「I.E.S顎関節症改善法」のレビュー 

2011年01月19日(水) 21時12分
詳細はこちら



食べ物を食べたり、話したりすると顎が痛くなる。
顎がカクカク音がして、痛くて口を大きく開けられない。
「一生続くかと思うと、辛くて怖い」と悩んでいませんか?
大丈夫です!顎関節症は治ります。
「7日で良くなる?」
「そんなのウソでしょ、あるわけないでしょ?」
「この痛み、この先どうなるかの恐怖に私がどれだけ戦い続けているか知ってるんですか?」
と、思いましたか?
もしかしたら、あなたは何カ月も、何年間も、何十年も顎関節症で苦しみ続けていて、病院通いをしているかもしれません。
残念ながら、私は安易に、「顎関節症で悩んでいますか?それならこんな方法がありますよ。」なんていう、普通の歯科医が言うようなことは言いません。
私の治療法をきちんと行うことで、あなたは、
・耳のつけ根、こめかみの痛みを改善できます。
・頭痛、肩こり、クビの痛み、違和感も少なくなります。
・口を思い切り大きく開け、笑ったり、歌ったりできるようになります。
・顎からの異音が改善します。
・あなたが、すでに病院にかかっているのであれば、数十万円の無駄な治療費をこれ以上、使う必要もなくなります。
必要以上に無駄な時間をかけて、科学的根拠のないリハビリをする必要もないでしょう。
これまで放置してきた期間、他の歯科医が治療してきた期間などにより顎関節の状況や症状は色々ありますが、私の治療法をステップごとに行っていけば、あなたが抱えている問題をほぼ7日という短期間で解決することが出来ます。

「今、あなたが一番痛い部分はどこですか?」
口を大きく開けて3回パクパクしてみてください。
そして、痛い部分に指先を当て、その場所を確認してみてください。
「どうでしたか?」
上図の赤い部分が痛いですか?
私はウソはつきたくないので、正直にお話しします。
「あなたが顎関節症である確率は極めて高いです。」
あなたが一度でも痛みを覚えたということは静かな爆弾を抱えている可能性があります。
「それはどういうことですか?」
という疑問について、医学的見地から正直なアドバイスをしたいと思います。
少し、つらい内容になるかもしれませんが、あなたの病気を治すためにはこの事実を知らなくてはいけません。
放っておくと軟骨がどんどん削れて、薄くなっていきます
まず、顎関節症というのは、軟骨のズレが原因で痛みを発症するのです。今あなたの顎関節は、この軟骨が前に落ち込んでしまったことにより口を空けた瞬間にカクッと音がなってしまうのです。
そして、口を開けた時に、この軟骨が関節の動く骨にひっかかってしまうと痛みを生じるようになり、これが急性の顎関節症になります。
これがどんどん進行してしまうと軟骨にひっかかっている状態が続くので、軟骨がどんどん削れて、薄くなっていきます。
この状態になると、軟骨が削れて薄くなっているので音をほとんど発しなくなり、痛みすらなくなるのです。

今すぐ顎関節症を解消したい方はここをクリック

「顎関節症は放っておいても治ることはありません。」
これだけは、しっかり理解しておいてください。
本当は、言いにくいのですが正直に話します。
「治療しているけど、治らない」
「顎が痛い。でも、どこで治療すればいいの?」
「痛みはあるが、放置、見て見ぬフリをしている。」
などと思っていて、この先どうなるのか不安を感じているのなら1年後は、重症患者の危険性があります。
そのままだと、徐々に頭痛、イライラ、吐き気、肩こり、腰痛、冷え性、手の痺れまで、発症し始めます。

例えば、食事をするときに毎回のように激痛が走り、美味しいものを味わう余裕すらなくなり、どうやったら痛みを和らげる顎の動かし方になるか、だけを考えて食事をしている。
そればかり考えて、食事すらままならないのです。
大きな口をあけることができないので、思いっきり笑うこともできなくなります。
テレビを見ていても、世間話をしていても、あなたは笑うことができないのです。

本当は笑いたい。あなたがこう思っていても他人からは笑顔のない、面白くない人間と判断されて、あなたは孤独になっていきます。
せっかく、友人と楽しい食事会をしても、あなたは美味しい食事、笑うことすら満足にできないので、完全に人から白い目で見られ、一生見放される可能性だってあります。
医学的に、あなたが負う代償はこれだけではありません。

顎関節症は、顎が奥に入り込むことがおもな原因ですが、それが原因で空気を吸い込む気道器官が細くなってしまい、十分な酸素を吸い込むことができなくなります。
体の全身は血液中の酸素がエネルギーになっていますが、あなたは正常な人と比較すると十分な酸素を得ることができなくなるので、集中力がない、眠くなる、といった症状が、あなたの意思とは無関係に発症してしまいます。
つまり、人間のとしての思考機能、身体機能に影響を及ぼしてしまう可能性があるということです。

あなたが今、やるべきことは、現在発症している症状をよく観察し、それがどんな原因で起こっているのか理解をし、それに対して適切な処置を施していくことです。

顎関節症を治したい方はここをクリック

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:顎関節症治療
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる