【 更新情報 】

スポンサードリンク

PET検査とは、どんなことをするの

Pはポジトロン、EはエミッションTはトモグラフィ、これでPETと略されペットと呼びます。一般の方々も、気軽に利用できるようになってほしいものです。

ガンの大きさや形を捉えるCTやMRIと違って、PET検査はガン細胞の「高まった代謝状態」を捉える検査だそうです。この検査はより多くのガンをより早く発見する事が可能になりましたPET検査は、特定の場所を検査するのとは違い、調べにくかった場所も含めて体全体を検査する事が出来るので、女性特有の乳ガンや子宮頸ガンも、早期発見や良性か悪性かの区別もわかるので、必要のない手術を避けられ、的確な治療方法を迅速に決めることが出来るという素晴らしい検査です。

正常にも関わらず、活発にブドウ糖代謝を行う臓器、排泄時の通り道である腎臓、尿管、膀胱、胃ガンや肝臓ガン、進行の遅い肺ガンなどの一部には、あまりブドウ糖を取り込まない性質や種類の臓器等もあるので、PET検査以外にも部位ごとに検査をして総合的に判断してほしいと思います。その性質を利用して、体内に擬似ブドウ糖を注射して高反応をおこして集まってきたガン細胞を画像化して診断するのです。

実は、この検査に向かない場所もあるのです。ガン細胞は、ブドウ糖に反応する性質が正常細胞の数倍も有ります。

最後に早期発見や予防と同列に女性保険も大事です。健康なうちに真剣に考え、保険会社の窓口で相談してみましょう。

高額の医療費がかかってしまうガンの治療費、経費面での心配なく治療に専念できるためには、女性保険も大切です。

女性保険を扱っている保険会社を列記しました。

アリコジャパンの女性保険そんぽジャパンの女性保険東京海上日動あんしん生命の女性保険三井住友海上きらめき生命の女性保険他にもまだまだたくさん有りますので、いろいろ比較検討してみましょう。

女性特有のガンの早期発見と女性保険

私は絶対大丈夫だと、自信のある方はいらっしゃらないと思います。女性特有の乳ガンや子宮頸ガンは、特に発見が難しい病気だそうですが、それを予防する為には、触診とマンモグラフィを併用すると有効だと言われています。それでも発生してしまった場合は、他の病気と違って、経済的にも辛い思いがあります。自分の健康は財産、そして家庭と言う会社の資本だと思い大事にしましょう。しかし会社の集団検診などでは、女性特有の乳ガンや子宮頸ガン検診は行われていません。あまり小さいと場所を特定できない場合もありますが、その後の定期健診で早期発見が可能となります。

40歳以上の方の乳ガン健診として勧められていますが、そのような精密な検査でも90%の発見率と言われます。一方で若い方においては、触診でもレントゲンを撮っても解り辛いと言われます。保険も聞かず高額なので、まだ一般的ではないのですが、どんな小さながん細胞でも見逃さないと言われています。まず男性と女性のガンの発生率を比べてみると女性の方が低いのです。故に、健康を持続させるには、定期健診が、とても大切なのです。

女性は男性に比べ煙草やお酒の悪影響を受けやすいのですが、このような結果が出ています。我が身にもガンが発生するかもしれないと怯える前に早期発見と予防の知識をたくさん得ておきましょう。最近では、成人病の発生率も毎年増加の傾向にあるのですが、これは食生活が欧米化して来たこと、女性の社会進出によってストレスがおおきく健康を左右しているっことなどが考えられます。そんな時、効果を発揮するのがPET検査です。それにガンには自覚症状が無い事、体調不良を訴えても更年期障害やホルモンのバランスの乱れ、不定愁訴(イライラ、疲労感、頭痛、不眠など漠然とした症状)などと診断されやすく、がんに限らず病気の発見が遅くなりがちです。

家族や親戚にガンを患った方がいらして、ガンの遺伝子を持っている疑いのある方は念入りな検診を望みます。マンモグラフィは、最近TVなどでも紹介されていましたね。精神的なゆとりの為にもガンの知識と共に女性保険の知識も調べておきませんか。特に女性は家族や高齢化による両親の介護などを優先し、自分の健康は、後回しになってしまうといったことで、ガンなどの発見が遅れてしまったりと悲しい事実がたくさん有ります。ここでは、女性とは切り離せない病気である乳ガン、子宮頸ガンについて調べました。

女性とガン保険

ガンは日本人の死因の第一位です。トータルの保険料では、終身ガン保険のほうが一般的に安くつきます。女性用ガン保険に入っておくと、女性特有のガンである乳ガン・子宮ガンの保障が厚くなります。いずれにせよ、各社が様々な内容のガン保険を扱っています。私たち女性に本当に役立つガン保険はどれなのか、まずは資料を取り寄せて研究しましょう。

ガン保険には、大別して一定期間を保障する「定期ガン保険タイプ」と、一生涯保障する「終身ガン保険タイプ」があります。ガン保険とは、病気にかかった場合の保障の対象をガンに絞った医療保険です。ですから、いざとなったら良いガン保険に乗り換えられる更新できる定期ガン保険タイプをおススメされている方も多いようです。ガンにかかると家族に高額の負担かけてしまいます。

