樽前東山〜風不死岳

June 29 [Wed], 2011, 10:31
こんにちは。前のブログ、ID忘れてログインできなくなったので、新しく作りました。


さて、実家に帰省することになったので、割と近所の樽前山&風不死岳に行ってきました。
樽前山は子どもの頃何度か登ったことがあり、大人の僕には物足りないかな〜と考え、
今回は、あの、熊の生息地で有名(?)な風不死岳メインで行くことに決めました。


行きが赤・帰りが青

朝8時50分、母親に借りたファンカーゴで樽前山七合目に到着。平日だってゆうのに10台ほどの車が止まっていました。
とりあえず樽前東山を目指します、が、登るほどにガスがかかってきます。





樽前山は活火山。活動期だそうで、10年くらい前から真ん中の山頂は立ち入り禁止なんです。風下だったこともあり、硫黄のにおいがすごい。

そんなこんなであっとゆうまに東山に着きました。



こっから樽前を縦走して風不死へ向かいます。
休憩しようものなら一気に汗が冷えてしまうほど、風が強くて寒かったです。

軽いガレ場を超えて今度は草木が生い茂る道を進みます。
虫がすごい。

途中で若いカップルに遭遇しました。
もう降りてきたんですか?と話しかけると、
虫がすごいから辞めました。とのこと。
そんなすごいのか〜・・・とうんざりしながらも、東京の黒光りするアイツよりマシだろうなんて思いながら進みます。

入口につきました。



こっからさらに草の中を進み、、、





出ました鎖場。でもたいしたことなかったです。ボルダリングの経験が活きました。

山頂に近づくにつれてガスが濃くなってきました。ところどころ雨も降っています。
さすが熊の巣と呼ばれるだけあって、笹の中を進みます。



急勾配を登って、山頂か・・・と思わせといて、また下る。
アップダウンが激しいのです。
何度か、ニセピークを超え、熊の恐怖と孤独感に負けそうになり、
ひまわり組1stの「runrunrun」を口ずさんでたら、前方からおばさんがきました。
恥ずかしさをごまかすため、
「さ、山頂ってこの先でしょうか・・・」
と、知ってるくせに聞いてみました。よく間違える人が多いそうです。

そんで、やっと着きました。



おじさんが一人、いました。
まわりはガスっててなんも見えないので、おにぎり食べて下山します。



下のほうは天気良いのだけどね。
樽前山もなかなか良いもんだ。





しらかば。







なんかもう、めんどくさくなったんで写真だけのっけときます。
だいたい5時間半で帰ってきました。
天気良い日にリベンジしたいです。風不死岳からの支笏湖がみたかったんだ〜。


おわり
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:がんち
読者になる
ドライブチャリ散歩メシアウトドアな記録
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