子供への教育とは

November 11 [Tue], 2014, 17:54
学校でもある程度の性教育はしてくれるはずですが、何をどの程度教えるのかには地域差があるでしょうか。避妊の大切さや性病(近年では検査キットなども売られています)の恐ろしさ、もし、避妊をせずにセックスして子どもができてしまったらどうなるのか、子供が将来困ることがないように、親が責任持って教えてあげてください。

あえて親が教えなくても、年頃になればおのずと性的な知識は身に付くものと甘くかんがえていたら、ある日、子供に「妊娠した」「妊娠させた」といわれてしまうになると思います。

もしくは、親に相談できなくて、変なところで堕胎手術をして子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)を産めない体にいたったり、自殺(オランダなどの一部の国では安楽死が認められています)してしまう可能性だってあるんです。

きちんと自分のことを守れる女性にするのでにも、あなたの欲望だけを優先する無責任(地位が高くなると、その分、大きく重く圧し掛かってくることも多いでしょう)な男にしありませんからにも、正しい性教育は親の責任(きちんと取れるのが社会人であり、大人であるといえるかもしれません)で行って下さい。

Siri(シリ)と会話してみた

October 12 [Sun], 2014, 20:48
iPhoneユーザーならご存知の音声アシスタント機能「Siri(シリ)」。
話しかけると持ち主の言葉を理解して返答してくれるというものだ。

本来なら「○○の連絡先を表示して」と言えば出してくれるヘルプ機能的存在なのだろうけど、たまにおもしろい返答が返ってくる。

「好き」と言えば、「そんなこと言われても困ります」とあしらわれたり、「トリック・オア・トリート」と言えば「その衣装よく似合っていますよ」と言われたり。

中でも驚いたのが「話をきかせて」と言ったとき、「昔々・・・」と長々と自伝的話を語り始めたのだ。
たまにこういう神対応があれば誰かに教えたくなる。

なのでつい暇つぶしに話しかけてしまうのだ。
また神対応に出会えることに期待している。
育毛剤bubka

久しぶりの映画

September 22 [Mon], 2014, 11:46
少し前に話題になった「アナと雪の女王」を友人と観てきた。出産するまでは映画が大好きで1人でも平気で映画を観に行っていたし、1日に何本も観ることも。

でも、子供が生まれたら映画ってこんなにも条件が限られた娯楽だったんだと痛感。一体何年後まで観られないんだろうと少し憂鬱に。

ところが、計画的にパパっ子に育てた息子息子は、休みの日パパがいればママはいらんよとばかりにパパにベッタリ。あまりにも甘えられるから育児が不得意な夫も何とか頑張ろうと奮闘してやっとウ○チのオムツも変えられるようになったし、ご飯もだいぶ上手に食べさせれるようになってきた。

そんな時に、友人からどうしても「アナ雪」観たいからつきあってくれない?と連絡。夫とも共通の友人のためしぶしぶ
了解が出て、なんと2年ぶりの映画!

観た感想は・・・人それぞれ!私はミュージカルアニメを観慣れていなかったせいで、突然歌いだすのに毎回ビックリしたけれど、子供にも大人にもちゃんと大事なこと教えてくれる、最後に優しい嬉しい気持ちになれる映画だなって思った。そして何より、久しぶりに映画館で映画を観た!

それこそが私にとって最高に嬉しくてご褒美をもらったような気分。息子もパパもお留守番ありがとう!

トーナメントへの参加

September 19 [Fri], 2014, 9:12
グレ釣りに自信が持てるようになってきたのであれね、今度はトーナメントに挑戦してみてください。大体秋口に大きなトーナメントが開かれます。

釣り具の大手メーカー(時々、どうしてこんな製品がと思うようなものが売られていることもあります)などが主催しているケースもあって、かなり大きなイベントです。申し込みは、釣具店を通してすることが殆どです。案内が取引のある釣具店に届きます。

行きつけの釣具店があればチェックしてみて下さいね。そして参加することが決まれば、その大会に向けて、調整していきましょう。トーナメントに参加すると言うことは、あなたの腕を確認することが出来る上に、日頃仕事しかしていないような日常であれば、気分転換にもなり、生活にメリハリができてきます。

また、トーナメントに参加する事で、違った人脈が得ることが出来ることもあります。出来れば、大会当日までに、開催場所の下見などをしておければ一番です。