集中学習と分散学習 

January 31 [Sun], 2010, 23:27
時間間隔を置かずに学習する事を集中学習という。
時間間隔を置いて学習する事を分散学習という。
次のような理由で、一般的には分散学習のほうが効率的だと言われている。

分散学習では、休憩中に学習した内容をリハーサルする事が可能である。
分散学習の方が、学習対象に注意を集中しやすい。
分散学習の方が、様々な視点から学習対象の符号化を行いやすい。

始めから終わりまでまるごと学習する事を全体法という。
全体法は全習法とも呼ばれる。 一般的には、全体法の方が効率的だと言われている。
部分に分割して、部分ごとに学習する事を部分法という。部分法は分習法とも呼ばれる。

知能が高い人や年長者、学習が進んだ状態では全習法の方が効率的である。
知能が高くない人や年少者、学習が進んでいない状態では分習法の方が効率的である。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gacgak
読者になる