頑張れ日本企業

March 19 [Mon], 2012, 13:26
近頃の家電業界の衰退はすごいです。テレビや冷蔵庫、パソコンなどの売上は、最盛期の2003年は6兆円でしたが、2010年には3兆4000億円にまで落ち込んでいます。7年のあいだに、3兆円もの下落で、市場規模は半分ほどまで
縮小しています。さらに売上を阻む悩みの種の海外家電メーカーの進出はとどまることを知らず、日本勢に猛威を振るっているのです。
日本経済の希望の綱の物づくり産業でさえこのありさまでは、今後の日本の先行きにかなり不安があります。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ganbaganbax7/index1_0.rdf