疲れきった足元から すべて凍りつくしても 

2007年04月14日(土) 0時30分
新年度が始まり
いろんなものが凄い速度で変わってしまいました

いきなりすぎて、心の準備も出来ないままで
でも、始まっちゃったのなら
何とかしなくちゃいけない

がむしゃらにがんばって
1つ息をついてみたら

ちょっと、自分が嫌になってた


なんでだろう
わかんないけど


凄く自己嫌悪



どうしよう




現実逃避のたびに出たいなぁ



なぁんて、ぼんやり思う日々です


取り敢えず生きてます

お話も書きたいんですが
上手く纏まりません

全部自分の汚いところを
前面に出して
それを肯定してるような

最低なお話しか出てきません

それは、お話に対しても失礼だから
もっとちゃんとしたの書けるようになりたいです

がんばろう!

君のタメのウタがあるコト 

2006年09月20日(水) 22時49分
私はちょこちょこ実家に帰ってみたりしています
帰れば居心地が良いと思うけれど
ずっと居たら居たで
すごく、自分が駄目になるのが分かります

嫌な奴で駄目な奴になって行くのが
手に取るように解って
深みにはまってしまいます


いつだって明るくて
優しくて
人に元気を与えられて
陽だまりみたいな
暖かい人になりたいなって

そう、思います

でも、現実は
全くの逆で

なれません
一向に

目標に向かって走りなさいって言葉と
そればっかり見てたら疲れちゃうからたまに息抜きしなさいって言葉があって

私はいつも、息抜きを選んでしまって
それなのに、大変だ!って
みんながこなしていること一つも出来ないで
あたふたしている自分が嫌い


何かが変わればって
ずっと思ってた


けど、何も変わらない



いつだって私は私で
目標はいつまでたっても遠くて



ちょっと今、凹み中

昔みたいにざくっとなんてしないけど
しても良いならやってしまいたい

血を見るのって何で安心すんだろうね
血が流れると、すっきりするのはなんでなんだろうね


しかし!!明日は同期の子達とお食事する予定!
楽しみがあるので
前を向いてがんばります!!

世界は僕を中心に回ってないって今頃気がついたよ 

2006年07月17日(月) 14時38分
実家に戻ってきました
もう、帰るんですけどね

今回はお祭りと畳みのために帰ってきました(笑)
存分にお祭りを堪能し(浴衣も着た!!)
畳でごろごろし放題で
全くもって幸せに御座います(^−^)

やっぱり、人間山とか海とか必要だって思います
虫の鳴き声とか
鳥のさえずりとか
ごぉって風の走る音とか
そういうの

大事

本当に

東京はいつも何かの音はするけど
そういう音ってあんまり聞こえづらくって
その代わり人の声はたくさん聞こえますね


お仕事始めてもう、4ヶ月がたって
1個に成長して無い気がして
本当にこの道でいいのかなって思って
考えたらだめな気がして
あんなに光り輝いてたものが
色あせた気がして
でも、これをやるって決めたから
責任を持たなきゃいけなくて
1人のお部屋はキラキラとよそよそしさでいっぱいで
実家に戻ってみて
何となく、居場所があるような無いような
戻ってくる場所のような違うような

とぁがいなくても
やっぱり世界は回ってるんだなって

本当に、判ってたことなのに、今更ながらに気がつきました


でも、逆を言えば
とぁがいても世界は回る

いてもいなくても変わらないなら
その場に残って変えてみる努力をするのも楽しいかなって
思いましたのでした


次はいつ帰ってこれるかなぁ
夏休みはあるのかしら・・・・・

人知れず流した泪があった 

2006年03月07日(火) 1時12分
最近、物事考えます
昼近くまで寝てるもんで
夜寝るまでに時間かかるんですねぇ
えぇ、典型的な駄目人間っぷりです
えへへ、学生の特権ですねぇ
で、その眠りにつくまでの間
たくさんたくさん考えます

