変化 

January 15 [Thu], 2009, 15:05
あれから2年近く。。。

結局のところ時間だけがたったような気がします。
私自身はなにか変わった?
自分自身をみつめると言いながら出来ていないし。

でも、旦那の帰りは格段に早くなり、休日も私たちを置いてどこかへ出かけることもなくなった。
連絡がとれないこともなくなった。毎週木曜日にはGAに行っている。クリニックにも毎月夫婦で行っている。
旦那はお金は持たず、必要な時に小銭を渡すというシステム。
あれだけ頼んでも見せてくれなかった給与明細を今は毎月渡してくれる。
私はおだやかに子供と向き合えるようになり、別々にしていた寝室もいつしか同じ部屋になった。
そして、子供が生まれた。2人目。
前回と違い、今回は子育てに協力的な旦那。

でも、依存症のことを話題にすることはめったにありません。まるで禁句のように。
両方の親に立替えてもらった借金についても話題にはしません。
借金をしたことも忘れて呑気に家を建てたいと言う旦那。そんな旦那が許せない私。

将来のことを思うと必ず心にひっかかる言葉「ギャンブル依存症は治らない。」
いつかは私の心にあるこの怒りがなくなるのか?それともずっとこの黒い気持ちをもったままなのか?
不安は尽きません。

私自身が変わってないから。

逃げ。 

August 29 [Wed], 2007, 14:23
自分のことを書くのが怖いです。
子供のころのこと。両親のこと。主人のこと。子供のこと。
思いつくままに書いていけばそのうちにどこかにいきつくのでしょうか。

相変わらず、現実から逃げてばかりいるような自分。
早く、自分と向き合わなければこうしているうちにも子供は日々成長しているのに。
いや、自分と向き合うことは自分のため。そしてそれがきっと子供のためにもなるはず。
でもとっても怖い。自分が情けなくって空っぽだと分かることが。

こんなことを考えてるだけでまた、涙が出てきます。
今日はここまで。たったこれだけだけどほんのちょびっとでも前進してると思いたい。

気持ち。 

July 03 [Tue], 2007, 13:22
前回投稿してからずいぶん時間が経ってしまいました。
私の生活はこれといって変化は無く、日々淡々と過ごしているといった感じです。ギャマノンに行ってからは気持ちが落着いています。ただ、あのころは闇雲にギャンブル依存症やAC、共依存について調べていたのですがちょっと疲れてしまい今は小休止です。
今週は家族セミナーに参加する予定です。そこでお話を聞くことでまた自分の進むべき道を知るきっかけが作れたらいいなあ。と思っています。
そして来週末には引越し。なにかと多忙になりそうです。

主人はというと毎週GAに通っている様子。

話し合いをしてから夜は別室で寝ています。それが寂しいみたいで、子供を使って私たちの部屋で寝ようとしますが、私はそれは拒否しています。
私自身、気持ちが落着いているとはいっても、彼のしたことを簡単に許す事はできず、今の彼を信じたい気持ちとまた裏切られたらという気持ちの間で複雑です。

とにかくもう、彼に振り回される生活はイヤなのであまりそのことについては考えないようにしています。

先週、仕事を希望して登録しているところから働く意思があるかどうかの打診(?)がありました。もしかして仕事に就けるかも?です。できれば働きたいと思っているので、その話が進んでくれたらとねがっているところです。

それから。 

June 10 [Sun], 2007, 22:07
夫をGAまで連れて行きました。とても緊張して会場の建物に入っていきました。迎えに行くと「連れてきてくれてありがとう。続けて通おうと思う。」と話してくれました。私はなんだか照れくさくなり「お礼なんて気持ち悪いなあ」と言って笑ってしまいました。同じような状況の人がいるというのが分かって安心したのかな?少しでも気持ちが動いたならいい。この気持ちが続けばいいのに。。。と願ってしまいます。

彼をGAまで連れて行くという行為自体、コントロールしてるというか強制しているような気もするのですが私がそうしたいんだから、これで私の気持ちが落着くのだからと思うことにしました。

