育った環境の違い 

2007年08月11日(土) 5時04分
私の家は自営業。
彼の家はサラリーマン。

私の家は共働き。
彼の家はたまにパートで働く専業主婦。

環境が違うとこうも違うものなのかなって思うのが、
女性の仕事に対する価値観みたいなものでした。

会社を立ち上げて、経理を始めるって言った私に、

母は
「そうなの、もう今までやってきた仕事はしないの?
 なんだかもったいないわね」

と言い、

義母は
「そう、今までよりは楽になるの?
 よかったわね」

と言いました。

その考え方は、どうやら親だけではなく、私達も同じだったみたい。

 
つまり、
彼は私にそんなにバリバリと仕事をして欲しくないみたいで、
当の私はバリバリ働くのが当たり前だと思っていたのです。

最近ここでぶつかっちゃうんだな、コレが。

なれそめって感じ? 

2007年08月11日(土) 4時43分
夫は隣のクラスでした。私より1歳年上です。
彼は明るく、目立つ人だったので、
私はその存在を知っていましたし、印象に残っていました。

きっと誰も知らない人は居ないんじゃないかな…
と思うくらいインパクトのある生徒だったっぽい私のことも、
もちろん彼は知っていました。

でも、私と彼とは2、3の言葉を交わしたことがある程度で、
ほとんど関わり合いを持たずに卒業しました。

そして、半年後。
就職の為に上京した私と彼は再会することになります。

私が先に入社はしていましたが、半年の違いだったので、
若干先輩ではあるけれど、殆ど同僚という感じの付き合いでした。

私たちは同じように仕事をし、残業をし、辛い仕事をこなし、
飲んで愚痴を言い合ったりしながら、出世をしていきました。

会社で初めての女性管理職となった私のことを彼は認めてくれていて、
管理職最短記録を出した彼のことを私も同じように認めていました。

そんな彼が会社を辞めてステップアップするという話を私にしました。
そのとき彼は私についてきて欲しいと言い、
前後の話の流れでプロポーズと勘違いしまくっていた私は、それを了解しました。

そんなこんなで会社を移り、あれよあれよと結婚し、
そして、ついに独立をすることになりました。

そして、今に至ります。
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:社長婦人もどきだとさ
読者になる
Yapme!一覧
読者になる