「スティル…」 

2007年04月02日(月) 15時52分
サヨナラなんて簡単に
言えたら僕… 
いや、人は傷つかずにすむのだろう。

あのね、本当は
僕は今でもまだ君が
好きなんだ。なんて…
もし、君に聴こえたら
君は何て答えるかな?

この手で君を抱き締めたいんだ
だけどね、弱い僕には
君以外の誰かを抱き締める勇気しかないんだ…

僕の記憶から
君が消えることは無い

サヨナラなんて簡単に
言えたら僕… 
いや、人は傷つかずにすむのだろう。
届かない君を
僕は今でも誰より愛してる
「逢いたいよ…」

この手で君を抱き締めたいんだ
だけどね、弱い僕には
君以外の誰かを抱き締める勇気しかないんだ…

僕の記憶から
君が消えることは無い

サヨナラなんて簡単に
言えたら僕… 
いや、人は傷つかずにすむのだろう。
届かない君を…
僕は今でも誰より愛してる
「逢いたいよ…」

今でも…
「大好きだよ」

そっとコノ歌に乗せます。


『消えない傷』 

2007年04月02日(月) 15時51分
今更、僕が君にゴメンを
言えても
現実が何もかわらない事
解ってる

あの日、お揃いの指輪を
「もう二度と戻る事はない」と話しながら
棄てた指輪の温もりが
つまり、君という
温もりがコノ左手の
薬指に残ってる。

「サヨナラ」と
君の泣きながら笑う
笑顔が瞼の裏に
君という傷が消えないんだ…

僕らの出会いが
間違いだった
そう想うと少しだけど
気持ちが落ち着いた。

あの日、お揃いの指輪を
「もう二度と戻る事はない」と話しながら
棄てた指輪の温もりが
つまり、君という
温もりがコノ左手の
薬指に残ってる。

「サヨナラ」と
君の泣きながら笑う
笑顔が瞼の裏に
君という傷が癒えないんだ…

「ゴメンね…」と
君は泣きながら…
「ありがとう」と
君が泣きながら笑い

「サヨナラ」と
君の泣きながら笑う
笑顔が瞼の裏に
君という傷が消えないんだ…


Re: 「セピアを捨て、新しい始まりを」 

2007年04月02日(月) 15時49分
僕には見えるよ
はっきりと瞳を綴じれば
君が見える
早くおいで…
僕らには君が必要なんだ

希望の欠片もない
絶望と言えるくらい
ドン底に堕ちた僕らは
やっと、ここまで
這上がったよ
後、必要なのは
「君だけなんだ」

夢を描く為の翼
君の力を僕に、僕らに
貸しておくれ
恐くなんかないさ
僕らなら
必ず、羽ばたける。

何があろうと僕らに
変わらぬ思いがあれば
大丈夫さ
今、僕らを指さして
笑う人達は無視しよう
笑われた数だけ
輝こう
僕らには、その力が
あるから…

夢を描く為の翼
君の力を僕に、僕らに
貸しておくれ
恐くなんかないさ
僕らなら
必ず、輝ける。



『FUЯё∀』 

2007年04月02日(月) 15時43分
キミだけは僕の美しい存在でいて…

覚えてる?
3月にふわりふわり
最初で最後の初雪
僕にはキミの嬉しそな
笑顔が見えたんだ。

手を伸ばしても
声を枯らしても
触れらない
響きもしない
『逢いたいよ…』

キミだけは僕の美しい存在でいて
例えば、キミが人でなくてもいいの…
動かなくても
キミの美しさにカワリはない。

瞳を綴じれば
瞼の裏に
忘れられない
愛しすぎる
『ソノ笑顔…』

キミだけは僕の美しい存在でいて
例えば、キミが人でなくてもいいの…
動かなくても
キミの美しさにカワリはない。

キミだけは僕の美しい存在でいて
例えば、キミが猫でも構わない…
動かなくても
キミの美しさにカワリはない。

動かなくても
キミの美しさにオワリはない。



しゅ〜とコラボ★ 

2007年04月02日(月) 15時42分
月明かりの下
君と手をつなぎ
交わす温もり
こんなにも今は
君と見つめ合い
交わす言葉ですら
僕の心を癒してくんだ

不思議だね
少し前の僕は
新しい扉を開けれずにいたよ
今はただ君に溺れてゆく

悲しすぎた日々は
もう終わりにしよう
だってこんなに今は
君を愛しているから
悲しみは僕らに
必要ないから…

花には水が必要なように
僕には君が必要なんだよ
君も同じ気持ちだよね?
きっと…

悲しすぎた日々は
もう終わりにしよう
だってこんなに今は
君を愛しているから
悲しみは僕らに
必要ないから…

いつまでも
この手は離さない。


(無題) 

2007年03月14日(水) 10時40分
『D×D=Drop☆×Drop★』
作詞・作曲:純

君は今、何を望む?
暗闇が怖いなら
暗闇を好きになればいい
それだけで
違う答えが見つかるさ

準備はいいかい?

