曽田とパタスモンキー

July 19 [Wed], 2017, 10:53
実は、最近の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌にとても効果があるということが分かり始めてきました。


というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで全て防ぐことはできません。

常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力が高くなって、インフルエンザを防いでくれたり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。アトピーに効果があると噂されている入浴剤を試用品として貰いました。
どんなものでもそうですが、少しだけ使ってみないと品定めできないものです。その入浴剤はよく肌に馴染んで、良い印象を持ちました。

しびれるような感じもありませんし、皮膚が引っ張られるような感じもなくて、潤いをよく保ちます。


一般的な乳製品でなくても、乳酸菌入りの食品があると知り、いったい、どういうものだろうと調べてみました。いろいろ探してみたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類全般のことなのだそうです。
このことを知ってましたか?私は30年以上生きてきて、初めて知った事実です。
乳酸菌シロタ株イコール、ヤクルトです。昔、白血病になり病気を克服した経験のある渡辺謙さんのCMでもよく知られています。

見事に白血病を克服し、ハリウッドで引く手あまたのCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、高い効果が期待できそうな気分がします。便が出ない事って永い人生のうちに必ず一度は誰もが体験したことがあるものだと思います。私もその一人で、最悪の場合は一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。



便通を良くする薬もありますが、私はアレがあまり好きではないので、穏やかに効いてくれるオリゴ糖を飲んでいます。効き目が優しいのが安心ですね。どんな乳酸菌を選べばいいかと言えば、まずは、気になった乳酸菌を含んだ商品を試用してみると良いでしょう。最近では、おいしい乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリというものも売られています。おすすめの腸まで届く効き目の乳酸菌飲料を試しに、飲んでみたとき、あくる日は、便所から出られなくなったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。夜更けに高熱が出て、40℃ほどまで上がって健康状態が悪かったので、次の日に病院に行きました。
結果、インフルエンザの検査が受けられますよと尋ねられました。

万が一、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、調べたいと願いました。



便秘にいい食べ物を毎日頂いています。何かと言うと、それはバナナプラスヨーグルトです。

ほんと毎朝摂っています。
食べている間に、便秘が解消してきました。



ひどかった便秘がなくなってコーラックなどの薬を飲むことも消えうせました今ではポコッとしたお腹も、へこんできていて嬉しいです。
私は先天性のアトピーを持っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、かなり痛ましい姿でした。
様々な治療法をやっても、全く効果が得られなかったのに、住む場所を変えたところ、直ちに肌がきれいになり、我慢できない痒みもなくなりました。

できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーに効果的かもしれません。
オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割として関心を持たれています。



オリゴ糖を投与された乳酸菌の動きが活発になり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、お腹、環境を良好にしてくれます。乳酸菌とオリゴ糖はどちらも内臓の働き向上や健康には欠かしてはならない重要な成分ということができます。現在は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。年ごとに予防注射をする人も上昇しているようですが、都市部ではとても多くの人がかかているのが現状です。

感染の経緯は色々と考えられますが、公共交通機関や街中、職場など、多数と接触する場所で感染することが考えられます。

アトピー性皮膚炎の治療に活用される薬は、年々高い効能になっています。
勿論、必ず医師の指導を受けたうえで正しく用いるということが肝要です。
もし、違う治療法や医薬品を試したい時には、お医者さんに話を聞くか、主治医以外の医師に意見を求めるといいでしょう。

自分勝手な判断は好ましくありません。インフルエンザを患ってしまったら、最初に栄養だけでもしっかりと摂るために食事を抜いてはなりません。



お薬ももちろん大事ですが、栄養を補給することも大切です。とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。



食事がしたくなくても、消化しやすく栄養があるものをすぐに摂ってください。
身体に乳酸菌が良いことは有名な事実ですが、逆に効き目がないという説もあるんですね。
この説も、本当かもしれません。
なぜかというと、当然、体質は個人差というものがありますし、あくまでも乳酸菌は菌であって、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。
自分に合うかどうか確認してから判断するべきです。主に1〜5歳くらいの子供が、インフルエンザといったものに感染をし、熱が出た後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状が出るのがインフルエンザ脳症というものです。インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残るケースもあるのです。
事実、アトピーで出る症状は大変に耐え難い症状が出ます。

暑い寒いに関わらず一年中耐え難いかゆみとの闘いになります。

夏場の汗はかゆみを増大し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。
また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、誤って摂取してしまうと、かゆみだけで終わらず腫れたり、呼吸困難に陥ることもあります。

子供のインフルエンザを防ぐための注射につれて行きました。

私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射を接種しています。
予防接種の後は怖かったーと表現していました。必要以上に怖いんじゃないかな?と睨みましたが、何も伝えれませんでした。



なぜ私が便秘になったのかというと、多分、運動不足のせいだと思います。通勤も毎日車なので、あまり歩く事もありません。
ペットを飼っているわけもでないので、散歩に出るようなこともありません。


そのような生活のせいで、私は便秘なのでしょう。便秘改善のためにも、今日からウォーキングを行おうと思います。
普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、身体の不調も引き起こします。



中でも女性に多く症状が見られるのは便秘なのです。運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、三度の食事で食物繊維が多い食品を増やしたりするのが良い方法です。後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2度はウォーキングしたり、自分好みの運動をして体を動かした方がいいです。



私は花粉症になってしまってから、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。一昨年から花粉症を発症してしまって、ずっと鼻水がやまなくなりました。

でも薬を利用するのはしたくなかったので、テレビで取り上げていた乳酸菌サプリを飲んでみました。

現在のところ、これで花粉症はだいぶましになってます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑛大
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gamepr05eropac/index1_0.rdf