この日は、これから何年間も毎週毎週GAに連れて行く!!と意気込んでいました。

その次の日、月に1回のギャマノンの日でした。
私にとって初めてのギャマノン。緊張して会場に入りました。公の施設を利用してのミーティングなので
前に働いていた所で出会ったことのある人がオブザーバーとしていました。。。こういうのを恐れて今まで来れなかったんだよね。と思いながら席に着きました。幸いその人は知らないフリをしてくれていました。

会が始まり、人の話を聞いているだけで涙がこみ上げてきました。それをこらえるのに必死な状態。とても冷静に自分の話なんて出来そうにないって思い、今日は自分で話すのはパスしようと思っていたのに。順番が来て、それまで誰もパスしなかったのもあり、自分でも分からないまま話し始めてしまいました。話始めると、悔しい・悲しい・苦しいが入り混じり泣きながら今までの経過を支離滅裂な言葉達でまくし立てていました。そんな状態なのに、誰も何も言わず、みんなで私が話し終わるのを見守ってくれていました。
覚えているのは「子供がまだ2歳で〜」と言ったら「まあ〜」と同情というか可哀想に・・・というニュアンスを含んだ声が聞こえてきたこと。「お互いの両親が肩代わりした」と言ったところで「ああ。」と、やっちゃった〜、という感じの声が聞こえたことです。

本当に話をするだけ、聞くだけ。それ以外は何もありません。でも、何故か気持ちがすごく楽になりました。人前で泣きながら話すなんて恥ずかしいことをしたのに、それに対しては何も思わないのです。次は泣かずに話せたらいいなとは思いますが。。。

この日、初めてこのミーティングに来たのは私を含めて3人でした。私が多分一番取り乱して話をしたのだけど、何故か他の二人より私は夫に対して吹っ切れているなあと感じました。そして、人の心配をしてる場合じゃないのに、そのうちの一人の人がとても切羽詰ってる感じがして助けてあげたい!と思ってしまいました。これも共依存がさせる行動なのかなあ???
でも、助けてあげたいと思っても匿名で言いっ放し・聞きっ放しでは何も出来ないし、私が出来ることも無いんだけど。

この会でみんなが口を揃えていうのは「家族のためのセミナーには絶対行ったほうがいい!」ということ。7月に横浜で開催されるのに参加したいなあ。

ギャマノンに参加してからというもの、あんなに夫をGAに連れて行かなきゃ!と意気込んでいた気持ちがなくなりました。もう、回復への扉は教えてあるのだからここからあがろうが落ちようが彼の自由。私が自分の時間を割いてまで付き合う必要はない。と思えるようになってきました。

まだ、気持ちがコロコロ変わったりもします。ついつい彼の世話を焼いてしまったりもします。通帳を入れる金庫を買い、財布と金庫の鍵を枕元に置いて寝ています。心おだやかに暮らせるようになるにはまだまだ時間が必要だと思います。でも、何かが良い方へ変わってきているような、そんな気持ちになることが多くなりました。

話し合い 

June 04 [Mon], 2007, 12:28
先日、夫と話し合いました。
というのも、また、連絡なく帰りが遅くなったので。。。朝、出かける時には「7時ごろ帰る」といって出かけたのが帰ってきたのは夜11時。
最近では、夫が何時に帰って来ようが、自分と子供だけでご飯を食べ、お風呂に入って寝るようにしてます。この日もそうしてたのですが、考えないように・・・と思っても時間が遅くなるとどうしても考えてしまいます。
もう、こんな生活はイヤだと思い次の朝早くに実家に子供を預けに行き話し合いを持つことにしました。私が泣かずに話す自信がなかったので、子供にそんな姿を見せたくなかったのです。

話し合いでは、私は言いたいことを80%くらいは言えたような気がします。
・夫は病気だということ。自覚がなくても、今ギャンブルを止めていても病気だと伝えました。そして、回復する道もあるということ。(GAやワンデーポートなど)
・私も共依存だということ。ギャマノンに通おうと思っているということ。
・離婚の準備を始めたいということ。
・とりあえず、家庭内別居という形にして欲しいということ。

