋が伸びてたれてしまい、視野が、特に上方視が妨げられる状態を指します。後天性の眼瞼下垂になる原因で最近多いのは、コンタクトレンズ脱着の際、眼をこすったりして瞼を持ち上げる筋肉、挙筋が弱る、もしくは切れたり外れたりするために瞼がもちあがらなくなってしまう場合や、目を酷使する行為、たとえばパソコンの長時間使用などです。

顔をまっすぐにし、正面を向いた時の状態で、まぶたが瞳孔(黒目)の上まで上がらない状態を先天性眼瞼下垂と定義しています。家族や知り合いが関わらないとわからない言葉です。
でも、今増えている病気なのです。

眼瞼下垂を大きく分けると先天性と後天性の2種類があります。
また、アトピーなどのアレルギー疾患によってまぶたを擦ったり、過剰なメイクによって目を擦る行為によって、著しく皮膚が弛緩してしまったり、瞼板と挙筋腱膜とが外れてしまうことによって、開瞼状態が悪化するケースも少なくありません。

後天性眼瞼下垂は 老化によって眼瞼挙筋の働きが弱まる老人性眼瞼下垂になるケースや物理的刺激によるものなどがあるようですが先天性はその名の通り、生まれたときからこれらの症状が起きるものです。動眼神経からの命令で動く眼瞼挙筋。老人性眼瞼下垂は後天性に属するでしょうか眼瞼下垂は、生まれたときから筋肉や神経に何らかの障害を伴った先天性眼瞼下垂と物理的刺激や老化による筋肉や皮膚の弛緩によって生じる後天性眼瞼下垂の2通りに分けることができます。

老人性眼瞼下垂の場合はこのように比較的多くの医療機関で治療ができるのでそう心配しなくてもいいでしょう。

老人性眼瞼下垂の場合後天性眼瞼下垂のひとつに老人性眼瞼下垂があります。先天性眼瞼下垂の場合両眼とも眼瞼下垂でうまれるケースと片眼のみの場合とがあり、割り合いとしては片眼のみの方が多いようです。

先天性眼瞼下垂の定義は、まぶたを開瞼するには、2つの筋肉が関与しています。
むしろ最近では後天性眼瞼下垂が増加傾向にあるのです。一般的に眼瞼下垂は先天性のものが多く、眼瞼挙筋の形成不全などで起こります。
老人性眼瞼下垂のほとんどの場合は筋肉などの処理はせず、皮膚だけを切除することで視野が確保できるため、多くの医療機関でおこなわれている治療です。

交感神経の緊張で収縮するミューラー筋です。後天性眼瞼下垂の原因後天性の眼瞼下垂は、筋力が全く無いということではなく、物理的刺激によるものや加齢による筋力の低下や皮膚の弛緩によるものなどがあるようです。

また先天性眼瞼下垂の原因のひとつに常染色体優性遺伝という遺伝的な問題も指摘されています。美容整形では上眼瞼切開やアイリフトと呼ばれています。
片側の眼瞼下垂の場合は、比較的簡単に判断できますが、両側性の場合で形成的な異常が伴わない場合は困難な場合もあります。しかし、体には不具合を自然にかばう能力があり、視野が妨げられると自然に、眉を持ち上げたり、顎を軽く上げたりと意識しなくても代償作用が働くため、判断が難しくなることもあります。

眼瞼下垂の症状 

January 11 [Sun], 2009, 15:03
眼瞼下垂とは文字の通り「眼瞼=まぶた」が「下垂=垂れ下がる」している状態を言います。

眼瞼下垂の症状は顔を正面に向けた状態で、眼を普通に開眼したとき、まぶたが瞳孔(黒目の部分)にかぶさった状態で、しっかりと上まで持ち上げられていない状態を言います。ところが近年ではIT時代ということもあって長時間のパソコンなどによる目の酷使や女性のメイク、またはアトピーなどから後天性の眼瞼下垂が非常に増加しているのです。

眼瞼下垂に対する挙筋前転法という治療は、挙筋腱膜と瞼板とを再固定するために、生理的な改善が認められる画期的な治療法です。

そうこうしているうちに病状が悪化し、本人が自覚症状に気付いた時は既に進行していることが多いわけです。そのほとんどは、文献などを参考にして適当に治療されているケースが多く、治療後に多くのトラブル抱えるケースも少なくありません。
自覚症状としてはまぶたが重く感じることです。この方法は多くの形成外科や美容外科で導入されているようです。

眼窩隔膜と挙筋腱膜はくっついているため、眼窩隔膜を引き出し固定することで、挙筋腱膜が短縮され、開瞼状態が改善するのです。
しかしこのような状況においても、人のカラダは代償作用が働きます。そのため、眼瞼挙筋が収縮すると、挙筋腱膜を通して瞼板を持ち上げ開眼します。

正しい治療を安全に受けるには正しい情報を得ることが非常に重要なのです。
挙筋前転法という治療は信州大学病院形成外科の松尾教授が広めた治療法であり、松尾式とも呼ばれています。

眼瞼下垂の挙筋前転法による手術時間は2〜3時間程度で気になる費用は健康保険適用では6〜7万円程度であり、自費診療の場合はクリニックによって大きく違います。
そしてこのような作用は日常的に行われてしまうため、本人はなかなか気付かないものです。

眼瞼下垂の治療方法ですが、まぶたの中では、瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)と瞼板とは、挙筋腱膜を介してくっついた状態で存在しています。
伸びてしまった挙筋腱膜を元に戻すには、眼窩隔膜と呼ばれる眼窩脂肪を包んでいる膜を切開し軽く引き出して、瞼板に固定します。
それはつまり、ハンディに対して視野を確保しようとするために、眼瞼挙筋を過剰に働かせることで補ったり、眉を持ち上げたり、アゴを軽く引き上げることで上方の視野を確保してしまいます。

眼瞼下垂については、生まれたときから片方のまぶただけがしっかりと開かない、先天性眼瞼下垂がよく知られています。
しかしこの瞼板と挙筋腱膜がなんらかの原因によって、外れてしまったり、緩んだりしてしまうと、今まで連動した動作に遊びが発生し、開き具合が悪くなります。
しかし残念ながら、すべてが実際に正しい術式で治療されているということではありません。

P R