ブログお引越ししました。 

2005年04月16日(土) 19時16分
小春の日和を4月から fc2のブログへお引越ししました。
リンクが貼れませんが、引き続きよろしくお願いいたします。

お友達と♪ 

2005年04月04日(月) 10時32分
小春がセンターからの引き取りにあたり 心をくだいてくださり 
いろいろと手助けしてくださったネットのぽめ飼いさんのお友達
Tさんとぽめちゃんにお会いしました。
みなさんと、オフ会の予定でしたが、昨日からの荒れたお天気のため
遠方の方は、来れなくて 地元の私とTママさんとの
二人と二匹のオフ会です。
お天気でしたら、お散歩がてら りゅうも連れて行きたかった
のですが 今日は 本当に寒く 朝は小雨もぱらつくあいにくの
お天気です。

大森の駅前の わんこOKのカレー屋さん DOG Tail で
ランチしながら 犬話に花が咲きました。^^
ぽめの、Tちゃんは、明るい若くてぴちぴちのおじょうちゃん。
お写真の通りのかわいい ぽめちゃんでした。

小春は、バックの中で、動かずに(笑)。
時々、わん! と声をだしていました。(お写真Tさん提供)

仲良く2ショット、ちょっと緊張気味ですね。


楽しい時間を、ありがとうございました。♪



あたし強くなりました 

2005年03月23日(水) 17時37分
今まで ほとんど自分から攻撃的な態度を
取ることが無かった 小春ですが
避妊手術が終わって 体力も回復して
元気になったころから
たまに りゅうに噛み付きます。 
りゅうが、小春の近くを 通ったら 急に陣地から 
飛び出してきて、吠えあいになり 押して押して、
りゅうに 噛み付きました。
本気でかんでるのでは ありませんので
りゅうに 別に怪我はありませんが、
りゅうは、びっくりして 其のあと
呆然としてしまいました。
りゅうは、喧嘩もお付き合いも下手な、とっても
損な 性格です。
りゅうパパが あわてて りゅうを抱っこして、
小春に「女が男をいじめちゃ いけないよ!!」
って強く お説教してました。
小春は、お耳を下げて 上目遣いに りゅうパパを
じっと見つめていましたが、反省したでしょうか。(笑)

りゅうは、源にも小春にも わんわんお吠えて
威嚇はするのですが、かむことはないのです。
でも、わんわんと しつこく吠えるので
小春も源も うざったいんでしょう。
りゅうは 負け犬は、吠える のことわざのモデル犬だワン。

初めての旅行 

2005年03月19日(土) 9時31分
小春にとって初めてのお泊り旅行を計画
しました。
私たちも、久しぶりの小旅行です。
外房方面を予定したのですが、
直前になってのお宿探しのため
内房〜外房 くまなく探したのですが、
わんこOKのお宿の空きが見つからず、
お泊りは犬吠崎のペンションに 決まりました。

りゅうパパの運転で 外房の大原〜犬吠崎〜
佐原などを 観光してきました。

小春は すっかり私たちになじんで
とても 楽しそうでした。
りゅうと小春の距離も また縮まった気がします♪

外房 大原海岸 月の砂漠銅像と一緒に


菜の花が 満開の海岸沿い


犬吠埼(銚子)の犬と 灯台 2匹くっついて


佐原の古い町並みを ふたりで、きょろきょろ〜

舌の裏側に何が? 

2005年03月15日(火) 14時02分
先日小春の写真を撮ったときに
舌ぺろりんの写真の中に 偶然に
舌の裏側に 白い水泡のように見えるものを
発見しました。
気になって いましたので、
今日 りゅうのお薬を獣医さんへ貰いに行くので
小春もいっしょに連れて行くことにしました。

さて、どうやって連れて行こうかしら??
と 迷ったのですが、
カートを 電車に乗せているところを
想像しましたが、大きすぎて、きっと
ご迷惑だろうな〜と

結局、2匹を1匹つづバックに入れて
連れて行くことにしました。

先生に診察していただきましたが、
何せ 舌の裏側ですので、
なかなか観察できません。
それで ますいをかけて その部分の組織を
削って調べていただくことになりました。
1時間くらい待つと 小春が麻酔もさめ、
私のところに帰ってきました。
お疲れ様〜^^
先生から、検査のためにそぎ撮った 組織を
ちらっと見せていただきました。
が。。。私には、良くわかりませんでしたが。

