平城宮初の大地震痕跡 大極殿ズレの要因、仁和南海地震か

July 06 [Tue], 2010, 1:25
平城宮跡(奈良市)の第一次大極殿院地区で、大地震の痕跡とみられる細長い地盤の亀裂が奈良文化財研究所の発掘調査で見つかったことが5日、分かった。奈文研は、検出状況や記録から平安時代の仁和3(887)年に発生した南海地震によるものと推測。平城宮跡で大地震の痕跡が確認されたのは初めてで、東西対称のはずの大極殿院の地盤にずれがある一要因と考えられるという。
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
P R
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31