夫は今回も謝れば何とかなるだろうと思っていたらしく、彼にとっては突然の私の覚悟に動揺したようでした。
・GAに行って欲しいとおまえが言うなら通う。もし、ワンデーポートに行ったら帰ってきたとき自分の居場所はあるのか?
・お前が病気になったのは仕事を辞めたからだ。また働いた方がいい。ギャマノンでもクリニックでも通ったらいい。
・離婚は子供のために避けたい。離婚したら、俺は今の仕事を辞める。
・寝室等は分けるが子供の前ではいままで通りにして欲しい。
ということでした。
私はもう前のようには暮らせない、元には戻らない。私のことは構わないで欲しい。働こうがどうしようが自分で決めたい。あなたが今の仕事を辞めようがどうしようがあなたの人生だということ。子供の前では普通に接する。と言いました。

そして、夫の携帯を見てしまったこと。今借金はあるのか?と聞いてみました。
夫は借金はない、メールのことは分からないと言いました。
もう、夫の借金なのでこれ以上聞く気になれず、そうですかと話を切りました。

そして私は、私と子供の生活を守るために身分証をすべて私に預けて欲しいと伝えました。夫は社員証・免許証・保険証を渡してくれました。

正しいのかどうなのか分からないけどこれが今の私にできることでした。そして心が少し軽くなりました。
今週ギャマノンのミーティングに初参加する予定です。

逃げ。 

May 28 [Mon], 2007, 12:27
ちょっとは心が落着いてきたかな。と思います。

でも、彼のことを考えずに暮らすというのはなかなか難しいことです。
一緒に暮らしていれば会話はするし、子供を巻き込むことはしたくないので出来る限り普通にふるまおうとしています。ただ、それが自分にとって無理をしているということなのでとても疲れます。

自分なりにこれから私がすべきことを考えてみました。

・自分と向き合う。
まだ、どうすれば良いかが分からないのですが、とにかく共依存のこととアダルトチルドレンのことについて本やネットで調べることにしました。まだまだ始めたばっかりですけど。。。。

・自立の準備をする。
たまたま1〜2ヶ月後に引越しの予定があります。(今の家は保育所から遠いし子供の足音がうるさいと階下から苦情を何度か言われて暮らしにくいため。)引越しと同時に3DKを彼の部屋、私たち母子の部屋、居間というふうに住み分けようと思います。それまでに、私の気持ちを整理し彼に話をしなくてはなりません。そして引っ越して落着いたら仕事に就こうと思います。私だけで子供を育てていけるように。。。

・お金を整理する。
今まで立て替えて払った借金を把握する。彼が現在作っているであろう借金は無視する。
これからは彼の給料から生活費を引き残ったお金はすべて私・私の父が今まで立て替えたお金として返してもらうようにする。いまのところ彼の給料は私が管理しているのでこれは私の中でのことですが。
彼が底をつくか、離婚するときまではこうやって行こうと思います。

とにかく、今私がすべきことを少しずつこなしていかなくては!と思っています。

停止。 

May 25 [Fri], 2007, 12:35
彼の携帯で消費者金融からのメールを発見してから1週間以上経ちました。

彼にメールをみたことは言っていません。動揺してワンデーポートの家族相談窓口へ電話をかけてみましたが、今彼にそのことを問い詰めても喧嘩になるだでこの先も同じことを繰り返すだけでしょうといわれました。本当にその通りだと思いました。
「ギャンブル依存症の家族のためのセミナー」の参加をすすめられました。来週の金曜日です。行きたいと思ったのですが、横浜であるので飛行機で行かなくてはなりません。急なことでまだ、自分の心も落着いていないので、今回は見送ることにしました。次回のに参加したいと思います。