いろいろ考えるんだけど
最終的にはどうしても悪い方向に向かいがちで
考えなくても良いようなこと考えて
1人で怖くなったりします
でも、そんな中でも助けてくれるのは
友達といて楽しかったときの思い出で
楽しいことがないと、とぁはなんでもやる気になれません
楽しいことがあるからいろんなことしたいし、やりたい
でも、友達が言いました
「何してても楽しくない」
「友達も、その場限りじゃん?」
すっごく、悲しくて、痛かった
とぁはにこにこげらげら笑っていられることは
とっても楽しいことだと思ってて
それを、その友達とも共有できてて
って思ってたのに
友達は、一緒に笑ってても楽しくなくて
なんだか、ぽっかり穴が空いた気分です
笑ってられることは楽しいことじゃないのかなぁ
楽しいことって何だろう
最近よく考えます
ようやく、暗い穴からちょっと這いだし気味のとぁには
毎日がキラキラに見えて
そのキラキラは友達がいてくれるから出来てるものなのに
とぁは、作れてないのかなぁ
とぁは、その子のことが大好きなのに
その子の中ではその場限りの友達で
自分の気持ちが空回りです
とぁが愛して止まない人たちに
この思いは伝わってるのかなぁ
あんまり表現得意じゃないんで、自信は無いけど
すごくすごく好きなのになぁ


うぅん、夜は駄目だな
思考回路がグルグルだ

でも、とぁの大好きな人たちが
明日も、楽しく過ごせると良いなぁって、思います

話纏まらなかった(汗)

目にも止まらない速度で世界は明日へと向かう 

2006年02月28日(火) 21時38分
今日、母に頼まれて
買い物の荷物運びしてまして
自転車で重いものを家まで運ぶってやつですよ
昨日は、父に頼まれて
肩たたきをしました
そんで、今日自転車こぎながら
少し考えました

多分、お仕事しだしたら
とぁは家を出て行きます
そうしたら、父の肩たたきは誰がするんだろう
父が車出せないときに重いものを誰が母の変わりに運ぶんだろう
姉は家のことをやるんだろうか
寝てる母を見て、洗い物全部やったりするんだろうか
兄は、休みの日に父の代わりに車を出すんだろうか
父と姉が仕事で忙しい時に
母は、1人で出かけて、暇つぶしするんだろうか
あの家は、少しは広くなるんだろうか

なんか、ちょっと考えました
でも、だからって家に残る気など全くなく(笑)
なんて言うんだろうな
とぁは、小さいときから大学生もしくは20歳過ぎたら
家を出なくちゃいけないと思ってて
でも、姉も兄も一向に出て行く気配が無くて
すごく焦りました
姉も兄もいるから、安心するんでなく
焦りました
だって、姉も兄もいる分お金かかるし
家は裕福なほうでは無いし
だから、すごく焦りました
姉や兄が出て行かないなら
自分が早く出て行かなきゃって

姉ももうすぐ30才
兄は、25を越えて
とぁは22になります

一番早く家を出て行くけれど
なんとなく、母と父が心配だなぁ
父がまた、鬱にならないと良いけど
母が溜息つかなくなれば良いけど

そう思いながら、自分が一番親不孝なんですよね
家の手伝いもして無いし(してないんじゃん!)

てか、早く勤務地決まらないかなぁ

誰かが誰かを傷つけて行く通行人のフリをしながら 

2006年02月21日(火) 21時46分
い、生きてます!(笑)
久々の日記でございます
どうにも、だらっだらな日々を過ごしておりました
一大ビックイベントと言えば、14日にゆずのライブに行ったことでしょうか
素敵なライブでございました
幸せ感じましたよ
うん、本当に私、生きててよかった!と思ったよ
ゆずに生かされてるって言う、なんだか依存症患者のような(苦笑)
まぁ、そこまで行って無いですが
それぐらい幸せでした
あのね、唄をね、唄う時にね
なんだか、暖かくて優しく何かで包んで届けてくれてる感じで
何かは分からないけど、気持ちだったり空気だったりなのかな?
まぁ、それで、それ受け取ると結構重くて
ずっしりしてて、でも、持ちきれないくらいに重いんじゃなくて
丁度良いの、丁度良い重さなの
泣きたくなるくらいにしっくりきて、優しいの
なんだか、元気たくさん貰いました
そんで、幸せだなぁって思ったのでした

