FIFAランク更新

July 15 [Thu], 2010, 1:54
FIFAランクが更新されたそうです。

日本は前回45位から32位に上昇です。

ワールドカップで日本は本戦1回戦でPK戦の末負けてしまいましたが、

公式上の記録では引き分けということらしいです。

引き分けということで勝ち点としては1を獲得しており、

1回戦敗退国(ベスト9〜16)までの中では得失点差で最高点で、

ベスト9位になるそうですね。

ワールドカップで日本はオランダから1点とデンマークからPKで1点の計2点しか

得点を許しておらず、その辺りが評価されてFIFAランクが上がったらしいです。

同じベスト16位の韓国は44だそうです。

ワールドカップ前は韓国の方が日本より強いという話でしたが、

結果を残した日本の方が順位的には躍進したということですね。

この順位が必ずしも本当の強さを表しているとは限りませんが、

FIFAランクは高ければ高いほどよいらしいので頑張ってほしいところです。

ちなみに1位はワールドカップ優勝のスペインだそうです。




コーセーの美容液【化粧品サンプル】

August 28 [Fri], 2009, 6:04
化粧品サンプルもらうならコーセーの美容液がお得だよ。美容液と言ってもいろいろなメーカが出しているけど、コーセーの美容液は一味違うね。使ってみればその違いはすぐわかると思うけど、やっぱり化粧品って人によって肌に合ったり合わなかったりだから、まずは化粧品サンプルをもらって使ってみるのがいいよ。コーセーの美容液の化粧品サンプルもどこかで手に入ると思うから探してみるといいと思うよ。コーセーの美容液使ってみてね。

化粧品サンプル無料のサンプル化粧品化粧品 サンプル 無料

骨盤矯正ベルト 骨盤矯正クッション

July 29 [Wed], 2009, 8:47
骨盤矯正ができるダイエットグッズの代表的なものに骨盤矯正ベルトと骨盤矯正クッションがあります。
骨盤矯正ベルトは骨盤周りにまいて生活したり運動することで、骨盤まわりの筋肉が鍛えられて骨盤が正しい位置に戻るというものです。
骨盤矯正クッションは普段座る椅子の上などにおいておき、座った時に骨盤が開かないようにすることで、骨盤が開き歪むことを予防してくれます。
骨盤矯正ベルトも骨盤矯正クッションも様々なものがあるので、自分の目的に合ったものを選ぶようにするとよいと思います。

有機野菜や無農薬野菜の宅配

July 17 [Fri], 2009, 5:26
有機野菜や無農薬野菜の宅配をご存知ですか。近所のお店やスーパーでも、一部の店舗では有機野菜や無農薬野菜を扱っているところもありますが、より質の良いものを安価で手に入れたいなら有機野菜や無農薬野菜の宅配サービスを利用するとよいと思います。健康指向方や、家族が食べるものはできるだけ良いものにしたいという方にお勧めです。長期契約することで、数か月間は送料無料などというサービスを行っているところもあるので、毎日スーパーなどで買うくらいなら、思い切って宅配にした方がお得かもしれませんね。

第三次次世代機競争

June 30 [Tue], 2009, 9:34
2001年1月、衝撃的なニュースがテレビゲーム業界を駆け巡った。「2001年3月にドリームキャストの製造中止、及びセガの家庭用ゲーム機からの撤退」1983年以来18年に及ぶセガのテレビゲーム機開発の歴史に終止符が打たれることになったのである。そして2002年2月、ビル・ゲイツ率いるマイクロソフト社が遂にゲーム機業界に名乗りを上げたのだ。それが『X box』である。日本人が持つアメリカへのイメージを具現したかのごとき、黒く重厚なボディに秘められた力はPS2を凌駕するといわれ、SCEから盟主の座を奪い取るのではないかと目されていた。しかし、発売当初から「DEAD OR ALIVE」シリーズ以外の目立ったソフトがなかったことが災いし、PS2の後塵を拝する結果となってしまう。そして2005年にはX boxの失敗を踏まえた後継機『X box360』を発売し好評を収めている。2006年末にはSCEから『プレイステーション3』天堂からは『Wii』が発売され、競争は激化(Wiiのひとり勝ち?)している。

