皮膚のターンオー

June 06 [Thu], 2013, 18:37
皮膚のターンオーバーが遅れると、色々な肌のエイジング現象やトラブルを招きます。顔や首筋のしわ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・目の下のクマ・フェイスラインがぼやけるたるみ・嫌なニキビ・突っ張るような乾燥など、書きだしてみればキリがないほど大変なことになります。
その場合に多くの医者がまず使うのが、ビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬と一緒に使えば半年くらいでほぼ元通りに持ってくることができたケースが多いそうだ。
お肌の乾燥の素因の一つである角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の下落は、アトピー患者のように先天性のものと、年齢や化粧品や洗浄料による後天性のものの2種類があります。
現代を生きていく我らには、人間の体内には体に悪い影響を与える化学物質が溜まり、更には自らの体の中でも細胞を傷つける活性酸素などが次々と生成されていると言い伝えられているようだ。
思春期が終わってから出現する難治性の“大人ニキビ”の症例がじわじわと増えている。10年もの間このような大人のニキビに苦痛を感じ続けている多くの患者が専門の皮膚科クリニックにやってきている。
佐藤朋美's diary
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:酒井香奈子
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gagorea/index1_0.rdf