定期タイプは満期になっても所定の年齢に達するまでは健康状態にかかわらず更新できます。ガン保険にぜひ入っておきたいものです。これをしっかりと利用しましょう。終身タイプは契約当初の保険料がそのまま続きます。

ガン保険は様々なので専門家のアドバイスをうかがうのも大切です。役所や大学などで無料相談をしていることもあります。しかし、ご存知のとおりガン保険は日進月歩で充実してきています。女性に多いガンには大腸ガン、子宮ガン、乳がん等があります。

乳がんの治療

●乳がんの治療

乳がんの初期治療は、

(1)局所療法(手術・放射線療法)
(2)薬物療法(化学療法・ホルモン療法)

乳がんの進行度合いや、大きさなどによっては術前に放射線療法や化学療法を行う場合もあります。
手術後は、状況に応じ、放射線療法や薬物療法を行います。その後、乳房再建やリハビリを行うなどして術後のケア、そして再発・転移防止に努めます。

●手術や治療にかかる費用

これはがんの進行状況により異なってくるかと思いますが、現在では、乳がんで治療を受けられた方が治療費などを公開されているサイトをよく見かけますので、検索して探してみてください。「乳がん 治療費」などで検索するとよいでしょう。

保険適応になる部分だけでも、3割負担で数十万円、保険適応外の部分を含めるともっと掛かるということです。そこで話にでているのは、やはり女性保険に入っていれば、安心ということです。
むしろ、「儲かった」という話までもが女性保険も保険会社によっていろいろと種類がありますので
納得した上で契約しましょう。

女性保険やがん保険も保障開始されるまでに一定期間の待ち期間があるということもご注意ください。
加入していたのに給付が受けられないのは本当にバカらしいです。オペレーターや勧誘のオバちゃんパワーに負けず、分からないことは全部聞きましょう。

女性と乳がん

●乳がんの傾向
乳がんになる女性は年々増加しています。最近では1年間に約3万5千人が乳がんにかかり死亡する方も1万人に達する勢いです。日本では30代後半から急激に増え始め、40代後半でピークに達するという特徴がありますが、食事の欧米化も手伝ってか、昔ではほとんどいなかったとされる高齢者(70~80代)での乳がんも増えてきています。

このままでは2015年には年間5万人が乳がんになると予測されています。

●乳がんの分類
乳がんは大きく4つに分けられます。

1、乳頭腺管がん(乳がん全体の約20%):診察上わかりにくいがん
2、充実腺管がん(乳がん全体の約20%):硬いシコリとして気付かれる
3、硬がん(乳がん全体の約40%):乳房に変形を生じやすい
4、特殊型

●乳がんの危険因子
危険因子としては下記があげられます。

1、初潮が早い
2、月経周期が規則正しい
3、月経周期が短い
4、閉経が55歳以上
5、出産未経験(含む未婚)
5、高齢出産経験がある
7、社会的な階層が高い(高学歴)
8、肥満
9、乳がんの家族歴

などなど他にもありますが、女性ホルモン(エストロゲン)に長期にさらされることが1番の要因といえるでしょう。

●乳がんの発生しやすい場所
乳がんのできやすい場所は、正面から見てわきの下の横の部分という意外と上の方です。

外上部 50%
内上部 20%
外下部 10%
内下部 5%
乳輪部 5%
複数の領域 10%

●乳がんの自覚症状
乳がんの症状は、初期段階においては意識されにくくがんが進行するにつれてしこりなど自覚症状が現れてきます。

・しこり
・皮膚の異常
・乳頭の陥没
・乳頭のびらん・かゆみ
・わきの下のリンパ節の腫大

などなど。

●乳がんを早期発見するためには
日頃から鏡で見るなどして異常がないかチェックしましょう。最近では女性がん検診もさかんに行われているので早期発見のため、自治体や機関病院に問い合わせてみましょう。
検査の費用ですが検診は治療ではないので自費診療です。マンモグラフィーと視触診の併用では、だいたい5000円〜10000円前後のところをよく見かけますが、施設や内容によっては2~3万円のところも
あるようです。直接医療機関に聞く方がよいでしょう。

女性の社会進出とガン

女性の社会進出の増加に伴って、女性特有の病気にかかる人が増えてきています。特に最近多いのが、ガン患者です。
ガンの発症の原因には食生活が乱れや、ストレスを感じること、不規則な生活などが大きく関与していると言われています。女性特有のガンといえば乳ガン、子宮ガン、卵巣ガンなどがあげられます。
なかでも乳ガンは年々患者の数が増加しており、2020年には患者の数が約50、000人に達するであろうとも言われています。ある予想では、日本人女性の30人に1人の割合で乳ガンにかかってしまうという話もあります。乳ガンの罹患者は30歳の後半から40歳後半の女性に多く見られます。

統計によると、乳ガンになりやすい人は

・喫煙や過剰にアルコールを摂取している人
・血縁者に乳ガン患者がいた遺伝的因子を持っている人
・30歳以上で初産した人や出産経験がない人
・女性ホルモン剤を使ったことがある人

などが挙げられます。

このような危険因子を含んでいる、いないに関わらずに大事なことは何といっても早期発見です。
乳ガンは早期発見であれば90%の割合で完治することが可能と言われています。自分で触診してみたり、健診に行くなど積極的に早期発見をできるようにしましょう。
P R