この 白いものは 
硬い カルシウムのようなものの塊だった
とのことです。
一日経って 少し詳しい検査の結果をいただき、
悪性の腫瘍ではないというこがわかりました。
取ってしまえば無くなるらしいのですが、
形や大きさの変化を しばらく見守ることに
しました。

注意して 観察すると
お水を飲むとき お皿のふちをなめながら
飲んだり 
食べるときも ちょっと不自然かな?と
思うのですが 
特に命に別状ないのなら、手術は避けたいと
思う 私であります。

りゅうの口内炎は、相変わらずですが、
被毛が、すっかりふさふさになって、
先生も びっくりされてました。
体重は 最低2.05Kgから 今日は2.45Kgと
また、50グラム増えました。
このくらいで止まってほしいのですがね。


小春のお誕生日 

2005年03月10日(木) 19時10分
小春は正式に我が家の家族になりましたので
お誕生日を決めて あげたいと思います。
登録した、3月7日や、
一緒にお祝いしようかなと、
私の誕生日なども 考えましたが、
いろいろ、迷ったのですが、
我が家にやって来た 11月26日に決めました。

この日は、私が小春を始めて抱っこした日です。
この日は、小春にとっても
きっと 暖かな、よき日であったと思います。

ことしの11月26日には、
小春は、9歳のお誕生日を迎えることになります。



センターのぽめちゃん2 

2005年03月07日(月) 12時22分
ぽめちゃん、家に無事に着いて 
簡単にシャンプーしてあげて 綺麗になったので、
お腹を見たのですが???
やはり私には、性別不明
タ○は ない。 が、小春のそれとも感じが違う。

センターでもフードを残してあったし
家まで飲まず食わずだったので ドライフード
と缶詰フードをいっしょにあげたら 缶詰だけ
ぱくっと食べて ドライの方は残しました。
2階にいる源が、知らない子のぽめちゃんを警戒して、
襲ったリされるのが心配だったので、
1階にトイレやケージを置いて 小春を連れて行き
一緒に遊ばせておきましたら、
いつの間にか ぽめちゃんだけ階段を登って 
りゅうや源のいるダイニングにきて
ちょろちょろと動き回って遊んでいました。
つかまえようとするとテーブルの下に隠れてしまうので、
Tさんから 連絡が来たら すぐに 連れて行かれるように
ケージにいれたら、ここが気に要らないらしく
バタバタ くるくると落ち着きません。
りゅうや源がものめずらしそうケージをながめたり
ほえたりするので、ぽめちゃんも釣られて吠えるようになり 
わんわんと大合唱になりました。

うちの子たちは、1時間くらいすると 落ち着き それぞれ
もとの場所に戻りましたが
ぽめちゃんは、その後もケージの中でバタバタ くるくる 
興奮状態でした。
小顔で体は小さいですが、ずっしりと重く(3kgくらいかな)
体も足もしっかりしたかわいいぽめちゃんです。
小春とはまた違った個性の
とってもポメラニアンらしいぽめちゃんと思いました。
センターのケージの中でうずくまっていたのが
うそのようです。


夜 我が家の最寄駅で ぽめちゃんをTさんに
お渡しました。
Tさんにお渡しするときに 女の子と教えていただきました。
うちでは、このところ男の子ばかり 見ていたので
私は女の子のことは 全くわかりませんでした。
このとき 小春の譲渡契約書も 一緒にお渡し
しました。

家に帰って ケージの中をよく見たら、シートに
ちっ の丸い跡が ありました。
あら、ケージに中では ずっとくるくる バタバタ
休み無くまわっていましたのに知らない間に
してたのね。

