為替デリバティブの問題に対して、中小企業側はどう考えているのか

December 17 [Mon], 2012, 11:15



為替デリバティブに関する問題は円高とともに深刻な通貨オプション取引、クーポンスワップ取引等)を利用する会社は、現在の急激な円高によって、毎月多額の為替差損の負担を強いられれています。 しかし、デリバティブ商品には、円安時の為替リスクヘッジができるというメリットだけではなく、デメリットもあります。形のある商品だけが原資産とは限らず、例えば、市場に上場されている日経225オプションは、株価指数という数値が原資産となります。 金融円滑化法施行下では、借りたお金ですら元金の返済の猶予を受けられます。先物取引とは各企業が今回のサブプライムローンの事件で為替が大幅に円高になるとその企業は大赤字になります。 。本来は、円高になれば、権利行使をせが外貨を売る権利を銀行に売っていたことだ。つまりこれは救済策でも何でもないのです。


しかし、損失を受けた多くの企業では、為替が当初の想定と反対方向に推移した場合に、権利を放棄できない取引契約、または放棄できない状況に陥ったために、損失を被ったとされている。(トヨタは1円円高になると300億円の損失)その損失を防ぐ為にも【先物取引】で数ヵ月後の決済の時も今の為替レートで換金すると言うシステムです。為替相場や金利などの変動リスクを回避するために、企業と金融機関が結ぶ契約形態のひとつとされ、契約時に設定されたレートで外貨を買う権利を購入する一方、取引銀行に同じレートで外貨を売る権利を売却するというものです。投資資金は、現物のように100%は不要で、たいていは実際のn分の1で住むようにつくられています。問題解決の方法として、金融ADR利用が主流となっています。為替デリバティブで言えば、ドルなどの通貨が原資産です。そこで、円安リスクを回避するため、手数料を支払ってあらかじめ一定額で外貨を購入する権利を取得する。そもそも弁護士などの専門家が契約の内容を確認してみると顧客である中小企業のリスクは甚大なものであるのに対し、円安になった際の金融機関のリスクは軽減されているのです。


そのため、水野氏は「今は貿易はまったくやっていないので結構だ」とキッパリ断ったという。金融庁の指導も出されておりますので、できるだけ早い段階でご相談いただくことをお勧めいたします。現物の株(株券)をその総額のお金を用意することで売買できます。そして、銀行に言われるがままに契約を結んだ。数千万円、場合によっては数億円が発生することから、会社によっては、 そして、現在の円高状況の下で、会社は、莫大な資金の流出によって倒産の危機にさえ陥っているのです。この損失は、長期の契約期間(通常5年から10年)が終わるか、運良く円高が急激に解消されるまで、免れることはできません(契約を解除しようにも、莫大な損害金を支払う条項が定められています)。「1ドル105円をボーダーラインとします。為替デリバティブの問題に対して、中小企業側は金融機関に損害賠償を求めています。




金融ADR手続きは一度きりの一発勝負
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gafbexpgmk
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gafbexpgmk/index1_0.rdf