口臭を防ぐならば 

2013年01月04日(金) 10時27分
同じように言えるのは、磨く時でも力の入れすぎは逆効果です。

ゴシゴシと力を入れてブラッシングする方がよく汚れが取れる気がします。

だがしかし、殆の歯刷子は、歯の表面を軽く磨くだけでにごりが
落ちるように出来ているのです。

口臭を防ぐならば、こういった基本的な歯磨についてももはや考えるべきでしょう。

おまけに事情によっては、磨きすぎのせいで臭いを引き起こしている場面が
あるようです。

息が臭いのは口臭が原因 

2012年12月22日(土) 14時09分
不快な口臭を防ぐには、唾液を多く分泌させるという点が重要になります。
唾液が減っていってしまうと口の中で細菌の繁殖が行われ、臭いを作り出すことになります。
つまり、口の中の乾燥を抑えれば、少なからず口臭を防ぐ成果が見られるわけです。
臭いが気になる人は、気がついた際、水を摂取するようにしておきましょう。
ただ、水分といってもジュースなどの糖のたくさん入った飲み物は避けた方がいいでしょう。
水または糖分を抑えたスポーツドリンクを選ぶのがいいでしょう。
お茶を愛飲する人も少なくありませんが、お茶はいっぱい飲むと反対に唾液が出る量をセーブしてしまうそうです。
一気に飲み切るというのではなく、口の中を湿らせる程度でも十分に良い働きをするのです。
最近はトライマウス人口の増加が目立ってきていますが、口内がよく乾くという人は、充分に気を付けるようにしましょう。
水を日常的に摂取できない人なら、口の保湿剤を取り入れるのも効果的です。
歯を磨いた後に、さらに口の中でゆすぐことによって、保湿の効果が期待できる市販のものも人気を集めています。
空腹時だけ口臭が発生するという人も多いです。その時は、息が臭いよね...
これは実は空腹の状態で胃からガスが出てしまうのが重大な原因となります。
ガスが発生することを防ぐのは容易ではありませんが、こういうときの防ぐ方法として、水分の補充は重要になります。
目が覚めたばかりなどは、口の中に雑菌がたくさんいるのでまずやるべきことはうがいです。
うがいを済ませるだけでも、眠っていた時間に増殖した細菌を減らすことが出来ます。
歯磨きを基本的な対策とし、水分補給をかね合わせることを続けていきましょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カミヤ
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる