****************************************

ガジェットとゆかいな仲間たち


****************************************
2007年12月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Gadget(ガジェット)
読者になる
****About Me****
アメリカ、シアトルで気ままな生活を送っていた奥さん。今春からは、日本に家族で大移動。新しい街での出会いに、毎日ウキウキしています。大学で出会った環境学に身を委ね、結婚した今でもLive Greenly ー自然、動物、手作り、読書、ゆとりのある生活の中で素直に生きたいと思う毎日です。

****FAMILY****
ガジェ夫(旦那さん)/ザトくん(♂6歳) /ランラン(♀6歳)/スミレちゃん(♀5歳)/ダイゴロウ(♂4歳)

****Foster Care****
私のいたアメリカでは、ペットとして飼う動物を保健所からアダプト(里親)する事が多分にあります。動物が拾われた時から飼い主になってくれる人がみつかるまでの間、私達フォスターケアーは、自宅で人間に慣らしたり、健康管理をするのです。うちの場合は、雄犬ですがダイゴロウが子猫の面倒をみてくれるので大助かりでした。巣立っていった子猫や子犬が、「人間の手はあたたかい」そんな事を学んでくれたら嬉しいです。

****Be a HERO****
誰かに見捨てられ、命を奪われようとしている子たち。そんな子のHERO(ヒーロー)になりませんか?

その1つの命を救えるのは、あなただけなんです。

人間によって、沢山の辛い思いをしてきた動物たち。人間によって閉ざされた心の扉を、人間の手で開いてあげて下さい。
最新コメント
アイコン画像タロウの母
お家にカエルのトオゥーッド (2008年02月08日)
アイコン画像ガジェット
お家にカエルのトオゥーッド (2007年12月09日)
アイコン画像ガジェット
お家にカエルのトオゥーッド (2007年12月09日)
アイコン画像ガジェット
(3)ダイゴロウ、退院する (2007年12月09日)
アイコン画像Chica
お家にカエルのトオゥーッド (2007年12月07日)
アイコン画像桜庭愛里
お家にカエルのトオゥーッド (2007年12月06日)
アイコン画像桜庭愛里
(3)ダイゴロウ、退院する (2007年12月06日)
アイコン画像ガジェット
お家にカエルのトオゥーッド (2007年12月04日)
アイコン画像ガジェット
お家にカエルのトオゥーッド (2007年12月04日)
アイコン画像ガジェット
(3)ダイゴロウ、退院する (2007年12月04日)
メールフォーム
タイトル

内容
Yapme!一覧
読者になる
お家にカエルのトオゥーッド / 2007年12月02日(日)
ダイゴロウの退院前夜
こんなあみぐるみを作りました。

        

お家にカエルっと言う事で、
カエルのトオゥーッド(Toad)です。

自分へのプレゼントだとすぐに分かり、ハグハグ

お腹を押すと、ピーピィーっと音がなるので、
大きな音を立てて遊んでくれました

でも退院といっても、やっぱり病み上がり
ちょっと遊ぶとすぐに疲れてしまいウトウト

入院中は、ずっと一緒にいたウィスラー(Whistler)は、
お洗濯、お風呂に入れてあげようね
 
   
Posted at 13:43 / お気に入り / この記事のURL
コメント(9)




********************
(3)ダイゴロウ、退院する / 2007年12月02日(日)
何かとお騒がせして、ご心配をかけたダイゴロウ
昨日の朝、無事に退院して来ました

まだまだ本調子ではなく、油断できない状態ですが、
お家に帰って来れた事がとても嬉しそうでした


ダイゴロウの具合が悪かった時、ガジェットは潰れそうでした。
自分の弱さがもろもろに出てしまったのです。
心配でご飯も喉を通らず、泣き疲れても寝れない。。。

そんな時にガジェットを支えてくれたのは、
ガジェ夫と家族、そしてお友達の存在でした。

犬に詳しいカン太ママに、相談に乗ってもらい、
リリちゃんに、こんな時だからこそしっかり!っと励まされ、
ドッグレスキューのお友達からもメールを沢山頂きました。
その他、シアトルからのお友達のチカちゃんや、
どこから聞いたのか大学時代の友達までもが、
心配してメールや電話をくれました。
近所のおばあちゃんは、ゲッソリした私に、
これでちゃんとご飯を食べるようにっと、
美味しい佃煮を作って来てくれたり。


お友達あってのガジェットとダイゴロウなんです


いつか私も、私のお友達みたいに、
誰かの支えになれる人間になりたいです。

みんな、ありがとう

ダイゴロウの病気を通して、
また一つ人生の勉強をしたガジェットでした

おまけ

子猫からダイゴロウの胸元に入って行くんです。

本当の親子みたいでしょ

早く元気になって、またフォスターできるといいな
ちなみにこの子猫。
優しいご夫婦の元へ里子に出る事ができました
 
   
Posted at 12:04 / アニマル / この記事のURL
コメント(8)