センターのぽめちゃん 

2005年03月07日(月) 11時55分
先週末に、小春の古里のCATNAPのTさんから、
センターにいるぽめちゃんの 引き取りの
お手伝いの依頼がありました。
急なお話でしたが、空いていましたので、
お引き受けしました。
センターから ぽめちゃんを連れ出して
そのあと お仕事帰りのTさんにお渡しするまでが、
私の役目です。

お昼過ぎに 小春の区への登録を済ませて その足で
八幡山のセンターへ向かいました。
小春を引きとりのために何度か足を運んだときに
とても 緊張したことを 歩きながら思い出しました。
今回もぽめちゃんの救出ですが、まだまだ沢山の
かわいそうなわんちゃんが、収容されているので、
複雑な気持に、でも 不安や緊張は前よりも緩み
どんな ぽめちゃんだろう〜とすこし楽しみでした。
Tさんからは、おとなしく動かないお年寄りと聞いて
いました。

ぽめちゃんは、ケージの中で 奥の隅っこのい方で
小さく固まっていました。
職員の方が、そ〜っと手を伸ばして ケージの中から
出して くれました。
ぽめちゃんは、固まったまま おとなしくしてます。
リードを付けて だっこして、職員さんにさよならをして
表に出て、歩かせると、とっても不安そうな目とそぶり
でしたが、
先ほどとはうって変わって、動作はきびきび歩みが速く
駆け足でさっさと歩き 角にくるとぴたっと立ち止まる
元気の良い子でした。
まわりをきょろきょろ見ながら時々私の方にアイコンタクト
しながら、電信柱に立ち寄ることも無く まっしぐらに歩きます。

ところで、この子はの性別は聞き忘れてました。
女の子だろうか?おとこのこだろうか?
ちっをしないので 性別が全くわからぬまま 
おとなしくキャリーバックに入って、電車を乗り継いで
家につきました。
(つづく)

狂犬病の予防注射 

2005年03月07日(月) 1時01分
小春の避妊手術後の体調も落ち着いてきましたので
今日は、狂犬病の予防注射と区への登録へ行く
ことにしました。
朝、家から2分の、近くの獣医さんへ。

小春は おとなしく 全く声も出さずに 良い子に
狂犬病の予防注射を受けました。

午後に、保健センターへ登録に行き、無事に登録
を済ませ、犬鑑札と注射済鑑札をいただきました。
これで、 里親になれるすべての条件を やっと
クリアすることが出来ました。(と思います)
そして、Tさんから送られてきた 譲渡契約書に 
必要事項を書き込み 譲渡契約書を 夕方Tさん
に直接手渡しました。

小春が、先住犬とあまり仲良よく出来ないことが 
今も一番の悩みです。
小春が おとなしく注射されてる間に、私は先生に、
そのことを ぐちぐちと 訴えましたら、
先生は、それは、しょうがないことで、そうしながらも
落ち着いて居られる場所があれば それでいい
食欲もあり、元気もあって、体調崩さなければ
大丈夫よ、と慰めてくださいました。
後から来たこともあって、また小春は自立してる
ところもあって、不満もあるのでしょうけど、
健康そうに居ます。

小春はセンターで、
私に 抱っこされたときから 私を信じきってくれて、
私もそのときからすっかり 小春に密着状態になり、
小春は 私の体の一部になってしまった。(笑)
小春にはもっと幸せな道もあったかも知れないなぁ〜
と頭では時々思うのですが、
かといって、何があっても 人手に渡す気持は
毛頭も無いのです。

さあ、これから 春に向かって一緒にお出かけしようね。

雛祭り 

2005年03月03日(木) 14時35分
今日は桃の節句、ひな祭りです。
昨日夕方 小春がちょっと しろっぽい液うを吐いて
心配しましたが、
その後も 体調には変わり無く 食欲もあり、元気になって
きているので大丈夫かと思います。
σ(^^)心配症過ぎるみたいですが、いまさら治りそうに
ないです。

今日はひな祭り 女の子の健康を願って お雛様を
飾ってお祝いする日本の習慣ですが、
このごろ、食べ物の習慣だけを 受け継いでいる我が家。


記念に、カードを作りました。
わんこたちには
おやつに あられの代わりにボーロをあげますからね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gallerys
読者になる
Yapme!一覧
読者になる