久々日記*宿題* 

2009年07月16日(木) 21時15分
ココに書くのは久しぶり・・かれこれ2ヶ月放置でした。

2ヶ月ぶりの日記

2ヶ月間の事といえば・・・・正直少し忘れ気味かも・・

ただ2ヶ月前に書いていた『宿題』の悩み

は少し解消されたかもです。

どんな方法を使ったかと言うとーーー

『あんまりうるさく言い続けない』

『「宿題やりやー」とは言わない』

です。

あまりキーキー言っても、こっちもしんどい

子どももしんどいしなぁ・・・

宿題の手がとまってたら

「手とまってんで〜」と言ってみたり

「次はどんな問題なの?」と聞いてみたり。

「おー!めっちゃ進んでるやん!」と褒めてみたり。

私なりに試行錯誤をしてる日々です。

昨日すごく感心したのが

ずーっと遊びっぱなしの子を、とりあえずほっておいたら

「宿題しよー」と自分からちゃんと机に座って、宿題をし始めたのです!!!

えらいぞ!!!ちゃんと解ってるやんか!!!

と、感激したこともあったりと

宿題1つで一喜一憂だったりなのでした。

本日の日記*子どもとココロ* 

2009年05月01日(金) 21時19分
最近、女の子達が憎まれ口をたたくようになってきました。

「こっちこんといてや!!!!」

「おばさん!!!」

「ウザイねん!!」

などなど・・・・

つい一ヶ月ほど前までは

「ゆかちゃーん☆」

だったのに・・・・

子どもの心とは変わりやすいものなのだろうかと

ちょっと悲しくなりました。

でも、よく考えてみたら、男の子達はだいぶ前からそんな対応だったので

もしかして・・・慣れによる、“甘え”てるってやつなの?

と思い

“何でもいいやがれー!どーんとこい!!”

みたいな態度でいたら

今日は結構、上手くいきました。

確かに最近よくつっかかってくる子は

お母さんが妊婦さんで、4人兄弟の一番上で

結構がまんしてたり、ストレスためてる部分が多いのではないかと

だから、その思いを大人にぶつけてくるんじゃないかなぁと

思ってみました。。。勝手な推測ですけどね。


わたしは、大人として、学童の指導員として

大きな気持ちで子どもと接してくゆことが大事なんだろうなと

感じる日々だったりします。

本日の日記*携帯と宿題* 

2009年04月20日(月) 20時17分
学童が終わり、子どもを家まで送っていく途中のこと
「なぁなぁ、携帯どうしたん〜(笑)」
え!?と私の携帯ケースを見ると
空っぽ
「え!何!」
というと
「学童に隠してきた」
とのこと、
さすがに『はあ?』ってなって
怒りました。
携帯無かったら本当に困るし、
人のものを隠して笑うような事をしてほしくないわけで
そういうのも踏まえた上で怒ったのですが・・・
解ってるのか、どうなのか、、半ば半笑いやし
もう・・正直こまりました。

あと、学童で宿題をするのですが・・
どうも気乗りしない子ども達・・
わからなくもない、私も嫌いだったからね・・
「宿題ってなんであるん?」
ときかれ、そりゃ学力の向上による・・とかいっても
「先生が出すからあるんやろ」
とかね、それはなんか間違ってるやろなぁって
先生のせい、になってるからよくないやろなって
とりあえず「宿題の意味ってなんだろうね、調べてくる」
といって、その日は終わり。
でも、本当に宿題ってなんであるの?
というわけで
調べてみたのですが
『宿題を出す意図や理由はさまざまで、教師によっても違うが、多くは授業の理解度の確認や学習者の意識調査のためである。プリントなどによる問題演習は前者にあたり、作文や感想文の類は後者にあたる。』
という固い文章がでてきたので、もうちょっと子どもでも解りやすい様にしなきゃね・・

それにしても、最近ちょっと色々あります・・
子どもとの関わり、難しいなぁと再実感ですよ
奥は深いです。

本日の日記*休日と公園* 

2009年04月19日(日) 21時11分
今日は日曜日、学童はお休み

趣味である写真を撮りにちょっと遠くまでお出かけ

行った先に、大きな公園があって

大きなすべり台に大きなジャングルジムみたいなのに

子ども達がいっぱい、わんさか集まっては

キャッキャと笑っていた

あー学童の子達がここにいたらなぁ〜

楽しむやろうなぁ

写真めっちゃとんのになぁ〜とか考えた

ほんの一年ほど前までは

名前も顔も知らなかった子達が

こんなにも、自分の心をしめてるんだなぁと

なんか不思議な感じ

そして、よかったなぁって感じがしました。

本日の日記*小学生と宿題* 

2009年04月17日(金) 22時32分
学童へ帰ってきた子ども達はまず
“宿題”をするのが決まりとなってます。

といっても、上級生の男の子達は
「家でやる〜」といって、すぐに外へ遊びに行きます。

女の子と低学年の男の子達は帰ってきてすぐに宿題をして!
・・・が理想なんだけど
現実は
だーらだーら、『あ!面白そうなものがあるぞー』と
全然進まない始末・・・
特に女の子のおしゃべりが始まると
もー大変
終わらないストーリー 終わらない宿題

よく雑誌や本に
『子どもに「宿題をしなさい」は禁句』と書いてあるけれど
言わないと、マジでやらないわけで・・・

私も小学生のころ、宿題をするのが大嫌いで
よくサボってたりして
お母さんに怒られ「宿題しなさい」と言われ「わかってるー!」と逆切れしてたなぁ
と思い出すのだけれど・・・・
今ならそのお母さんの気持ちがよく解るわけで・・・

学童でできなかった宿題は家でするみたいなのだけれど
やっぱり、親御さんとしては『学童でやっててほしい』って気持ちがあるだろうし
私達としては『とっとと宿題終わらせて、気持ちよく皆で遊んでほしい』って気持ちで・・

この間はストップウォッチをつかったら
結構効率よくできたのだけれど
次の日はダメでした・・・・
あー!!悩みます。
どうすれば、集中して宿題をやってくれるのか・・
現在、色んな方法を試すしかないと思案中です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆか
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:3月1日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・写真
    ・アート
読者になる
デスク仕事暦8年から転職
学童保育の指導員(先生)という仕事に就き
そろそろ一年
少し慣れてきたような・・?新人指導員と
はちゃめちゃな子ども達との
学童日記です。
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ゆか
» 本日の日記*子どもとココロ* (2009年07月16日)
アイコン画像ゆきち
» 本日の日記*子どもとココロ* (2009年05月25日)
Yapme!一覧
読者になる