彼の方は相変わらず私の昼間の動向をチェックしてきます。ここしばらく素っ気無い態度をとっているので(私の心を守るため)少し動揺しているようです。昨日は「またギックリ腰になりそうな感じがするので早退するかも」「帰りに届け物をするからとなりの市まで行ってから帰る」などど意味不明な言い訳をしながら、職場とは反対方向から定時前に帰宅したようです。

ギャンブル依存症と分かる前は、お馬鹿な私はこの彼の嘘を鵜呑みにし、ギャンブル依存症と分かってもからは「またパチスロしてる!」とイライラしてました。

こんなくだらない嘘に振り回されたくない!と思うのにやはり、気持ちが落ち込みます。

グルグル中☆ 

May 23 [Wed], 2007, 16:03
はじめまして。
32歳、主婦、2歳半の息子をもつキャラメルです。
昨年9月に夫のギャンブル依存症が判明。それまで、度重なる借金を返済すること4年間。通算500万くらいでしょうか?共働きだったのですが彼の貯金が無かったため私の貯金を崩し、彼のボーナスもほとんど返済にあてて誰にも知られること無くなんとか生活を維持してきました。
が、最終的に貯金も底を尽き、お互いの実家を頼らざるを得なくなり問題が明るみにでました。私がネットでかじった情報をもとに「ギャンブル依存症」ではないか?と疑い、「彼はこんな人じゃなかったはず、きっと病気のせい。病院に行けばゆっくりでも良い方向に向かうはず」と信じメンタルクリニックへ通うこと半年。引越しをして生活環境を変え、彼からカードを取り上げ、お金も必要な金額しか持たせず私もお互いの両親もこれで平穏な暮らしに戻れると思いこんでいました。つい先日、彼の携帯に消費者金融から「ご利用ありがとうございました」というメールをみるまでは。
また、裏切られたという悔しい悲しい気持ちと「なんで?なんで?この方法は間違ってるの?」と不安な気持ちでいっぱいです。彼に確認することもできず、かといってもう借金を代わりに返済する気にもなれず、誰にもまだ言えないまま日々、悶々と暮らしています。2歳の息子だけが私の心の落ち込みに気づいていつもよりぴったりとくっついています

このままでは同じことの繰り返しでますます悪くなっていくのでは?という恐怖から今回は借金を返済せず、ギャンブル依存症についてちゃんとした知識を持ってから、どうすればいいか、何をすればいいかを考えてみることにしました。

そこで、依存症に関する本や依存症の家族の方のホームページ等を読みあさりました。
どの本でもどのホームページでも、家族に対して書いてあることは一様にこうでした。
・もう彼のことは考えないでください。彼の世話を焼かないでください。彼を支えないください。
・自分自身の幸せについて、生き方について考えてください。
・病気の彼に対して家族は無力です。

今の私には理解できません。頭では分かっているんです。でも心のどこかではまだ彼を信じていて、まだ私たち家族に出来ることがあるのではないかと思ってしまうのです。そしてタイトルにあるようにグルグルといろんな言葉や感情が頭の中をグルグルしているのです
・ホントに彼はギャンブル依存症なの?
・子供と遊んだりしている姿をみると正常なんだけど。
・あのメールが何かの間違いでは?
・最近毎日のように昼休みに電話してきて私の動向を聞くのは何故?自分がパチンコ屋にいるから?
・共依存症?アダルトチルドレン?私も病気かも?彼の病気は私のせい?
・離婚すべき?母子家庭?働かなきゃ!
・GAなどのミーティングに行ったら?それともワンデーポート?

気持ちの整理がつくまでは、誰にも話せないと思います。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キャラメル
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:専業主婦
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
    ・ハンドメイド
    ・旅行
読者になる
結婚5年目。昨年夫がギャンブル依存症だと発覚。今までに肩代わりしてしまった金額約500万。ただいま回復への道を探し中です。
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像キャラメル
» グルグル中☆ (2007年07月03日)
アイコン画像わかな
» グルグル中☆ (2007年06月21日)
Yapme!一覧
読者になる