第二次次世代機競争

June 19 [Fri], 2009, 3:08
1998年、セガは新型ゲーム機『ドリームキャスト』を発表する。セガサターンのCMで人気を博した藤岡弘、氏演じる「せがた三四郎」から当時専務だった湯川英一氏をCMキャラクターに起用したり、独自規格のGD-ROMをソフト供給媒体としたり、WindowsCEをOSとするなどの様々な話題を振りまいた。そして2000年、プレイステーションの後継機『プレイステーション2』(以下PS2)が発売される。PS2最大の特徴は、「プレイステーションの上位互換」によるプレイステーションの豊富なソフト資産をそのまま受け継いだこと、ゲーム機としては初のDVDドライブ採用などが挙げられる。プレイステーションの1チップ化によって実現された互換機能は、DVDの普及による市場拡大と共にPS2躍進の原動力となったのであった。そして2001年には任天堂も新型機『ゲームキューブ』を発表する。ゲームキューブは、任天堂のテレビゲーム機初となる光ディスクをソフト供給媒体とし、周辺機器の『ゲームボーイプレイヤー』を接続することで携帯ゲーム機のゲームボーイ・ゲームボーイカラー・ゲームボーイアドバンス対応のソフトを遊べるようになるなどの新しい機軸を盛り込んだものとなった。

テレビゲーム次世代機競争

June 11 [Thu], 2009, 21:10
1994年、テレビゲーム機三強時代に終止符が打たれることになる。その鏑矢となったのが『3DO』である。3DOは厳密に言えばテレビゲーム機ではなく、マルチメディア端末の共有規格であった。これにより、テレビゲーム機の性能競争に拍車がかかり新たな機種の登場を望むユーザーの声が高まっていったのである。これを「次世代機競争」と呼ぶ。94年から96年の次世代機競争を代表するテレビゲーム機といえば、やはり『プレイステーション』(ソニー・コンピュータ・エンタテイメント、SCE)と『セガサターン』(セガ)だろう。一方、スーパーファミコンはROMカセットの価格上昇が進み1万円台にまで突入してしまったことで、ユーザーの安価なCD-ROMを使用する次世代機への転向を促進させてしまう事態に陥ってしまい、その為、1996年に発売した『ニンテンドー64』は商業的な苦境に立たされ、任天堂はテレビゲーム機業界の盟主の座をSCEに譲り渡すことになってしまった。

CD-ROM時代の到来

June 11 [Thu], 2009, 17:17
さらにNEC・HEはテレビゲーム機に革命を起こす。それが『CD-ROM2』システムである。これは、世界初となるCD-ROMをゲームソフトの供給媒体に採用したテレビゲーム機で、当時主流だった半導体によるカセット供給を遥かに越える大容量を持つCD-ROMを活かした名作ソフトを次々と発表し話題を呼んだ。その後、1988年にセガからは『メガドライブ』、1990年に任天堂からは『スーパーファミコン』が発売され、テレビゲーム業界は風雲急を告げる競争に突入していったのである。

ゲーム機三国時代

June 11 [Thu], 2009, 5:30
1983年7月、任天堂から発売されたのが『ファミリーコンピュータ』、ファミコンである。ファミコンの登場は、群雄割拠の日本テレビゲーム業界の趨勢を一気に塗り替えてしまうほどの存在であった。ゲームに特化した設計と機能は、他社のテレビゲーム機を一気に引きき放してしまうほどの衝撃を与えたのである。そして、ハドソンやナムコといった有力なサードパーティから提供される良質のソフトが、最大の特徴であった。そして、1985年以降のテレビゲーム機競争は、事実上任天堂のファミコンと、セガの『セガ・マーク3』、NECホームエレクトロニクス(以下NEC・HE)がハドソンと協力して作り出した『PCエンジン』の三つ巴の戦いとなったのである。

日本のテレビゲーム機競争

June 11 [Thu], 2009, 1:55
1970年代後半日本では、アメリカのテレビゲーム『ATARI VCS』の評判を受けてテレビゲーム機開発が進められた。まず、先鋒となったのが1981年に発売されたエポック社の『カセットビジョン』である。これは本体にではなくカセットにCPU(中央演算装置)を乗せて、本体自体は電源とコントローラーだけ、という思い切った仕様になっている。カセットビジョンは計70万台を売り上げるヒット商品の座に君臨した。そして1982年以降、次々と新しいテレビゲーム機が生まれていくことになる。