********************
(2)ダイゴロウの入院生活 / 2007年12月02日(日)
胆嚢炎という病気にかかり、
入院生活を送る事になったダイゴロウです。

ガジェットとガジェ夫は、
車で30分程あるこの病院に
毎日朝と晩、お見舞いに行きました


始めは、フードも食べなかったダイゴロウですが、
少しずつ食欲も出て、シッポを振れるようになりました。

お邪魔になるのを承知で病院に何度と行く度に
Y先生は、ダイゴロウの状態を細かく説明してくれました。

このY先生。お若いのに本当に凄い先生なんです
豊富な知識とテキパキとした行動力と鋭い思考力、
そしてドクターには欠かせない判断力と患者への気遣い。

三拍子も五拍子もそろった、
獣医さんの鏡のような人なです

先生は、大泣きしているガジェットとに、
小さなお腹に大きな包帯をした
ミニチュアダックスフンドの子犬を見せてくれました。
話によると、肝臓が悪かったのでY先生自らが引き取って、
手術や治療をして新しい飼い主をも見つけたらしいのです。

このドクターにお願いすれば、きっと元気になる
そんな安心感をもくれる心優しい獣医さんでした。

お見舞いに行く度に、素人の私の目から見ても
ダイゴロウが良くなって行くのが分かりました。

三日三晩泣き続け、涙が涸れ果てたガジェットの顔を
ダイゴロウはなめてくれるようになったのです。

入院して数日後、ガジェット達が帰ろうとすると、
「僕もお家に帰るー!!」
っとダダをこねたり 

Y先生が5日目にして
「今日の夕方か明日の朝には、
様子を見てお家に帰って見ますか?」っとおっしゃった時は、
本当に嬉しくってまた涙がポロリ

元気な時には気づかない幸せ
これからは、健康でいられる幸せに感謝して
当たり前のような毎日を過ごしたいです
 
   
Posted at 11:13 / アニマル / この記事のURL
コメント(0)




********************
(1)ダイゴロウ、生死をさまよう / 2007年12月02日(日)
コメントを残して下さった皆様。
お返事コメが遅くなって、ごめんなさい。

実は昨日まで、ダイゴロウが入院していたのです
生死をさまよい、私も生きた心地がしませんでした。


先週からあまり元気の無いダイゴロウ。
フードも食べなくなり、
いつもお昼寝するソファの上で
寝たきりになってしまいました。
トイレも抱っこして公園まで行き、
おしっこをする為に立つのがやっとの状態でした。

近くの病院へ朝一で行くと熱も41.2度あり、
「何かの細菌感染で、命にも関わります。」との事。
すぐに点滴と注射をしてもらいましたが、
翌日になっても全く動こうとせずに
苦しそうに重い息を吐いているダイゴロウ。

昨日の動物病院の先生にお休みの所を往診してもらって、
点滴とまた同じ注射をしてもらいましたが、
回復の兆しは全く見えなかったのです。

そんな大泣きしている私の所にカン太ママから、
Y先生に見てもらった方が良いのではないか
っというメールが届きました。

犬の事に関しても、私より遥かに詳しいカン太ママのアドバイスで
Y先生にすぐ電話して、その夜見てもらう事になりました。

まだ若いのに、腕はピカイチのY先生。
ダイゴロウを見るなり、すぐに幾つかの検査をして、
血液検査の数字から、「もしかしたら。。。」っと
エコーを取り、胆嚢炎という病気だと言う事を
突き止めてくれました。

その夜からダイゴロウは入院しました

ダイゴロウのいないお家に帰るのは寂しく、
猫達もダイゴロウを探している様でした。

(2)ダイゴロウの入院生活に続く。。。
 
   
Posted at 10:31 / アニマル / この記事のURL
コメント(0)




********************
スーパー子猫シッター / 2007年11月12日(月)
メイプルとオリーブがトライアルに行ってしまい、
寂しぃぃぃぃぃぃぃいガジェット家 

しかも夜中はピカピカと雷が鳴るし、
朝からダイゴロウもガジェットも何だかテンジョンダウン

それで今日のお出かけは、
二人で一緒に行く事になりました。

まずは、ドッグレスキューへ
お散歩のボランティアへGO

そしたら。。。もう新しいフォスターの子猫が



と言う事で、この後のお出かけの前に
いったんお家に帰って子猫のケアーをする事に。

子猫にご飯を食べさせて、おトイレをさせて、
お風呂に入れて、後はダイゴロウにお任せです。


子猫もかなりの甘えん坊

捨て猫にはよくある事なのですが、
声が嗄れるまで母猫を呼び続けたのでしょう。
ガラガラ声でミャオっと鳴くんです。
でも、そんな子猫が可愛くて可愛くて仕方ないダイゴロウは、
しっかりそのミャオに答えています。



