何処に

May 24 [Tue], 2011, 4:03
何処にいった僕の心よ。

僕はいったい誰なんだろう?

光の先に

July 01 [Wed], 2009, 18:25
光の先に見えたものは、温かな優しさそして見えない果ての道。
楽な道に行くのは僕じゃないと気付く。
人はすぐに忘れる。
光の先を見てまた光を見失う。
繰り返しなのか?
だから負けない光を掴み続けたい。
僕は作り手に生きる道が合うらしい。
当たり前の日常はほんの一部でいい。

何かを作り続けて生きたい。


恐怖と勇気

October 16 [Thu], 2008, 1:58
やれるとこまでやろう。

いけるとまでいこう。

まだまだ限界ではない。

迷いが多すぎるだけ。

いつのまにか守りに入り何かに恐怖を感じていたのかも知れない。

恐怖を超えるのは勇気だけ。

自分の世界感が蘇れば僕は負けない。

やれるとこまでやる。

いけるとこまでいく。

そして人に優しく。

これは基本だ。

ありのままの僕でいるために。

穏やかなぼくでいよう。

まったりした僕でいよう。

やれるとこまでやろう。

いけるとこまでいこう。

まだまだいけるさ。

今はただ世界観を取り戻す。



自己判断

August 09 [Sat], 2008, 3:54
今は眠くてたまらない。
でも書かないといけない。
自分のために。

最近の自分は
ハリがない。
生気がない。
やる気がない。

最悪だ。

自分の顔はバロメーター。
自分の顔は悪いとは思っていないが
最近は不細工だ。
悲しくなってくる。

そんな顔のときはだいたい自信がなくなっている事の証明。
僕も多少は長く生きているからわかる。
自分一人じゃ修正が聞かないこともある。
でも人に頼りすぎても駄目な事も知っている。

何かが噛み合えばうまくいくのが人生。
悪いときも人生。

だから人は何かを求め生きている。

今の僕は鍵をもっていない。

中々抜け出せない迷路。

でもきっと抜け出せる。

僕は信じている。

負けている自分は嫌いだ。
でも今は負けている。
本来の求めた自分をいま探している。
一度は辿り着いた。
そしてもっと先を見つめたはずだ。

僕ならできる。
やるしかない。

何をやればいいか分からないけど。

僕は負けない。

久々に自分と見詰め合っている自分がいる。

この場所でちゃんと書くのも久々な気がする。

ただ、自分が書いたものは読みかえさないたいぷだからな。。。

ロッキー

July 25 [Fri], 2008, 3:45
諦めなければ夢は叶う。
内にある情熱があれば、吐き出せばいいのさ。
ロッキー。

後悔しない日々を・・・

May 13 [Tue], 2008, 14:52
そろそろ自分のもう一つの世界観を生み出します。
心の準備はできています。
此処まで来るのに6年間ぐらいかかっているな。

今だから出来ること。
今しか出来ない事。
今の僕なら出来る。

I Can。

攻撃再開〜真実の夜〜

April 22 [Tue], 2008, 3:02
時は来たね。
昔、そこにいた自分。
今、此処にいる自分。
全てある自分。
今までの経験を全て融合させる。
きっと今だから出来ること。
そのレベルにたっする。

脳を切り替え全てをやりこなす。

3年以上前の自分に出会い、そして今の自分に出会う。
融合。

今はとても幸せだ。
映画見て、仕事して、寝て、そして愛する人といて。
すごく幸せだ。
でも、僕はそれ以上を求める瞬間があると思っている。
だからやるしかない。
僕を表現する。
ただやるしかないと思う。

とりあえず一つをやり、そしてもう一つをやる。
一つは僕のために。
もう一つはみんなのために。

今は本当に作ったら出来るか分からないと思っている。
でも出来上がったときに、出来たって昔見たく思うときがきっと来ると思う。
自分で聴いてみたい。
進化してる自分を。

決して一人では何も出来ないと思う。
たくさんの人がいて出来ることだと思う。
だから頑張るよ。

                 TーDA(Gaku)

創造の夜

April 01 [Tue], 2008, 3:29
この部屋は大切な部屋。

自分が動き出すまでは書くことはない。

早く自分の言葉を綴っていきたい。

僕が僕になるときが早く見たい。

今はまだ不十分だ。

納得したい心境になるまだは。。。

なぜ?

December 25 [Tue], 2007, 0:19
なぜ争いは起きるのだろう?
とっても胸が痛く涙がでそうだ。

愛のある世界

December 16 [Sun], 2007, 3:54
始めて出逢った日の彼女に
また
出逢えた気がする。
出逢えそうな気がする。
自分の気持ちに無理をせず嘘をつかない心の綺麗な彼女に。
僕たちはこの1年半ぐらい忙しすぎたんだ。
見えていたものすら見えなくなっていたような。
ようやく辿り着けそうな気がする。
あの日の2人に。

僕は彼女だけに全てを許した。許せた。許させてもらった。

ほんとに信用できるんだ。

あの日に戻れる。

いろんな事が短い間にありすぎた。
いい事も悪いことも。

そして僕の心は動き始めている。

心が自然になった時。
鼓動がした時。
唄がかけると思っている。

書けといわれても書くことは出来ないし。

きっと来年、曲が書けるような気がする。
僕が書く最高の曲だ。

世界にたった一つのLOVE SONG

僕も聞いてみたい。

準備と時間と場所さえあれば。

揺れているよ。

なんだかこんな気持ちになれて嬉しい。

時が近づいてきてる証拠だね。

彼女が僕を戻す。
そう信じたい。

頭の中に世界感が生まれてきてる。

愛のある世界。
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:violet moon
読者になる
Yapme!一覧