えぇっと、後はバイトしてます
この間最後のシフト出してきました
あぁ、後1ヵ月したら終わっちゃいます
子ども達も、成長したなぁ
ちょっと、感傷に浸っております

さて、歩き出さないといけません
いけませんが、就職先から何の連絡も無い!
勤務地はどこなんだ!!それが分からないと、どうにもなぁ
だらだらな毎日の繰り返しなのです(笑)

君を思う、花が舞う 

2006年02月10日(金) 22時13分
東風吹かば 匂い起こせよ 梅の花 主無しとて 春な忘れそ

この和歌知っていらっしゃいますか?
とぁは、この和歌が大好きです
古文は難しいから苦手なんですが
この和歌だけは大好きです

この和歌を詠まれたのは菅原道真さんと言う方
これは、京都の菅原道真邸には早春に良い香りを放つ梅ノ木があったのですが
菅原道真が左遷され九州大宰府へ出発する日の朝
道真は庭に出て「もうこの梅の花の香りも嗅ぐことが出来ない」という気持ちで読まれたそうです
大阪本場青果協同組合さま

すごくすごく、綺麗で哀しくないですか?
この和歌から見える景色がすごく好きなのです
別に、授業で大々的に取り上げられたって訳じゃないんですが
教科書に載ってた和歌の1つなのですが
ずっと、菅原道真が庭のまだ蕾も無い梅の木を見て
詠んだ感じがしてしまって
実は、この和歌、就職試験に出たんです
この和歌をばらばらにして、作りなさいって言うので
ちょっと、ラッキ−と思いました

後、歴史で気になるのは鑑真和尚
なんでかは本当にわかんないし
授業でちょろっとやっただけなのに
この人の姿勢に感動しました
10年間に5回日本に渡ろうとして、失敗して
失明までしたのに仏教の教えを伝えるために
また、航海に挑戦して
すごいなぁ、自分の光を犠牲にしてまでも
日本の為にここまでしてくださった
すごいなぁ
歴史人物調べさま

突然どうしたかって
特に意味は無いんですが
何となく、頭に浮かんだもので

どうしても、頭から離れないものってありますか?

どこが居場所って聞かれるの怖いから笑ってたんだ 

2006年02月04日(土) 23時35分
うがぁ
下の日記でもぶちぶち愚痴っていますが
今回も、ちょっと愚痴

もうね、ストレスのせいか頭痛いです(-_-;)
慢性的に
そんでもって、電車の中で本読んだもんだから
酔っちゃって、気持ち悪いってのに
家帰ったら、姉がめっちゃ不機嫌で
その不機嫌になんでか母も不機嫌で
なんか、ご飯出てきても、溜息とかで
胃が気持ち悪いし、痛いしだけど
胃薬飲んでご飯食べたよ!
「おいしいね!」って言いながら
そうしたら、案の定気持ちが悪いよ(-_-;)
吐きたいけど、とぁはなかなか吐けない体質なんです

おぉ、何でこんなにお家は不穏な空気なの?
他のお家もこんなんなの?