こんな事をされても、許せちゃうダイゴロウでした。



って訳で、その後のお出かけは
ガジェットだけで行く事になりました。

なにしろ我が家には、
スーパー子猫シッターの
ダイゴロウがいるから安心です
 
   
Posted at 19:25 / ドッグレスキュー / この記事のURL
コメント(10)




********************
2007年最後のチャリティーバザー / 2007年11月11日(日)
今年最後のチャリティーバザーがありました。
雨なのに沢山の方がいらしてくれて、
嬉しい大忙し

我が家にフォスターとして来ていた
メイプルとオリーブも、
無事にトライアル(お試し)に行く事ができました。

最後は、泣いちゃったけど
メイプルとオリーブのご家族は、
それぞれの性格にぴったりの優しそうな方々でした

遠回りはしちゃったけど、
この子達が本当の幸せを見つけれるといいな。

Love & Peace
 
   
Posted at 23:59 / ドッグレスキュー / この記事のURL
コメント(0)




********************
ダイゴロウのフォスターケアー復活 / 2007年11月09日(金)
日本に来てから初の、子猫のフォスターが来ました。



っと言う事で、ダイゴロウのフォスターケアーが復活です



お風呂に入った子猫をなめてあげたり、



周囲から守ったり、
すーちゃん一緒に遊びたいだけなんだけど。。。



夜になると、クタクタのダイゴロウでした。


お疲れさま
 
   
Posted at 23:59 / アニマル / この記事のURL
コメント(0)




********************
他人の顔 / 2007年11月06日(火)
去年は、江戸川乱歩にハマっていましたが、
今年は、安部公房にハマっています。

なんだか、どれを取ってもグロテスクな読み物のようですが、
人間誰しもが持つ、心の闇を書き綴った作品ばかりなのです。

そんな作品から、ガジェットは自分では主観的に見てしまう自分の闇を、
客観的に知ろうと心がけています。

最近読み終わったのが、安部公房の代表作でもある、「他人の顔」


「砂の女」や「箱男」のように、とにかく前置きが長いお話でした。

クライマックスを迎えるまでに事細かに記された主人公の行動や思考。
長い長い間、火薬を並べるだけでは想像の世界だった花火が、
やっと打ち上げられた時に初めて拝める沢山の美。
そんな打ち上げ花火を思わせるお話でした。

安部公房の作品の特徴でもあるように、
作者は、事の一つ一つを細かに記して行きました。

例えば、「光」という物まで。
あまりに当たり前すぎて、どう形容するか戸惑ってしまう所ですが、
安部公房は、主人公から見た「光」を物理的にそして感情的に、
たったの一文で表現してしまったのです。

その一文には、安部公房の鬼才さを嫌というほど見せつけられました。

次は何を読もう?!
 
   
Posted at 10:19 / ガジェット図書館 / この記事のURL
コメント(0)




********************
シナモンロール / 2007年11月04日(日)
アメリカの空港に降りると、
ほわぁ〜んっと香る甘いシナモンの匂い

あの食べたら甘すぎるシナモンロールが、
無償に食べたくなってしまいました

何でも売っている日本だけど、
シナモンロールはさすがに見た事が無い。。。

ので、作って見ました☆



思ったより簡単に作れて、
ガジェット流(=適当)で甘さも半分に控えたら、
美味しく頂けちゃいました

シナモンロールとコーヒーで始まる日曜日は、
シアトルのカフェを思い出します。
 
   
Posted at 22:41 / お気に入り / この記事のURL
コメント(2)




********************
薪能 / 2007年11月03日(土)
薪能に行って来ました☆



初めて見る御能。
暗闇に燃え上がる薪の演出がいっそう雰囲気を出す薪能。
御能自体は、何が何だか、ほとんど分からずじまいでしたが、
この雅な雰囲気を味わってみたかったのです。

舞台は、源氏物語でも有名な源氏が夕顔に出会うお話。
同じ日本伝統芸能でも歌舞伎にはないしっとり感が、
とても印象的でした。

お着物を着て、美味しいお食事を頂いて、美しい物を見て。

日本に帰って来て良かったなーっと
改めて思うガジェットでした☆
 
   
Posted at 23:46 / お気に入り / この記事のURL
コメント(0)




********************
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!