被災地を思って

March 13 [Sun], 2011, 18:19

恐ろしい被害です、東北〜関東を中心に発生した大地震。



安否確認のための伝言板

避難所に避難できた人々の名簿・・・


それに目を通し、



「○○がいる・・・!」(50代とみられる夫妻)

「(友人が)いない・・・
 独りで住んでいて、最愛の猫を探しに行ったっきり・・・」
(70〜80代とみられる女性)

「いないです。捜しにいきます・・必ず見つけます」(50代男性)


涙ながらに安否を確認したり、また確認できず不安がつのったり・・・



胸が苦しくなります。




しかしながら、行方不明だった人々が再会できたケースもあります。

60代前半とみられるご夫妻ですが、
旦那様が壊滅した自宅付近を必死に捜し回っていると、
道路から旦那様にむかって、奥様がおみえになっていました。
2日ぶりだったそうです。

旦那様は、大声をあげて泣きだしておられました。




私たちはこういった情報を見ることができます。

しかし、見えていない住民たちは何千何万といらっしゃるわけで、
ふと思ったこと。


メディアは必ずしも
こんなにも必要なのでしょうか。



報道のヘリコプターを止めてほしい。
いや、少なくしてほしい。

ヘリから撮影する報道陣に向かって、
必死にSOSを示す病院の屋上にいる人々・・。

報道ヘリに通過されたとき、
彼らはいったいどんな気持ちになったのだろう。


孤立した地域を映し出すことはできても、
助けることができないのであれば、

救助のための人々をもっと送り込めるように、
なんとかならないものかと感じてしまいます。

もちろん報道していただけたお陰で孤立が発覚する場合もあり、
それにより救助のメドが立つということもあるため
何が悪いとも言えませんが・・・



このもどかしい気持ちが辛いです。





これからM7程度の『余震』の可能性があるのですから、
これでおしまいだとも思えません。

被害だって拡大する可能性はあります。

避難できた方々のための住宅や衣類、金銭も必要でしょう。



しかしながら、私たちが今できること。

それは中部電力からも電力の寄付を行うために、
節電することだと思われます。

また、安否の確認はもちろんしなければなりませんが、
被災地付近の方々にむやみやたらにメールを送ったり
電話をかけたりすることによって

貴重な電力や通信手段を奪うことにもなりかねません。



私もこの記事を投稿したら
インターネットは暫く使わないかもしれません。

被災地の方々が何を求めているか、
私たちの地域で同じことが発生したら何をしてほしいか

そういったことを考えながら、
災害がひと段落するまではできることを考えたいと思っています。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あやか先生
  • アイコン画像 誕生日:4月12日
  • アイコン画像 現住所:岐阜県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・ボウリング-2011年内に200超えます
    ・カラオケ-採点にて100点満点達成しました
    ・カフェ巡り-因みに拠点はらんぷです
読者になる
スクールIE西可児校の
教室長、通称あやか先生です。

講師歴6年、
うち主任歴2年。

2011年1月より、
岩田塾長から業務を引き継ぎ
教室長となりました。


『IEはみんなの栄養剤』

これが私のモットーです。

子供たちにとっても、
保護者の皆様にとっても、
講師にとっても、
もちろん私にとっても。
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ぱぱらっち
» Chocolate (2011年02月26日)
アイコン画像大声
» Chocolate (2011年02月20日)
アイコン画像やすよ
» 20110101 (2011年01月06日)
アイコン画像さや
» IE Christmas Party (2010年12月29日)
アイコン画像あやか先生
» TOUCH THE やる気スイッチ! (2010年12月10日)
アイコン画像さや
» TOUCH THE やる気スイッチ! (2010年12月10日)
アイコン画像あやか先生
» ホワイトボード集 (2010年12月10日)
アイコン画像あやか先生
» 携帯 (2010年12月10日)
アイコン画像さや
» ホワイトボード集 (2010年12月10日)
アイコン画像やすよ
» 携帯 (2010年12月09日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/galsen/index1_0.rdf