再出発! 

2009年05月20日(水) 14時42分
今日から再スタートです(^_^)v

前のブログは、わけあって閉鎖したのでこれからはここに写真などどんどん載せて、充実した記事をなるべく書いていきたいと思います!

読んでて楽しい記事が目標です★

あっそれとコメント待ってますよ。どんなくだらないことでも良いんで、僕のことを知ってる人はもちろん見知らぬ人までどしどしコメントしちゃってください(^^♪


初回の今回は、地元の桜と夕焼けを1か月遅れでお届けしよう







世界遺産・名所ツアーfiles 1 @ 

2009年05月21日(木) 16時32分
さて、みんなインフルエンザで猛勉強してるんやろな〜

まぁそれなりにはしてるしこれから塾もあるから、焦りはないけどね(^O^)/

とにかく隙間時間は単語と更新と決めてるので(それ以外することないので)、今のうちに調子乗って更新しときます(^_^)v




さて、題名の通り今日は今後シリーズ化したい記事の第一回です。



このコーナーは僕が大学に入って、もしくは死ぬまでに一度は行きたい!って思う素晴らしい世界遺産や名所の良さをひたすら語るものです。



でも、ただの文章だと飽きちゃうので・・・なるべく写真とか混ぜて、「こんな場所知らんし」とか言う人にもわかりやすくやっていきたいと思います(^^♪

それから将来の自分のためでもあるので、行き方とか特徴もあたかも自分が言ったかのような口調で書く時もありますがよろしく〜。

まぁ見てみればわかる★




え〜第1回の今回は、僕がすべての世界遺産の中でも超A級に好きな南米「マチュピチュ」です!



はい、なんじゃそれって言う人ももちろんいると思います


マチュピチュは南米にあるインカ遺跡です。高山にあることから発見が1911年と遅れて、未だに謎が多い空中都市です。

一度マチュピチュの写真を見たらもうその光景を忘れることができないと思えるほど美しい姿をしています。

この写真を見たら「あっ見たことある」という人も多いでしょう。





マチュピチュは自然遺産であるとともに文化遺産でもあるというユネスコ世界遺産の中では珍しい複合遺産です。

僕がなんでこの遺産に引かれたかというとやっぱり神秘性かな★

南米のペルーにあるこの遺跡はアンデス山脈北部にあるんやけど、かつてはインカ帝国の中心地として栄えた。

気候は、高山の上にあるので気温は冬だと0度から20度, 夏でも8度から20度程度と非常に寒い。特に雨期は雨のため気温が上がらず非常に寒いので日本の冬の格好をしていく必要がありますね。

また雨季と乾季があって、雨季はほぼ毎日が雨です。やっぱり行くなら乾季!

でも、雨季の霧がかかった感じもまたいいんだよね〜。

でも、歩きにくいとダルイのでやっぱり乾季ですよね!


さて、では具体的にどうやって行くかというと・・・電車に乗って、ふもとまで行ってからバスに乗るわけです。



これは指定席なのでゆっくり景色を楽しめそうだな

この鉄道で行けるのはアグアスカリエンテスという町までですそこからは、ひたすらグネグネ道をバスで登ります。

写真の左下にグネグネ道が見えますね。



そしていよいよマチュピチュ到着!

マチュピチュの入園料は基本は20ドル、25歳以下で国際学生証がある人は10ドルらしいです


さてここからは内部の紹介!

まず何と言っても気になるのがあの奥の山に登れるかと言うこと。

もちろん登れます。

自分の名前と入場時間を書くと登れるらしいです。

頂上まで時間にして1時間!ちょっとしたハイキングやな。

頂上から見たマチュピチュは「顔」の形をしてるらしい




ちょっとどこが顔かよくわからんけども・・・笑


さて、いよいよマチュピチュの内部へ!



これは見張り台ですね。

山の頂上に作ったので、他国から攻められにくくインカ帝国の全盛期を作ったという説が有力



マチュピチュの推定人口は750人。

こんな山奥でどうやって人々は暮らしたのか・・・・・・


その謎はその2でお伝えしましょう〜

ひとまずお別れです(^^♪














世界遺産・名所ツアーfiles 1 A 

2009年05月21日(木) 22時03分
さて、マチュピチュの続き編ですが・・・

人々は、山奥でありながらこれのおかげで食べていけたんですね。


そう!段々畑です。

こういうのがホントに無数にあります。

どんな小さな斜面だって畑にしちゃうんですね。

おそらく主食のじゃがいもを栽培してたんだろうと思います。

この段々畑もマチュピチュの大きな見所の一つなんですね〜



この他にも、東西南北を意味する日時計など高度な技術を持った人々が暮らしていたことは歴然!



そんな中で最大の謎はどうしてこれほどの石垣をこんな頂上まで運んできたか。

まさかヘリコプターやロープウェーがあるわけじゃないし・・・人類が発見で来たのが奇跡と言われるほどの空中都市はまだまだ謎でいっぱいなんです。









さて、こんな感じで第1回を作ってみましたが、どうでした?

ブログでこういうのを一回やってみたかったんだよね〜。ホンマに楽しかった

引用とか多かったけど、調べるのも楽しかったし、世界遺産ってホンマにいいなぁ〜って思った。

まだまだ無数に行きたいところとかいいなぁ〜って思うところあるので気分転換に書いていきたいな

これを見てまた勉強のテンション上げていきたと思います!


感想やコメントは切実に待ってます!




ではでは!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gaishimuraguchi
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