うん、少しすっきり!!
頭痛いのはテストってのもあるんだなぁ
ストレスのかかり具合が今回はすごい
なんで、明日友達と遊んできます!
癒してもらおう!!
たのしみぃ♪
まだまだ、心に余裕があるから大丈夫
寝てれば忘れる単純体質
単純なつくりでよかったなぁ(^_^;

不安のつのる夜は思い出して欲しい 

2006年01月31日(火) 23時43分
なんだか、ひっさびさに物壊したい衝動
なんて言うんだろう、壊したいというか
暴れまわりたい
いろんなもの壊したい
壊して壊して
泣き喚いて
そうしたら、いろいろ変わる気がする

最近気が付いたけど
私のストレスの半分は家で
だから、あんまり家にいるのが好きじゃない
外に散歩に出かけたい
家にいるなら、誰も邪魔しない部屋にいたい
私の居場所は布団の上で
そこだけは誰にも触らせたくない
昔からそうだった
添い寝が嫌いだった
そばに居て欲しかったけど、布団に入って欲しくなかった
入ってこられると泣き喚いて嫌がった

家は安全だけど
安心するけど
その分、イライラする
家を出たら、私のストレスの半分はなくなる気がするし
家の中も変わる気がする

なんか、こう、緩い不安が来た時は
ゆずでも良いんだけど、バンプを聞きたくなる
何でだろう
わかんないけど
いろんなものに縋りつきたい
必死に縋りついて
どうにか壊さないでいたいなぁ
壊したら、元には戻れないから
家はすぐに崩れるから

今日は、バンプ聞いて寝ることにしよう

いつまで待っても現れてくれない 

2006年01月21日(土) 22時23分
雪が降りました!!

結構今年寒かったじゃないですか
だから、雪が降ったらこれ以上寒くなるのかぁ、嫌だなぁ
などと思ってて
そんなコト思う自分をとても大人に思ってたのですが
積もった雪見た瞬間テンション上がりまくっちゃって
学校行きたくなくて仕方なかったです
まぁ、ちゃんと行って、その後バイトもあったのですが
バイト先が雪のために閉館するから休んで良いとのこと
どっちにしても、バイト先でお子様達と遊びまくろうと思ってたのですが
1人で好きに遊びまくって良い!!
雪を堪能しまくって良い!!
これは、チャンスとばかりに地元についてから海岸へまっしぐら
初めて、雪降る海岸に行きましたが、もうすごい!
一面真っ白!!
また、今回積もった雪はふわふわの雪でして
踏むたびに「ぎゅむぎゅむ」言うのが楽しくて
ぎゅむぎゅむしては立ち止まってきょろきょろしまくってカメラ構えて
ぎゅむぎゅむして、立ち止まって雪触って雪だるま作って
ぎゅむぎゅむして止まって、雪だま作って海に投げて
鼻水ずるずるしながら遊びまくりました
その後、近所の公園に場所を移して
雪だまを作り、木の枝差して「柚」作りに興じ
気分が乗ってきたので、誰もいないから
ふんふん鼻歌歌ってたら人がたくさん来だしたので
家に帰って、家の前の誰も踏んでない雪をぎゅむぎゅむして
家の前の雪をかき集めて雪だるま2体(歌歌ってるゆず使用)作って
も1個「柚」作って、飾って「ゆずと柚」にして一人満足
大声で母を呼び寄せて自慢して
母から、丁度良いから犬の散歩行くように命じられ
犬の散歩に行ってやっぱり雪で遊んで
帰ってきて家の前でまた雪で遊んで
存分に遊びまくりました
もう、手は真っ赤、関節が曲がらないどころか力が入らない
ジ−パンの裾もびしょびしょ、帽子やマフラ−は雪まみれ
そんな、21才を見て母は大分呆れていました
関東で雪が、しかも、かなり降り積もるのは珍しいので
もう、はしゃぎまくりです
雪であれば、自分は寒いのは気になりません
もうね、それほどお子様なのです(苦笑)

今日から、ゆずがツア−をスタ−トさせたのですが
今回発売されたアルバムに雪の歌があって
それを、こんな日に生で聞けるなんてめちゃくちゃにうらやましかったです
うぅ、早くライブに行きたいな!!
その前には、テストを乗り越えないといけないんですけどねぇ