謳い文句に惑わされない

現在、何かの医療保険には加入しているけれど、加えてがん保険にも入った方がよいのか迷っている人もいると思います。
がん保険ってどんな選び方をすればよいの?
そんな風に考えているときに、テレビCMで「万が一ガンになった場合は○○万円が支払われます」などと言う医療保険の宣伝が流れると、思わず目と耳を奪われてしまいますね。

確かにがん保険でないとがんの保障をしてもらえないわけではなく、医療保険に加入していれば、がんの治療のために必要な入院や手術の保障はしてもらえます。
ただがんに罹ってしまった場合、治療に膨大な費用がかかるため、そこを補うためにがんに特化した保険が発売されるようになったのです。

さて医療保険の見直しや保険の加入を検討している場合、何を選び方の基準にしていますか?
やはり情報としてもっとも私たちに入ってき易いのはテレビCMではないでしょうか。
「医師の診査は不要です」「だれでも入れます」「入院1日1万円」「10年間無事故なら○○万円のボーナス」などなど、各保険会社のセールストークがリフレインしています。
こんなCMを見ていると、医療保険の必要性を感じる反面、「本当にそんなに入りやすくて保障もしてくれる保険があるの?」と疑問にも感じてしまいませんか?
この疑問に思う気持ちが大切なのです。
人々の関心を誘うようなメリットばかりを前面に出している裏には、契約者にとってデメリットとも言える商品の本質が隠れている場合もあるのです。
例えば、医師の診査がなくても加入できる、という保険。
現在、病気療養中の人や既往歴があってなかなか医療保険に入れなかった人が「それなら私も入れる」と思うだけでなく、健康な人までもがなぜか「それはいい」と思えてしまうのです。
いくら健康でもやはり医師の診査を面倒に感じる気持ちがあるからでしょう。
しかし「だれでも入れる」ということの裏返しは「支払われる保険金が少ない」ということでもあるのです。
病気の人でも入れるということは、当然保険金の支払いが多くなります。
保険会社も営利を求めているわけですから、支払う保険金を少額にして損をしないように計算されています。

契約してから「こんなはずじゃなかった」と思う前に、疑問を持った点はしっかり確認をしておくべきです。

がん保険と医療保険

自分が現在加入している保険について、「保障はどうなっているの?」「こんなときには保険金が支払われるの?」と具体的に詳細まで把握している人はどれくらいいるのでしょうか。
保険の選び方もCMで聞いたことがあるから、あるいは営業担当者に勧められるまま加入してしまった人も多いと思います。

保険にもその対象や目的によっていろいろな種類がありますが、ここでは病気やケガをした時に保険金が支払われる医療保険と、保障の対象をがんに限定したがん保険の違いについてお話したいと思います。
まず医療保険は、病気やケガを治療する目的で入院や手術をしたときに保障してくれる保険です。
ケガには災害・事故によるものも含まれます。
もちろん、がんになってしまい入院や手術が必要な場合も保障してもらえます。
それに対し、がん保険はがんの治療を目的とした入院や手術をした場合に保障してもらえる保険で、保障の対象はがんに限定されます。
その分、幅広く保障される医療保険に対して保険料が安く抑えられているわけです。

これら医療保険の選び方としては、まず幅広く病気や災害時の保障をしてくれる医療保険に加入し、さらにがんが心配な場合は保障の上乗せというかたちでがん保険にも加入するとよいでしょう。
がん保険を契約するにあたって注意したいのは、がん保険は加入して最初の90日間は免責期間といってこの間にがんに罹っても保険金は支払われないことです。

がん保険と言うと少し前まではアヒルのCMでおなじみアメリカンファミリー生命が主力でしたが、現在はいろいろな保険会社からも発売されています。
それぞれに特色がありますので、何社か見比べてそれぞれの特徴を見極めてください。

保険の種類

世の中の不景気のあおりを受けて、家計を見直している人も多いことでしょう。
毎月の出費から住宅ローンや教育費など、どうしても削れないものを除いていくと、まず見直すべきは各種保険になってくるようです。
今まではよくわからないけど安心のためと払い続けてきた保険料。
「もしかして払い過ぎていないかしら?」「これから保険に入り直すならどんな保険?」と、見直しや選び方について今一度見直してみましょう。
そのためには数ある保険の種類を知る必要があります。

保険と一言で言ってもその目的はいくつかあり、大きく分けると「死亡保障」「老後のための貯蓄」「医療保障」になります。
死亡保障は被保険者が死亡したり高度障害になった場合に保険金が支払われるもので、代表的なものは定期保険や終身保険等です。
老後の資金や貯蓄を目的とするものには養老保険、個人年金保険、学資保険等があります。
これは被保険者が一定の年齢になったときに保険金が支払われます。
医療保障は病気やケガをした場合に保険金が支払われるもので、医療保険、がん保険等がこれに含まれます。
がん保険は対象をがんに特定した保険ですが、もちろんそれ以外の医療保険ではがんになっても一切保障がない、というわけではないのでご心配なく。

ほとんどの保険は基本の主契約に特約として災害や疾病時の保障を付けることもできるようになっています。
保険各社が次々と新しい保険商品を売り出し、保険の選び方にも迷う時代ですが、入ろうとする保険の種類に応じた特徴をよく理解し、自分の利用目的に合っていると納得できる商品を選んでください。
スポンサードリンク

保険マンモス⇒イラスト図表で保険料を3〜4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”

情報提供にとどまらず、実績ある全国プロFPの「無料相談」も実施、コスト削減を現実のものに!



あなたにピッタリな保険を「DIY保険組み立てキット」で探す
1年ごとに見直せるし、ダイレクト販売のために保険料にムダがありません。


生命保険の無料相談は生命保険契約ナビへ
複数社から無料見積!生命保険に強いファイナンシャルプランナー(FP)を無料でご紹介致します。


簡単!便利!みんなの保険比較サイト保険モール
自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができます。


損保ジャパンひまわり生命「フェミニーヌ」
入院してもしなくても3年ごとに15万円のボーナスがもらえる嬉しい保険です。