安心して
どんな時も僕らの音楽で
守るから
君は一人じゃない
僕らは君を裏切らないから

泣いたっていいんだよ
枯れるくらい泣けばいい
大丈夫。明日は笑えるさ

このノリついてきな
気持ちよくしてあげる
ルールは一つ
首を降り続けろ!!

僕らと一緒に今夜も
激しく暴れよう!!

三曲目!! 

2007年03月13日(火) 11時10分
『』


ふわり、ふわりと
僕の頬にぶつかっては溶ける雪
気付けば涙に変わってたんだ

冬の夜空に輝く星達の
綺麗さが解らない。
水中から見てるようで…

『出会わなければ…』
なんて呟く
否定的な僕に最後まで
君は笑顔をくれた。

冬の夜空に輝く星達の
綺麗さが解らない。
水中から見てるようで…

泣きながら君が
『また、何処かで会った時は二人、笑顔でね。』
そっと呟く…

『出会わなければ…』
なんて呟く
否定的な僕に最後まで
君は笑顔をくれた。


損神の詞 

2007年03月12日(月) 14時38分
消え失せろ×3

今はいない大切な人が頭の中から離れない
別に何をされた訳じゃない
ただいつもどこかチクチク痛む

ツライのか?そうじゃない
苦しいのか?いっそ消えてしまいたいくらいに

あいつが悪いわけじゃない
きっと誰も悪くない


だからこそ全てを消してしまいたい
忘れようとするたび思い出すくらいなら

reset and restart.
old times is reset.
I have want to the hope.
to go. to go. to go.

start is now.


思い出すと腹が立つ
何もないはずなのに
忘れたい忘れられる分けない
あんなに楽しかった毎日を

もう二度と戻らないなら
all reset of my memories.and,



?曲目 

2007年03月12日(月) 14時05分
『冬の夜空に…』
作詞・作曲:純

冬の夜空に
雪を降らしてと呟くの
雪粒で涙を隠しながらも
誓うわ…
「今でも貴方が好き」と

貴方がくれたマフラー
「逆だよね、普通…」
何気なく言った私の言葉で笑い合った二人。

早くも、3年が過ぎ
まだ、マフラーも思い出も捨てれないの…

冬の夜空に
雨を降らしてと呟くの
雨粒で涙を隠しながらも
誓うわ…
「今でも貴方が好き」と

このまま誰かを軽く
愛せたとしても、
私は…どうなるの?
壊れてくのかな…?

冬の夜空に
雪を降らしてと呟くの
雪粒で涙を隠しながらも
誓うわ…
「今でも貴方が好き」と

冬の夜空に
雨を降らしてと呟くの
雨粒で涙を隠しながらも
誓うわ…
「今でも貴方が好き」と


まず、一曲 

2007年03月12日(月) 14時01分
『雪溶けの頃』
作詞・作曲:純

あたしね
ずっと前に進めないの
君と別れて…
離れて気付いたのかな?
もっと、もっと
君を好きになりました。

戻らぬ届かぬ愛が
きっとコノ世の何よりも
辛く、痛く、苦しい事だと
知りました。

君がね
ずっと一緒にいようって
あたしに笑顔で…
抱き締めてくれたのが
少しづつ、少しづつ
嘘にかわっていきました。
戻らぬ届かぬ愛が
きっとコノ世の何よりも
辛く、痛く、苦しい事だと
知りました。

春の風が吹きました
あたしの心の中にね
そっと…
『あなたが好きです』と…
呟いてみました。

雪溶けの頃
春が来るのを恐れるあたし
後、どれくらい泣けば
雪は降り続けてくれるのでしょうか…?

春の風が吹きました
あたしの心の中にね
そっと…
『あなたが好きです』と…
呟いてみました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gan-sound
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像紗紀
» 「スティル…」 (2010年04月17日)
アイコン画像出会い
» (無題) (2008年05月28日)
アイコン画像NOBUちん
» (無題) (2007年03月15日)
アイコン画像きぃ〜ちゃん
» お久ぁ!! (2007年03月10日)
アイコン画像DS買うぞぉ!
» (無題) (2007年03月10日)
アイコン画像米屋
» (無題) (2007年03月09日)
アイコン画像教師B
» (無題) (2007年03月09日)
アイコン画像変態仮面
» 久々の!! (2007年03月06日)
アイコン画像
» 久々の!! (2007年02月25日)
アイコン画像町の薬屋さん
» 本日わぁ♪ (2007年02月15日)
Yapme!一覧
読者になる