マイマイが日比野

August 12 [Fri], 2016, 4:04
ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、その上で国家試験を受け、合格してやっと介護士になれます。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、そう難度の高いものではないということです。



そういった、介護士を養成する学校は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。
様々な病気を患い心細い患者にとっては笑顔で患者一人一人を支えてくれる介護士は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。
ですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。そのため、うつ病を患う介護士も多いそうです。
性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。例外もあるかもしれませんが、介護士として働いていると、勿論逃げ出したくなることも少なからずあることと思います。

仕事上のミスや、患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。


そうはいっても、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと感じることももちろんあります。

元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。実は、介護士にはちゃんとした階級が存在するのです。トップに位置するのは、各介護施設の方針によっても異なりますが、普通は看護部長や総介護士長がトップにあたります。

具体的に、どのように階級が上がるのかというと、その介護施設での勤務を長くするなど、周囲の信頼を得ることが大切なようです。


もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ年収や待遇は良くなるでしょう。



子供のころから介護士になるのが夢だったのですが、家庭の事情があってしばらくOLとして会社に勤めていました。
ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。思い切って転職して、無資格でも働ける介護施設などで働くことも出来たのですが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。



すると、介護の現場で看護助手としての仕事をしながら資格も取れるそうなのです。夢だった介護士の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。

皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、介護関係者も、より多く輩出されなければならなくなるでしょう。



なので、既に不足している介護士なのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。

毎年多くの人が介護士資格に合格しているはずなのに、今なお介護士の数が十分でないのはなぜかというと改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。



介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどれほどの難しさなのでしょうか。


資格を取得するための介護士国家試験の合格率は、毎年90%前後ですから、決して低くありません。実際の試験の内容も、それまでの学校生活で普通に勉強していた人だったらそんなに難しい試験ではありませんので、それほど厳しい資格ということも無いようですね。介護機関、それも病棟に勤務する介護士であれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。

夜勤においては医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、そんな状態で夜間に容態が急変した重体患者が出たりなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおおむね日勤よりも多くなるのが普通です。

改めて言うまでもなく、介護関係の代表職である医師と介護士ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。



はっきりした違いは、医師は患者さんの診察と治療、予防指導を行ったり、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。
それに対して、介護士は、医師の指導に則って、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんの介護的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。

激務で知られる介護士ですが、どんな時に介護士としてのやりがいを得られるかといえば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後日、介護施設まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。また、特に患者さんのご家族からとても喜んでもらえた時など、しみじみとやりがいを感じられます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、きっと辞職しようと思って、悩むでしょう。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い介護士は離職率が高いです。ですから、転職率も高いですね。


ですから、転職サイトによっては介護士のみに対象を絞ったものが多種多様に存在しています。

このような転職サイトを活用すれば、さらに効率よく自分の希望する条件の求人を探せますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の介護士にぜひ利用してもらいたいです。

たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを一緒に活用することをお勧めします。思い返してみると、私が介護士になりたいと思ったのは中学での職業体験でのことでした。私は介護施設へ訪問しました。



その時、そこに勤務している介護士さんを見て、感動したのがきっかけです。


将来は、こんな風に働きたいと思ったことをきっかけに看護学校に行くことを決め、現在は介護士として勤務する毎日です。大変なこともあるのですが、それなりに充実していると思います。看護士も介護士も、読みは二つとも一緒ですが漢字で書いてみると二通りで表すことができます。



少し前までだと、男性のことを表すのは看護士、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。


それが、2001年に法律が改正され、男女とも使える「介護士」を使うことでひとくくりにされることになったのです。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって介護士の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。

なお、介護士という職についていると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、それだけでなく自分自身の身体のことも今の状態を把握しやすくなるようです。いつも忙しく、様々な業務に携わる介護士という職業ですが、仕事上での必要性や重要度は大変高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。24時間いつでも稼働している介護施設が職場ですから、そこで働く介護士も24時間不在の時間があってはなりません。


なので、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代しながら働く形になります。
夜勤業務があるので、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。注射や採血を好む人は少数派でしょうが、注射の必要があるのならば、痛みが少ないようにお願いしたいですよね。

とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、上手な人もいれば、まだ慣れていない介護士に処置されて痛い思いをすることもよくあります。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、ほとんどの介護士が介護施設で勤務します。しかしながら、介護施設における看護業務の他にも、多くの場所で、介護士資格を持つ人材は求められています。
例を挙げると、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。こうした職場で介護士として腕を振るう人もじわじわ増えています。介護士はこんな風に働ける場所は色々あり、自身の生活が変わっていくのに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。


介護士は、患者と関わらねばならないため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮しなくてはなりません。

介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いでしょう。


とはいえ、職場の環境や方針次第では、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを知っておいた方が良いでしょう。


たいていの場合、介護士の人間関係は良くないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。あまり健全ではない、そんな空気の中にいてやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは達観しておくのが良いでしょう。入院設備のある介護施設に介護士として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子供がいる介護士にしてみれば不安材料となります。

ある程度の年齢までなら数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。

なので、パートで働く形に変えていくという介護士も多くいるということです。数年前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、近頃では男性が介護士として働くケースも珍しくなくなってきました。

看護職においては、患者の移動の際や入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、男性介護士の活躍する場面は多々あります。


女性と年収に関しては同じですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。貴重な人材である介護士が必要とされている場は確かに介護施設が多いですが、他にもあります。数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでもまだまだ介護士は足りていません。
このグループホームにいるのは、認知症患者の方であるため、特別な配慮が必要となってきます。

介護の分野に関心があるという介護士は、職場としてグループホームを選ぶということも考えてみると良いでしょう。介護士の不足は十分な介護を提供できないという意味では社会問題と言えます。代表的な要因として介護士の仕事が過酷だということが挙げられます。
介護士が医師の指示がなくとも一部の介護行為をできるようになったため介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、仕事に拘束される時間も長くなり、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に退職する人もいます。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語に「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。これは、食事をとりに休憩してきます、ということを勤務している他の人に知ってもらうために普段から使用されているようです。そもそもエッセンとは、というと、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。昔、この世界ではドイツ語の介護用語が盛んに使用されていた事実があって、その影響です。何であれ現在に至っても普通に使用されているようです。


介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。
それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。
忙しいかどうかは、介護施設や、診療科によっても違ってきますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者で待合室がいっぱいになり、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。
どんなスキルが必要になるか、ということも介護施設や、診療科によっても違います。最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、介護士を挙げることが出来ます。外来の介護士であれば日勤のみということもありますが、多くの介護施設では、病棟の方に人材を割くので経験が浅いと必然的にシフト勤務になると思います。



実際に、私の妻も介護士としてシフトに入っていましたから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変でした。介護士の資格を取得するにはよく知られている、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。

そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。対する専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。総じてキツイと考えられがちな介護士の仕事。



勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。
例として、二交代制の介護施設勤務のケースだと、途中で休憩をとることはとるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。労働時間が長いということも介護士が過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、介護士はその外見に問題がないのか気を付けておく事が必須になります。


女性の介護士の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。
ノーメイクとも違いますから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が良くなるでしょう。


新卒や既卒で介護士としての就職先が見つからずに失敗が続くという場合、年齢が壁になっているかもしれません。
求人サイトなどには年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、介護施設が裏で何歳以下だけを採用すると設定していることもあります。
中でも30代から介護士を始めた、という方の場合はかなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大智
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gancai141jbau7/index1_0.rdf